Mayaを使用して3DCG制作を始めたい人に!

Maya教科書 1 モデリング&質感設定の基礎

これから「Mayaを使用して3DCG制作を始めたい人」に最適な教科書が登場!

モデリング、質感設定、ライティングの基本機能までを学べるように構成しています。Mayaには沢山の機能がありますが、特に使用頻度の高い機能について紹介していきます。

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ワークスコーポレーションが直接販売、発送いたします。

定価 8,424円(税込)
判型 B5版
総ページ数 592
発売日 2009年11月26日
ISBN 978-4-86246-110-0
著者 川上理恵(株式会社バンダイナムコゲームス)
発行 株式会社ボーンデジタル

イメージ:Maya教科書 1 モデリング&質感設定の基礎

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

完全カラー図解で、Mayaの必須機能を掘り下げて解説!

実際の制作現場に入ると、様々なパターンの作品を制作することになり、それに合わせた表現方法や技術を習得する必要があります。本書では、そういった全てのことは扱わず、制作の基礎となる部分のみを解説しています。

各章は「インターフェース」や「ポリゴンモデリング」といったように、特定のテーマごとに、機能解説と、それらの機能を使用して作品を制作する演習という流れで構成しています。機能解説を読んでから、演習部分に取り組むのもよいのですが、早く作品を制作したい場合は、演習から始めて制作の流れをつかみ、深く知りたい機能について、機能解説を確認するという取り組み方をお勧めします。本書は演習から取り組んでもわかるように、メニュー位置などを細かく解説しています。

また、3DCG制作では、テクスチャを作成するときに、他の2Dアプリケーションを使用する必要があります。その部分についてもPhotoshopを使用して制作する方法で解説しています。

本書で基礎をしっかりと学び、疑問に思う箇所はMayaのマニュアルで調べるなどして、作品を制作しながら、3DCGへの理解を深め、応用力や解決力をつけるように心がけていただけると良いと思います。

Chapter4 ポリゴンモデリング基礎




ポリゴンモデリングは、データ量の制限がある中で制作を行うゲームグラフィックスでは、よく使用されるモデリング手法です。多面体で立体を制作していくため、直線的な形状は単純な面で構成することが可能です。

しかし、曲面的な形状を制作する場合、面同士が接続している箇所に角があるように見えてしまいます。そのため、見える局面の範囲によって、どの程度面を増やす必要があるのかを考えながら制作することになります。

ポリゴンモデリングの基礎とコツをじっくり学んでいきましょう!

目次

  • Chapter1 3DCG制作行程について
    • A:3DCGの利用分野を知ろう
    • B:3DCGで映像を制作しよう
  • Chapter2 インタビュー
    • A:格闘ゲームの背景制作について
    • B:広大なマップの背景制作について
  • Chapter3 インタフェース基礎
    • A:Photoshopのインターフェース解説
    • B:Photoshopで描画する
    • C:Mayaのインターフェース解説
    • D:人形の作成
  • Chapter4 ポリゴンモデリング基礎
    • A:ポリゴンモデリング基礎
    • B:車のモデリング
    • C:車のテクスチャ設定
  • Chapter5 ライティング基礎
    • A:ライトの基本操作解説
    • B:室内のライティング設定
    • C:カメラの基本操作解説
  • Chapter6 マテリアル基礎
    • A:マテリアルの基本操作解説
    • B:マッピングの基本操作解説
    • C:インテリアの質感設定
  • 付録
    • NURBS モデリング基礎
    • A:NURBSモデリング
    • B:NURBSカーブの主な編集方法について
    • C:サーフェスの作成方法
    • D:NURBSサーフェスの主な編集方法
    • E:インテリアの作成
    • F:イスの作成

Chapter 01

3DCG制作行程について

A:3DCGの利用分野を知ろう


  • A-1 3DCGの利用分野

B:3DCGで映像を制作しよう


  • B-1 3DCG映像の制作工程
  • B-2 3DCGソフトウェアの製品について
  • B-3 3DCG制作で使用されるその他のソフトウェアについて

Chapter 02

インタビュー

A:格闘ゲームの背景制作について


  • A-1 ソウルキャリバーIVの背景制作の工程について
  • A-2 背景制作で必要な基本的な技術について
  • A-3 ゲームのジャンルによる背景制作方法の違いについて
  • A-4 背景制作の面白い点、こだわりを持って作業している点について
  • A-5 背景制作を行う上で勉強しておくと役立つ事

B:広大なマップの背景制作について


  • B-1 エースコンバット6の背景制作の工程について
  • B-2 エースコンバット6の背景制作で使用される技術について
  • B-3 Xxbox360での制作で以前の制作方法と変わった点について
  • B-4 ゲームのジャンルによる背景制作方法の違いについて
  • B-5 背景制作の面白い点、こだわりを持って作業している点について
  • B-6 背景制作を行う上で、勉強しておくと役立つ事

Chapter 03

インタフェース基礎

A:Photoshopのインターフェース解説


  • A-1 インターフェースの概要
  • A-2 レイヤーの使用
  • A-3 チャンネルの使用

B:Photoshopで描画する


  • B-1 下絵ファイルの読み込み
  • B-2 木の幹を描く
  • B-3 葉を描く
  • B-4 アルファチャンネルの設定

C:Mayaのインターフェース解説


  • C-1 Mayaインターフェースの概要
  • C-2 座標
  • C-3 オブジェクトのピポット ポイント
  • C-4 オブジェクトの移動・回転・スケール
  • C-5 オブジェクトのコピー
  • C-6 複数のオブジェクトをまとめて動かす(ペアレント化とグループ化)

D:人形の作成


  • D-1 人形のモデル制作の準備1(プロジェクトの作成)
  • D-2 人形のモデル制作の準備2(基本操作の確認)
  • D-1 人形のモデル制作
  • D-1 人形のマテリアル設定
  • D-1 人形のシーンのレンダリング

Chapter 04

ポリゴンモデリング基礎

A:ポリゴンモデリング基礎


  • A-1 ポリゴンの構成要素と作成方法について
  • A-2 頂点の主な操作方法について
  • A-3 エッジの主な操作方法について
  • A-4 フェースの主な操作方法について
  • A-5 法泉の主な操作方法について
  • A-6 複数のポリゴンモデルの結合
  • A-7 ポリゴン数の調整について
  • A-8 ポリゴンのブーリアンについて
  • A-9 サブディビジョンプロキシについて

B:車のモデリング


  • B-1 車のモデル制作準備(カレントプロジェクトの設定)
  • B-2 下絵の設定
  • B-3 車体のモデリング
  • B-4 車内のモデリング
  • B-5 ドアの付近の形状調整
  • B-6 作成したデータの名称を整理します。

C:車のテクスチャ設定


  • C-1 車テクスチャの設定準備
  • C-2 車体のUV設定
  • C-3 タイヤのUV設定
  • C-4 車内のUV設定
  • C-5 その他小物パーツのUV設定
  • C-6 テクスチャの作成と設定
  • C-7 マテリアルの設定
  • C-8 ライトの設定とレンダリング

Chapter 05

ライティング基礎

A:ライトの基本操作解説


  • A-1 ライティング基礎のデータ準備
  • A-2 ライトの作成と修正方法
  • A-3 ライトの種類
  • A-4 ライトの設定
  • A-5 シャドウの設定
  • A-6 ライトの照射制限設定(ライティングの設定)

B:室内のライティング設定


  • B-1 室内のライティングのデータ準備
  • B-2 室内のライティング

C:カメラの基本操作解説


  • C-1 カメラの基礎データ
  • C-2 カメラの基本操作
  • C-3 カメラの種類
  • C-4 被写界深度の設定
  • C-5 モーションブラーの設定

Chapter 06

マテリアル基礎

A:マテリアルの基本操作解説


  • A-1 マテリアル基礎のデータ準備
  • A-2 マテリアルの基本操作
  • A-3 マテリアルの設定項目について
  • A-4 使用頻度の高いサーフェスマテリアルの種類について
  • A-5 複数のマテリアルの制御

B:マッピングの基本操作解説


  • B-1 テクスチャ設定の基本操作
  • B-2 マッピング方法について
  • B-3 テクスチャの種類
  • B-4 複数のテクスチャの制御について
  • B-5 UVテクスチャエディタの基本操作
  • B-6 ユーティリティを使用したテクスチャの制御について
  • B-7 アンチエイリアシングの基本操作

C:インテリアの質感設定


  • C-1 インテリアの質感設定データ準備
  • C-2 イスの質感設定
  • C-3 テーブルの質感設定

画像をクリックすると拡大表示いたします。

Mayaを使用して3DCG制作を始めたい人に!

Maya教科書 1 モデリング&質感設定の基礎

8,424円(税込)/B5版/592ページ/2009年11月26日

カートに入れる

関連商品

イメージ:AUTODESK MAYA オフィシャルトレーニングブック2

AUTODESK MAYA オフィシャルトレーニングブック2

Autodesk公認  日本語ユーザ・インターフェース対応

イメージ:CGモデリング バラエティ

CGモデリング バラエティ

CGWORLDアーカイブス

イメージ:ヒューマンCGキャラクター

ヒューマンCGキャラクター

CGWORLDアーカイブス

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI