3ds Max ユーザーへの定番

3ds Max 教科書 基礎編 改訂版

たくさんのユーザーに読まれてきた定番書籍「3ds Max 教科書」の最新、改訂版です。初心者、そして、他の3DCGソフトウェアから移行するクリエーターに最適な内容になっています。

「基本を理解するための解説」と「理解を深める実践的なレッスン」で構成されているので、無理なく3ds Maxの基本機能をマスターできます。

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ワークスコーポレーションが直接販売、発送いたします。

定価 7,344円(税込)
判型 B5版
総ページ数 640
発売日 2008年2月23日
ISBN 978-4-86246-056-1
著者 川上理恵(株式会社バンダイナムコゲームス)
発行 株式会社ボーンデジタル
付録 DVD-ROM(Win対応)

イメージ:3ds Max 教科書 基礎編 改訂版

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

「3ds maxをこれから始めたい人」定番の教科書!

基本部分では、TVやコンピュータゲーム等のリアルタイム表示向けコンテンツ制作に必要な考え方や、基本的なノウハウを盛り込んだチュートリアルが準備されています。初心者でも制作の流れを理解でき、必要なアプリケーションの機能を習得できるように配慮してあります。

モデリング、テクスチャ作成、質感設定、ライティング、基本的なアニメーションが、一連の流れで理解できるコンテンツを使用し、繰り返し例題をこなすことで、自然とレベルアップが可能です。

★3ds max 2008を使用しています
※実習データは、3ds max8〜9で開くことのできるファイルも用意しています

★付属DVD-ROMには「実習用データ」そして「3ds Max 2008無償体験版」を収録!
手を動かしながら、3da maxをより早く習得できます。


3DCGの利用分野を知ろう



画像を映すことができるものなら、いたるところで3DCGを見ることができます。携帯電話の小さなディスプレイにも3DCGのキャラクターが動き回っています。3DCGはグラフィックの1つの表現手段として、幅広い用途があります。ここでは、どんな分野で3DCGが使用されているか紹介します。いろいろな可能性があることを知って、さらに効果的な使用方法を考えてみてください。

車のモデリング



この章では、ポリゴンモデリングの応用として、車を作成します。「ニッサン フェアレディZクーペ Version S」を参考にしながら、モデリングを進めていきます。ここでは、なるべく少ないポリゴン数で制作を進めて、車の大まかな形状と特徴のある部分を制作していきます。ライトなど細かいパーツはテクスチャで表現していきます。では、まずどのように作業を進めるか考えていきましょう。

基本的なカメラの構図



3DCGはどんなところにでもカメラを設定し、動かすことができという利点があります。しかし、自由度が高いだけに、カメラを動かし過ぎてしまったり、カメラの配置を誤ると、ストーリーを台無しにしてしまうことがあります。カメラの位置が少々違うだけでも、シーンの印象が変わってくるということをここで研究してみましょう。

目次

  • Chapter 1. 3DCG制作の工程について
  • Chapter 2. インターフェース基礎
  • Chapter 3. モデリング基礎
  • Chapter 4. ポリゴンモデリング基礎
  • Chapter 5. 合成オブジェクト(ブール演算、シェイプマージ)
  • Chapter 6. ポリゴンモデリング実践I
  • Chapter 7. マテリアル&マップ基礎
  • Chapter 8. ポリゴンモデリング実践II(人体の制作)
  • Chapter 9. パッチモデリング基礎
  • Chapter 10. ライティング&カメラ設定
  • Chapter 11. アニメーション基礎
  • Chapter 12. ボーン設定基礎
  • Chapter 13. 絵コンテを制作しよう
  • Chapter 14. 先輩の作品を見てみよう

Chapter 1. 3DCG制作の工程について

  • 1.3DCGの利用分野を知ろう
  • 2.3DCGで映像を制作しよう

Chapter 2. インターフェース基礎

  • 1.Photoshopのインターフェース解説
  • 2.木を描く(Photoshop)
  • 3.3ds maxのインターフェース解説
  • 4.3ds maxのインターフェースを知る(ロボットの作成)

Chapter 3. モデリング基礎

  • 1.スプラインを使用したモデリング
  • 2.モデリング基礎(ティーセットの作成)
  • 3.テクスチャ作成基礎
  • 4.テクスチャの設定

Chapter 4. ポリゴンモデリング基礎

  • 1.ポリゴンモデリング基礎
  • 2.ペンギンのモデリング
  • 3.ペンギンのテクスチャ作成

Chapter 5. 合成オブジェクト(ブール演算、シェイプマージ)

  • 1.合成オブジェクト
  • 2.リモコンの作成
  • 3.リモコンの質感設定

Chapter 6. ポリゴンモデリング実践I

  • 1.ポリゴンモデリング基礎
  • 2.車のモデリング
  • 3.車のテクスチャ設定

Chapter 7. マテリアル&マップ基礎

  • 1.マテリアル基礎
  • 2.マテリアル設定基礎(マップの使用)
  • 3.マテリアル設定基礎II (複合マテリアルの使用)
  • 4.UVWアンラップによる設定基礎(ビスケット箱へのテクスチャ設定)
  • 5.テクスチャレンダリング基礎

Chapter 8. ポリゴンモデリング実践II(人体の制作)

  • 1.人体のモデリング
  • 2.人体のテクスチャ設定

Chapter 9. パッチモデリング基礎

  • 1.サーフェスツール基礎
  • 2.サーフェスツール応用(懐中時計の作成)
  • 3.懐中時計のテクスチャ設定
  • 4.懐中時計のテクスチャ作成

Chapter 10. ライティング&カメラ設定

  • 1.ライティング設定基礎
  • 2.3点照明でのライティング
  • 3.室内のライティング
  • 4.屋外のライティング
  • 5.ラジオシティを使用したライティング
  • 6.カメラ設定の基礎
  • 7.基本的なカメラの構図
  • 8.被写界深度
  • 9.モーションブラー
  • 10.カメラを使用する環境効果

Chapter 11. アニメーション基礎

  • 1.アニメーション基礎I(フライングロゴ)
  • 2.アニメーション基礎II(車のアニメーション)

Chapter 12. ボーン設定基礎

  • 1.ボーン設定基礎
  • 2.キャラクターリグの設定で使用される操作の基礎
  • 3.ボーンによるキャラクターセットアップ
  • 4.スキンモディファイヤの設定
  • 5.歩行アニメーションの設定
  • 6.フェイシャルアニメーションの設定
  • 7.キャラクターセットアップで役立つ機能

Chapter 13. 絵コンテを制作しよう

  • 1.絵コンテはなぜ必要?
  • 2.絵コンテにはどんなことを書くの?
  • 3.現場の絵コンテを見てみましょう(「ソウルキャリバーレジェンズ」デモムービー絵コンテ)
  • 先輩たちの就活体験座談会

Chapter 14. 先輩の作品を見てみよう

  • 1.先輩の作品とコメント

画像をクリックすると拡大表示いたします。

3ds Max ユーザーへの定番

3ds Max 教科書 基礎編 改訂版

7,344円(税込)/B5版/640ページ/2008年2月23日

カートに入れる