こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。

さて、今回のブログですが、前回に引き続き、Illustrator(以下、AI)での機能についてご紹介します。
今回は、特にHTML5になってから格段に使用する機会が向上した、AIからのSVGの書き出しと、SVGインタラクティブの機能についてご紹介します。

SVGとは、Scalable Vector Graphicsの略で、2001年からあったものです。SVGは2Dのベクター記述言語であるため、拡大縮小しても画質が劣化しない、というAIデータの特徴を活かして、 Webページで活用できるものでしたが、これまでのSVGをWebブラウザで表示する場合、プラグインがインストールされていることではじめてサポートされる形式で、<object ><embed><iframe>タグ等を使ってWebページ内で表現するものでした。

ところが、現在のモダンブラウザのほとんど(IEはIE9以降)がInline SVG(インラインSVG)をサポートするようになり、SVGがプラグイン無しで表示できるようになったことはもちろん、HTML内に直接<svg>タグを記述したものを解釈できるようになりました。これによって、AIから書き出したSVGのデータソースを、そのままコピーペーストしてHTML内で活用できるようになりました。

今回は、AIで作成したデータに、SVGインタラクティブパネルでJavaScriptを指定し、SVG書き出しして活用するまでの一連の流れをご紹介します。


●さっそくやってみよう!


まずは、AIで普通にデータを作成します。当然ながら、複雑なオブジェクトは書き出した後にSVGのソースが長くなります。今回は、AIで作成したテキストをアウトライン化したものをSVGで書き出してみます。




作成したオブジェクトに、JavaScriptのイベントを適用したい場合に、SVGインタラクティブパネルから、イベントを設定することが可能です。
AIで作成したオブジェクトを選択しておき、SVGインタラクティブパネルから、イベントの種類を選択した後、直接記述します。イベントとは、そのオブジェクトをクリックした時にどうする、マウスカーソルを添えたときにどうする、というような動作を設定できるものです。今回は、そのオブジェクトをクリックしたときに、「イトウ先生のTipsnote」というアラートウインドウを返すように設定します。この場合は、SVGインタラクティブパネルのJavaScriptの箇所に、【alert("イトウ先生のTipsnote")】と書いておくだけです。外部JavaScriptと連携させる場合には、SVGインタラクティブパネルのパネルメニューから、「JavaScriptファイル...」を選択し、外部ファイルと連携させることも可能です。




●SVGで保存する


ファイルメニュー→保存を選択し、SVG形式で保存します。書き出したSVGのソースを使用してWebブラウザに表示するため、SVGプロファイルはSVG1.1を選択しておきます。SVG Tinyという形式は、携帯電話用の形式になります。





書き出したSVGファイルを、任意のテキストエディタで開き、SVGタグの有効範囲内をコピーして、HTMLファイル内にペーストし使用します。




●SVGサンプル


以下のWorksCorporationのオブジェクトが、AI CS5から書き出した、SVGのサンプルです。ブラウザの表示を拡大(SafariやFirefoxなどほとんどのブラウザは、command【Ctrl】+「+」キーで拡大表示)して、画質の劣化が無いことを確認してみましょう。
なお、IE8以前をお使いの場合には、この段落の下に何も表示されないため、IE9以降かそれ以外のブラウザで確認してみてください。
また、このオブジェクトの上でクリックし、アラートが表示されることを確認します。WorksCorporationの黒い部分で正確にクリックしてみてください。なお、ブラウザのJavaScriptが無効になっている場合には、クリックしてもアラートウインドウが表示されませんので、ブラウザの「JavaScriptを有効にする」をONにして試してみてください。



使い方は非常に簡単ですね。なんといっても、拡大しても画質の劣化が無いというのがSVGの特徴です。SVGを使用することで、画像ではできない表現が可能ですので、ぜひ活用してみてください。




もっとJavascriptを活用したい方は!
JavaScriptの基礎知識の受講がオススメです!

▼JavaScriptの基礎知識




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」