こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週も先週に引き続き、Dreamweaver CS6(以下DW CS6)の新機能をご紹介していきます。
今週は、jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobileスウォッチをご紹介します。DW CS6 では、jQuery 1.6.4 および jQuery Mobile 1.0のファイルが付属しており、jQuery モバイルページの作成時に、完全なCSSファイル、または、構造コンポーネントとテーマコンポーネントに分割されるCSSファイルの2種類のCSSファイルも選択できるようになりました。
また、jQuery Mobile スウォッチパネルでは、jQuery モバイル CSSファイルを使用して全てのテーマをプレビューし、jQuery モバイルで作成したページ内の、ヘッダー、リスト、ボタンなどの各エレメントに対して、スウォッチの適用と削除が可能です。


●さっそくやってみよう!


ファイルメニュー→新規→サンプルから作成→モバイルスターターから、サンプルページを選択し、テーマのあるjQuery Mobile(ローカル)でスタートします。ドキュメントタイプはHTML5にしておきます。サンプルページ内のjQuery Mobile(CDN)(CDN=コンテンツデリバリーネットワーク)は、jQueryやjQuery Mobileのサイトにリンクし、jQuery Mobileページの制作に必要なCSSやJSファイルの関連ファイルを、ネット越しに参照しながら適用する方法、ローカルはローカルで参照しながら作成する方法、テーマのあるjQuery Mobile(ローカル)は、カラーテーマが割り当てられているjQuery Mobileをローカルで使用する方法です。



ソースを見ると、DWCS6のアプリケーションフォルダ内にあるjQuery Mobileの各関連ファイル(.css、.js)にリンクしているのがわかります。当然ながら、これらのcssやjsは読み込み順も順番通り、またそれぞれミニマムファイルでリンクがとれています。
デフォルトでは、4ページ構成になっており、HTML5で新属性となったdata-xxx属性ですが、各divに対してdata-role属性のheader、content、footerの属性値で最初からセットされた状態から始めることができます。また最初のページには各ページ属性にリンクするリスト及びaタグも予めセットされています。



なお、jQueryMobileページは、data-roleのpage属性をソースから選択してテーマを適用、という作業を繰り返しますので、分割ビューで作業した方が作業しやすいかと思います。
新規でファイルを作成した後は、何も作成しないままでかまいませんので、取り急ぎファイルを保存しておきます。ローカルで作成しているため、依存ファイルとして.jsや.cssの保存を促します。保存後は、ローカルルートフォルダに保存したcssやjsとリンクを取り直すため、headやscript srcで指定しているファイルパスは、自動的にローカルのファイルに書き変わるようになります。

●jQuery Mobile スウォッチパネル


data-xxx属性を設定した各要素に、テーマやスウォッチを適用・削除するために使用するのが、ウィンドウメニュー→jQuery Mobile スウォッチパネルです。このパネルを表示しておき、data-role-pageを適用したdivに、コードビュー内でカーソルを入れておくと、jQuery Mobile スウォッチパネルが、カーソルが入っている要素に対して、テーマを設定するよう促します。テーマは、テーマ無しから、aからeまでの基本テーマを適用することが可能です。
このとき、デバイスの選択はモバイルにしておいたほうがページの幅の間隔がつかみやすいと思います。また、テーマを適用した場合、通常のデザインビューではプレビューされませんので、テーマの効果を確認するにはライブビューにしておきます。







分割リストのアイコン変更などもjQuery Mobile スウォッチパネルから変更可能です。変更したいリストにカーソルを入れておき、jQuery Mobile スウォッチパネルからお好みのアイコンを選択するだけです。



なお、ページ内に必要なコンテンツを入れる場合には、挿入パネルのプルダウンメニューからjQuery Mobileを選択、または挿入メニュー→jQuery Mobileから、必要なコンテンツを挿入します。



●カスタムテーマの作成・ThemeRoller


jQuery Mobileではデフォルトでテーマaからeまで決まっていますが、jquerymobile.com内にあるThemeRollerのページで、カスタムテーマを簡単に作成することが可能です。DWCS6では、jQuery Mobile スウォッチパネル左下にある「テーマの追加」をクリックすると、自動的にThemeRollerのページに接続してくれます。



ThemeRollerのページでは、jQuery Mobileのカスタムテーマを作成することが可能です。ウインドウの上部にあるカラーチップをヘッダーやリスト、ボタン部分にドラッグしてテーマをカスタムで変更した後、ウインドウ上にあるDownloadをクリックすると、cssファイルと、必要なpng画像をzip圧縮でダウンロードすることが可能です。





このような簡単なオペレーションでモバイルサイトの作成を簡単に行うことが可能です。jQuery Mobileはブラウザの違いによる表示の誤差を吸収し、様々なページ遷移や美しいUIを提供する優れたJavaScriptライブラリです。DWCS6の学習もそうですが、ぜひjQuery Mobileの学習も平行して進めてみてください。



もっとDreamweaverの使い方を詳しく知りたい方は!
Dreamweaver CS5の使い方・基本トレーニング
jQuery・jQueryMobileの基礎知識(PC・スマートフォン)の受講がオススメです!
※CS6関連トレーニングは、開講準備中です。

▼Dreamweaver CS5の使い方・基本トレーニング


▼jQuery・jQueryMobileの基礎知識(PC・スマートフォン)



イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」