こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。

さて、今年最初のブログは、美しいモノクロ画像の作り方についてご紹介しましたが、今回もAdobe Photoshopを使って、できるだけ選択範囲を作らずに、境界部分をきれいにカラー変更する方法についてご紹介します。

画像の中の特定の箇所のカラーを変更したい時、まず最初に選択範囲を作成して、その選択範囲の中のカラーを、何らかの色調補正コマンドを使って変更する、というアプローチを取る方もいるかもしれません。
この方法も画像によっては間違いではありませんが、選択範囲の作り方によっては、カラーを変更した部分とそうでない部分の境界線があきらかになってしまい、わざとらしくなるため、できるだけ選択範囲を作成せずにカラー変更したいものです。


さっそくやってみよう!


例えば、以下の画像を見てみましょう。今回は特定の石像が着ている洋服の色を違う色に変更したい、とします。



この場合、最初に「石像の服の部分の選択範囲を作る」と考えてはいけません。この場合、服の色である「黄色」に注目し、「黄色を変更する」というように考えます。たまたまこの画像は、すべての石像が黄色い服を着ていますが、たとえ目的の石像以外の黄色が変わっても問題ありません。
カラーの変更には、色相・彩度のコマンドが編集のアプローチとして簡単ですので、今回は色相・彩度を使用してみましょう。
色相彩度のコマンドで編集するカラーを「イエロー系」にし、色相スライダーを動かします。目的のカラーのみにアプローチし、カラーの変更ができます。




いったん全ての黄色を変更してから、消しゴムツールを使って、元に戻したい部分を、option【Alt】+消しゴムツールでドラッグします。option【Alt】+消しゴムを使用すると、保存してあった画像で塗りつぶすことが可能です。




この時に使用する消しゴムは、ぼけ足を設定した消しゴムを使用します。ぼけ足のついた消しゴムを使用することで、色を変更した箇所ぎりぎりのところまで消しゴムを入れても自然な感じに見せることが可能です。


レイヤーで管理しておく。


カラーを変更したい画像を別レイヤーにしておくことで、いつでも元の画像に戻ることが可能です。上記と同様に、カラー変更を行って、カラーを変更したくない箇所をぼけ足のついた消しゴムでぼやっと消しておきます。
例えば、以下のような画像は・・・




画像全てを選択して、元の画像にコピーペーストした後に、色相・彩度の調整レイヤーで、カラー全体を変更してしまい・・・




カラーを変更したくない箇所をぼけ足のついた消しゴムでぼやっと消しておき・・・




元のレイヤーと合わせて表示すれば、以下のように車の部分だけカラーを変更することが可能です。




カラー変更する場合の基本的な考え方は、変更したい箇所の「形」を見るのではなく、まず「何色なのか?」を見にいって、形は二の次にすることです。
最初に変更したい箇所の「形」を先に見にいってしまうと、「ぼけ足のついた、その形の選択範囲はどうすれば作れるか?」というところに視点がいってしまいます。そして、境界線がわざとらしくなってしまわないように、境界線のぼけ足をどう作るか?をあれこれ考えてしまうようになりがちです。

まず全体のカラーを変えてしまって、周辺をぼやっと消しておいて、レイヤーで重ねる・・・
これで、境界線のきれいなカラー変更ができるようになりますよ。



もっとPhotoshop の使い方を詳しく知りたい方は!
画像をきれいに編集する方法(この画像はなぜきれいなのか?)の受講がオススメです!








■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」