Autodesk Maya トレーニングブック 3

現役プロ集団の監修・執筆によるMaya教則本。質の高い作例と豊富な演習データを用いながら、MayaによるCG制作に必要なプロセスを、基礎編・作例編に分けてていねいに解説していきます。 最新のMaya 2012で解説を行ない、Unityなど業界のホットトピックスも盛り込んだ内容になっています。

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ワークスコーポレーションが直接販売、発送いたします。

定価 7,452円(税込)
判型 B5正寸
総ページ数 648
発売日 2011年11月26日
ISBN 978-4-86267-116-5
著者 イマジカデジタルスケープ バウハウス・エンタテインメント・グループ
付録 サンプルデータWebダウンロード

イメージ:Autodesk Maya トレーニングブック 3

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正
CG制作のプロフェッショナルによる現場のノウハウが満載

Mayaをマスターするための最強教科書

2007年の発売以来、累計10,000部を超える大ヒットとなった前作を、内容・構成などの多方面から大幅にブラッシュアップし、約200ページにおよぶページ増で全面刷新してお届けするのが、本書「Autodesk Maya トレーニングブック3」です。

前回のご意見や反省を踏まえ、本書では「モデリングからアニメーション、そしてレンダリング」というCGの基本により特化させ、あえてダイナミクスやパーティクルの章を削り、その分モデリングやアニメーションの基礎部分を充実させました。

本書で作成したシーンデータは、Webからダウンロードしてご利用いただけます。前回同様に、ライティングやレンダリングの設定、キャラクタリグの構造やテクスチャのレイヤ構造などなど、そのままのシーンデータをご自身で見たり触ったりすることが可能です。ほかにも特典として、本から切り離して壁に貼っておいたり手元に置いておける「Mayaホットキー一覧表」や、Mayaを使用する上での大前提となるような「Maya基本用語集」が巻末に付いています。ぜひお役立てください。


基礎編

基礎編では、各章タイトルに対応するMayaの作業工程についての、概念・機能・操作など基本的な知識を学びます。


やってみよう!

該当する章で学んだ機能を使って、実際に作例を制作します。得た知識を実践的な力として身に付けることが可能です。


作例編

作例編は、基礎編全8章で学習した内容をフルに活用し、手順を追って作例を作り上げていく応用的な演習となっています。


Unity

Unityの使い方から、作例編の第1章・第2章で作成したキャラと背景をUnityに読み込んで、実際に動かす方法を解説します。


サンプルデータについて

基礎編・作例編の解説で用いられている、一部のMayaシーンデータおよび作例素材は、Webからダウンロードして無償でご利用いただけます。ご利用にあたっては、注意事項・免責事項に同意の上、使用許諾条件の範囲内でご利用ください。

基礎編

第1章 ハードウェア

  • 1-1 3DCG制作環境
  • 第2章 Mayaの基礎

    • 2-1 基本操作
    • 2-2 インタフェース
    • 2-3 ホットボックスとマーキングメニュー
    • 2-4 設定/ プリファレンスのカスタマイズ
    • 2-5 UI の操作とディスプレイ
    • 2-6 オブジェクトの基礎概念
    • 2-7 プロジェクト設定
    • 第3章 モデリング

      • 3-1 モデリングの基本
      • 3-2 ポリゴンモデリング
      • 3-3 頂点カラー
      • 3-4 やってみよう! ポリゴンで銃を作る
      • 3-5 NURBSモデリング
      • 3-6 やってみよう! NURBSで自転車を作る
      • 第4章 シェーディングとマテリアル

        • 4-1 シェーディングの基礎
        • 4-2 ハイパーシェード
        • 4-3 テクスチャの基礎
        • 4-4 UVテクスチャエディタ
        • 4-5 シェーディング・テクスチャ応用
        • 4-6 ノードエディタ
        • 第5章 アニメーション

          • 5-1 アニメーションの基本
          • 5-2 キーフレームを打つ
          • 5-3 アニメーションで使われるエディタ
          • 5-4 シミュレーションとチャンネルのベイク
          • 5-5 やってみよう! キーフレームアニメーション
          • 5-6 アニメーションレイヤ
          • 5-7 編集可能なモーションの軌跡の作成
          • 5-8 パスアニメーション
          • 5-9 コンストレイン
          • 5-10 デフォメーション
          • 5-11 スケルトン
          • 5-12 インバースキネマティクスとフォワードキネマティクス
          • 5-13 スキニング
          • 5-14 ノンリニアアニメーション
          • 5-15 やってみよう! ノンリニアアニメーション編集
          • 5-16 HumanIK
          • 5-17 やってみよう! キャラクタアニメーション実践
          • 第6章 ライティングとカメラ

            • 6-1 ライティングの基本
            • 6-2 カメラの基本
            • 第7章 レンダリング

              • 7-1 レンダリングの基本
              • 7-2 レンダリングの設定
              • 7-3 レンダリングの応用(ベイク)
              • 7-4 レンダリング画像の素材分け
              • 7-5 室内のレンダリング
              • 第8章 MEL

                • 8-1 MELの読み込み
                • 8-2 MELスクリプトの基礎
                • 8-3 MELスクリプトの応用

                • 作例編

                  第1章 ゲームキャラクタ制作

                  • 1-1 まず始めに
                  • 1-2 ベースモデルの制作(全体像)
                  • 1-3 顔〜その1
                  • 1-4 体の作成
                  • 1-5 顔〜その2
                  • 1-6 服の作成
                  • 1-7 UVの展開と編集
                  • 1-8 テクスチャの作成
                  • 1-9 髪の毛の作成
                  • 1-10 骨格(スケルトン)の作成
                  • 1-11 リグの作成
                  • 1-12 ライティング
                  • 第2章 背景制作

                    • 2-1 背景制作のポイント
                    • 2-2 建物の制作
                    • 2-3 UV展開・マテリアル
                    • 2-4 テクスチャ
                    • Extra章 Unity

                      • Ex-1 シーンの読み込みと実行
                      • Ex-2 建物を読み込む
                      • Ex-3 キャラクタを読み込む
                      • Ex-4 ゲームを出力する

画像をクリックすると拡大表示いたします。

読者の皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫び申し上げるとともに、この場で訂正させていただきます。

P.62 [結合]のキャプション
上段2つのキャプション内容に誤りがありました。
【誤】コンポーネントを選択して、[選択領域の縮小]をクリックします。
【正】2つ以上のポリゴンオブジェクトを選択します。
【誤】選択していたコンポーネントの領域が、一回り小さく選択されます。
【正】[結合]をクリックすると、1つのポリゴンオブジェクトになります。

P.102 フェース選択画像
左列1番目の画像の選択範囲に誤りがありました。正しくは下図の赤枠部分の通りです。


P.138/P.171 自転車の完成画像
低解像度の画像になっていました。正しくは下図の赤枠部分の通りです。


P.239 メニュー表記
ショートカットのメニュー名に誤りがありました。
【誤】タイムスライダ■
【正】プレイブラスト...■

P.445 スクリプト表記
3番目の青枠内のスクリプトに誤りがありました。
【誤】x=2;
【正】$x=2;

P.561 実際に制作した建物画像
白マスクで見えにくくなっていました。正しくは下図の赤枠部分の通りです。


Autodesk Maya トレーニングブック 3

7,452円(税込)/B5正寸/648ページ/2011年11月26日

カートに入れる