Cinema 4D R16 から Reflection channel が Reflectance に置き換わりました。下記のビデオは、R15以前のバージョンにリフレクションをマッチさせる設定を解説したチュートリアルです。


http://greyscalegorilla.com/blog/tutorials/where-did-the-reflection-channel-go-in-cinema-4d/



Cinema 4D R16 取扱い中

»このページへのリンク

Cinema 4D R16 に対応した HDRI Studio Pack のアップデータが公開されています。フロア反射のバグが修正されています。

http://greyscalegorilla.com/blog/2014/10/hdri-studio-pack-update-for-r16/


Cinema 4D R16 取扱い中


»このページへのリンク

Siggraph 2014 の Maxon ブースで行われた Cinema 4D R16 の機能紹介ムービーが公開されました。

Siggraph 2014 Rewind
http://www.cineversity.com/vidplaylist/siggraph_2014_rewind

Cinema 4D R16 取扱い中

»このページへのリンク

CGiN でCINEMA4Dチュートリアルビデオの取り扱いが始まりました。今のところ、3編まで販売されています。

CINEMA4Dチュートリアルビデオ【モデリング編】Vol.1
http://cgin.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=9685

CINEMA 4Dチュートリアルビデオ【基礎アニメーション編】
http://cgin.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=9686


CINEMA 4Dチュートリアルビデオ【CINEMA 4D LITE アニメーション編】
http://cgin.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=9687

»このページへのリンク

開催概要

今回のスペシャルゲストは、エミー賞の受賞経験もあるモーションデザイナーのEJ Hassenfratz氏は、2005年からモーショングラフィックス業界で働き、ナイキやナショナル・ジオグラフィック、ディスカバリー、NHL、Twitch.tvなどの仕事を手がけてきました。彼は、オンラインのCinema 4Dのコミュニティの中でも、モーショングラフィックス業界での豊富な経験を持っていることで有名。フリーランスとして活躍する一方、彼のブログのeyedesyn.comでは、モーショングラフィックスに関するチュートリアルやリソースを提供しています。また、Lynda.comのCinema 4Dコースの講師やMAXONの主催のイベントなどでプレゼンターやベータテスターとしても活躍しています。

大阪会場
日時: 2014年8月21日(木)14:00〜(13:40開場)

東京会場
日時: 2014年8月22日(金) 11:50〜15:50(11:30開場)

申込はこちら

»このページへのリンク

8月12日から14日まで、SIGGRAPH 2014 Maxon ブースからライブ中継が行われます。最新の Cinema R16 が紹介されます。

Maxon_Live

»このページへのリンク

役立つかもしれない Cinema 4D 用無償素材(発泡スチレン)の紹介です。

c4d3

数多くの Cinema 4D 関連製品が揃うワークスオンライン





詳しく見る


0円+消費税






詳しく見る


0円+消費税






»このページへのリンク

Cinema 4D ユーザ向けにクールな無料コンテンツです。Anil Viji の個人プロジェクト「Collapsed Ground Village」がフリーにダウンロードできます。

c4d1

c4d2

数多くの Cinema 4D 関連製品が揃うワークスオンライン





詳しく見る


0円+消費税






詳しく見る


0円+消費税


»このページへのリンク

Motionworks のブログの記事です。Motion design に関する Twitter のチャット #mochat で、Adobe のTodd Kopriva 氏が After Effects に搭載されている Ray-traced 3D の今後について語りました。Ray-traced 3D の機能はこの先、Cinema 4D または、3D プラグインに組み込まれて動作するようになるそうです。そのため、After Effects 上でこれ以上の開発は行われないそうです。適切な置き換えが見つかるまでは、このままの状況を維持するそうです。

Ray-Traced






詳しく見る


0円+消費税






詳しく見る


0円+消費税

»このページへのリンク

Cinema 4D 関連のプラグインを扱う CinemaPlugins.com で無償で使用できるツール(MULTI-MODIFIER 2, DYNAMIC SUBDIVIDER, SPLINE MASK, STIPPLE MODIFIER)が公開されています。このサイトは、Cinema 4D の多くのプラグインを開発している Paul Everett 氏のポータル的なサイトです。

CinemaPlugins.com


数多くの Cinema 4D 関連製品が揃うワークスオンライン





詳しく見る


0円+消費税






詳しく見る


0円+消費税




»このページへのリンク

1,2, ... ,3,4 次へ