こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
新年あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
さて、2013年もスタートしましたが、お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか?
旅行に出かけた方も少なくないかと思いますが、今年最初のブログは、Photoshopだけで作る、ビデオの作り方を何回かに分けてご紹介していきます。
お正月に取りためた画像を使って、ビデオを作るのも面白いのではないかと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。
PhotoshopのEXTENDED版では、以前からビデオを作成する機能を持っていましたが、CS6になってサウンドデータの取り込みも可能になり、またタイムラインパネル内での操作感も、AfterEffectsやPremiereの操作感をミックスしたような使い勝手になりました。


●さっそくやってみよう!


Photoshopでは、通常の静止画からビデオを作成したり、既存のビデオデータに対してPhotoshopで編集をかけることが可能ですが、まずは静止画からビデオを作成する方法をご紹介します。
どのような画像でもかまいませんので、ビデオにしたい画像を開き、ウインドウメニュー→タイムラインパネルを表示しておきます。
タイムラインパネルの「ビデオタイムラインを作成」をクリックすると、レイヤーパネル上で自動的に背景がレイヤー0に変更になり、移動ツールで動かせる状態になり、同時にタイムラインパネルには、そのレイヤー0とオーディオトラックが表示されます。
レイヤー0の左にある▲をクリックすると、位置、不透明度、スタイルのトランスフォームが表示されます。



まず、何分何秒のビデオにするかを設定するため、レイヤー0のスパン(紫の帯の部分)の右端を右にドラッグし、何分何秒の間、レイヤー0を表示しておきたいかを設定します。



何も設定していない状態で再生してみましょう。タイムラインパネルの左上にある再生ボタン(▲のボタン)をクリックすると、再生ヘッド(時間軸インジケーター)が右に動き出し、再生が始まります。この段階ではレイヤー0に対して何も設定していないため、何も起きません。



ビデオを作成する場合は、ビデオの最初はどういう状態からスタートし、最終的に(何分何秒後に)どういう状態にしたいのか?をキーフレームで設定していきます。キーフレームの操作は、AfterEffectsと同じオペレーションで行うことが可能です。今回は20秒後に画像の不透明度がだんだん薄くなる、というビデオを作成してみます。


●キーフレームの設定


再生ヘッドを、一番左側に移動しておき、タイムラインパネル内の、不透明度の文字の左にあるストップウォッチのアイコンをクリックします。すると、現在再生ヘッドがある箇所に、菱形のキーフレームが設定され、現在のレイヤー0番の不透明度(今は100%)を記憶し、計測を開始します。



次に、再生ヘッドを、最終的に不透明度を変更したい時間の箇所まで移動しておき、レイヤーパネルの不透明度で、レイヤー0の不透明度を任意に変更します。すると、タイムラインパネル上で現在再生ヘッドが設定されている箇所に、自動的にキーフレームが設定され、不透明度を記憶します。



最初にどのようになっていて、最後にどうしたいか?を、このストップウォッチで設定していく、ということを繰り返します。


●ビデオへの書き出し


ビデオに書き出す場合は、タイムラインパネルの右上にあるパネルメニューから、ビデオをレンダリングを選択するか、ファイルメニュー→書き出し→ビデオをレンダリングで書き出すことが可能です。
Photoshop CS6では、ビデオの書き出し形式として、H.264、QuickTime、DPX(Digital Picture Exchange。Photoshop CS6では、16bitシーケンスで書き出されます。)の形式で書き出すことが可能です。



以下は、このブログの手順で作成したH.264ビデオです。20秒で100%だった不透明度が30%になるように作成していますが、20秒かけて画像がだんだん薄くなることで、結果だんだん暗くなるのがわかります。



次回は、このタイムラインパネルの使い方をもう少し詳しくご紹介します。基本的にはAfterEffectsのタイムラインの使い方と同じで、最初がどうなっていて、最後にどうしたいのか?を順次設定していくだけで作成できるようになっています。



もっとPhotoshopの使い方を詳しく知りたい方は!
Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション


●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」