こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
さて、今年2回目となるブログは、前回の続き、Photoshopだけで作る、ビデオの作り方をご紹介します。
前回は、静止画からビデオを作成する手順をご紹介しましたが、今回はもう少しビデオに肉付けしていく部分をご紹介します。
基本的なビデオの作成の仕方と、ビデオの書き出し方に関しては、前回のブログPhotoshopだけで作る、ビデオの作り方・1を参照してみてください。


●モーションの設定


レイヤーに対して、ズームとパンのモーションを追加することが可能です。
タイムラインパネルのレイヤースパンの右上にある▲をクリックすると、モーションのパネルを表示されます。ズームやパンの設定を行うと、タイムラインパネルに自動的に「変形」というトランスフォームが追加され、開始と終了のキーフレームが自動的に設定されます。





前回のブログで作成したビデオに、ズームとパンのモーションを加えたビデオが以下のビデオです。
ズームインしながら、パンを-90度に設定しているため、下方向90度角に移動しながら、徐々に拡大していく様子が確認できます。



●トランジション


映像と映像をつなげる場合、そのビデオのソース(今回の場合はレイヤー0がそのソースになります)と、ソースの間に設定する、ソースの切り替わりに対する効果をトランジションといいます。別の画像をタイムラインに取り込み、現在の画像と新しい画像が切り替わるタイミングでトランジションを設定することが可能です。
まずは、新しい画像を追加します。
新しい画像を追加する場合は、タイムラインパネルのレイヤー0の右側にある+ボタン(メディアをトラックに追加ボタン)をクリックし、追加したい画像を選択します。すると、レイヤー0の名称が、ビデオグループ1という名称に変更され、先ほどのレイヤー0のスパンの右側に新たに取り込んだ画像のスパンが追加されます。



この画像と画像が切り替わるタイミングで、トランジションを設定します。トランジションは、タイムラインパネルの「切り替え方法を選択し、ドラックして適用」ボタンをクリックし、設定したいトランジション効果を選択した後、スパンとスパンの間に、その効果をドラッグします。



以下は、不透明度の設定を削除し、後から加えた画像にズームとパンのモーションを追加して、クロスフェードのトランジションを設定したビデオです。画像と画像が切り替わるタイミングで、クロスフェードがかかっているのがわかります。



●画像を交差させる(スパンにダブり幅を持たせる)


レイヤーの不透明度を設定し、徐々に画像が消えながら、次のスパンの画像が徐々に現れるようにする場合は、スパンとスパンにダブりを持たせ、徐々に消えていくレイヤーと、徐々に表示されていくレイヤーのスパンを、同じ時間軸で再生するようにします。
この場合、現在のスパンの次(右側)=現在のメディアトラックの次に画像を追加するのではなく、新規ビデオグループを作成し、新しいビデオグループに別の画像を取り込み、不透明度を設定します。





以下が、新規でビデオグループを作成し、それぞれに不透明度の設定を行い、スパンにダブりを持たせて書き出したビデオです。



今回扱った素材は全て「静止画」で行っていますが、Photoshopでは、デジタルビデオカメラ等で撮影した動画ファイルも通常の画像と同じように開いて再生可能なため、タイムラインパネルに配置する素材を全て動画にすることで、簡単な動画編集もPhotoshopのみで行えるようになります。

次回は、Photoshopから3Dオブジェクトを作成し、ビデオを作成する方法をご紹介していきます。



もっとPhotoshopの使い方を詳しく知りたい方は!
Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション


●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」