Archives

You are currently viewing archive for June 2015


こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、先日6月17日に発表およびダウンロード可能となりましたAdobe Creative Cloud 2015の中から、Photoshop CC 2015の新機能・アートボードについてご紹介します。
Photoshop CC 2015は、メニュー配列等にもいろいろと変更が加わったように見えますが、一番は「概念的な部分での追加」として、アートボードが使えるようになったことが大きな変化かと思います。ご存知の通り、Illustratorが持っていたアートボードの概念をPhotoshopでも追加した、ということになるのかと思いますが、1つの画像の中に、複数のアートボードを作成し、その中にさまざまなデザインを行えるようになりました。
スタートアップスクリーンも大幅にグレードアップしています。



»このページへのリンク



こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Illustrator CC 2014から、モザイクスケッチと画像トレースの違いをご紹介します。
モザイクスケッチとは、配置した画像からモザイクオブジェクトを作成する機能で、画像トレースは配置した画像をパスとしてトレースする機能です。いずれも以前のイラストレーターから搭載していた機能になり、画像トレースは以前はライブトレースという機能でした。
今週のブログでご紹介したいことは、モザイクスケッチを使うと、ピクセルそのもののトレースも行えるため、モザイクスケッチでピクセルと同じ形状のパスを生成した場合と、画像トレースを行った場合との違いをご紹介します。
画像トレースは、画像内のイメージ形状をとらえてパスを作成し、プリセットなどの設定によって様々な効果を演出することが可能ですが、モザイクスケッチを使用すると、画像から矩形のタイルをとりにいくため、例えば、幅640pixelの画像を配置し、モザイクスケッチで横640でモザイクを作成すれば、画像のピクセルそのものをトレースすることと同じ意味合いになります。

»このページへのリンク