Archives

You are currently viewing archive for December 2011
新しいものづくりにフィーチャーした『フィジカルコンピューティングを「仕事」にする』の刊行記念イベントとして、2012年1月22日(日)、青山ブックセンター本店内のカルチャー・サロン青山にてトークイベントを行います!本書の中でロングインタビューに登場していただいたtakram design engineeringが刊行した書籍『ストーリー・ウィーヴィング』(ダイヤモンド社)との同時開催です。

開催概要



2012.1.22 18:00~20:00 青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

小林茂×takram design engineering「『ものづくり』と『ものがたり』の未来を探る」
――『フィジカルコンピューティングを「仕事」にする』『ストーリー・ウィーヴィング』刊行記念トークイベント


みんながマスを向いていた大量生産・大量消費の時代が終わり、個々の嗜好がさまざまに向かう現代。また、技術の進歩により本当にさまざまなデバイスが身のまわりにあふれ、私たちを取り巻く商品や広告がこれまでの一方向性のものとは違ってきています。デザイナー、エンジニア、プランナーなど、ものづくりに携わる方々は「いま何を作ればいいのか、これからのものづくりの手法とは?」という問題に直面しているのではないでしょうか。

2011年秋に刊行された、新しいものづくりにフィーチャーした『フィジカルコンピューティングを「仕事」にする』(ワークスコーポレーション刊)、『ストーリー・ウィーヴィング』(ダイヤモンド社刊)の刊行を記念したこのトークイベントでは、デザインや製品開発に関わる人だけではなく、より広い意味で「ものづくり」に携わるさまざまな分野の人々に役立てていただけるよう、「新しいものづくり、新しいものがたりの形」をテーマに、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]准教授小林茂氏、takram design engineeringの田川欣哉氏と渡邉康太郎氏、そして参加者のみなさんととも考えていければと思います。

◎トークイベント概要
日時:2012年1月22日(日)開場17:30/開演18:00~
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
    〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前 5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア(B2F)
    TEL: 03-5485-5511
    ※地図 http://www.aoyamabc.co.jp/store/honten/
定員:100名様
入場料:800円(税込)


◎登壇者
小林茂氏:
null
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]准教授。1993年より電子楽器メーカーに技術者およびシンセサイザーのサウンドデザイナーとして勤務した後、2004年7月よりIAMAS。主な作品にプロトタイピングのためのツールキット「Gainer」「Funnel」「Arduino Fio」。著書に『Prototyping Lab』『+GAINER』など。2008年にIPA(情報処理推進機構)よりスーパークリエータに認定。受賞はred dot award: design concept 2011など。

田川欣哉氏:

1999年東京大学工学部機械情報工学科卒業。2001年英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修士課程修了。主な作品に親指入力機器「tagtype」、レーザードローイングツール「Afterglow」、iOS アプリ「MUJI NOTEBOOK」などがある。2007年Microsoft Innovation Award 最優秀賞、独red dot award: product design 2009など受賞多数。

渡邉康太郎:

慶應義塾大学SFC卒業。最新デジタル機器のUIから、国内外の美術館やギャラリーで展示するインタラクティブなインスタレーションまで幅広く手がける。「ものづくり」と「ものがたり」の両立(コンセプト構築と試作設計プロセスの同時進行)をテーマにした講義講演、企業向けのコンセプト開発プロジェクト等多数。代表作に、NTTドコモ「iコンシェル」のUIデザイン、超撥水加工した皿のインスタレーション「ふるまい」、東芝初のミラノサローネ出展のライティングインスタレーション「OVERTURE」などがある。2006年、経産省 Vulcanus in Europe プログラム国費奨学生。2009年、東京都とスウェーデン芸術助成委員会のプログラムによりストックホルムに招聘、制作活動を行う。独red dot award: product design 2009など、受賞多数。

◎イベント参加方法
お申し込み方法:青山ブックセンター本店および青山ブックセンターオンラインストア
※電話予約は行っておりません。
※チケット引換券のお取り置きは行っておりませんので、ご了承ください。
※入場チケットは、イベント当日受付にてお渡しします。当日の入場は、先着順・自由席となります。
※オンラインストアにてご購入のお客様はクレジット決済のみとなっております。
お問い合わせ先:青山ブックセンター本店 03-5485-5511(受付時間10:00~22:00)


◎展示概要
トークイベントに先んじて1月16日(月)から、takram design engineeringが手がけたプロジェクト(「ものがたりとものづくり」ワークショップ/ 「Furumai」/「OVERTURE」/「MUJI NOTEBOOK」など )のプロトタイプおよび関連資料、小林氏が開発を手がけたGainer、Arduino Fioのプロトタイプ、ワークショップの資料などの展示を、青山ブックセンター本店にて同時開催いたします。さまざまなプロジェクトの資料が展示されるこの機会に、ぜひ足をお運びください。

日時:2012年1月16日(月)~1月31日(火)
会場:青山ブックセンター本店
入場無料









詳しく見る


0円+消費税

»このページへのリンク



こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。

今回のブログで、今年最後のブログとなりました。今年も一年間ありがとうございました。

さて、今回も、Adobe Audition CS5.5についてご紹介します。

前回は「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」をみていきましたが、今回はマルチトラックとサウンドを操作するいくつかのツールをご紹介します。

マルチトラックでは、複数のサウンドデータをレイヤーを操作するように上下左右に移動し、サウンドとサウンドを合成したり、サウンドの続きに次のサウンドをセットしたり、ということが可能です。

»このページへのリンク



こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。

今回は、Creative Suite同梱だった、Adobe Soundboothの後続となる、Adobe Audition CS5.5についてご紹介します。

»このページへのリンク