こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Illustrator CS6(以下AICS6)の新機能の中から、CreativeCloudメンバー限定の新機能をご紹介します。
AICS6のCreativeCloudメンバー限定の機能として特に強化されているのが画像のリンク周りの機能になりますが、配置した画像の詳細の確認、埋め込みとリンクの相互切り替え、パッケージ機能が搭載されています。


●リンクと埋め込みについて


Illustratorに画像を配置する場合、リンクと埋め込みがあることはすでにご存知だと思いますが、改めて双方の違いをご紹介しておきます。

○リンク


Illustratorのファイル内に、配置した画像を含めずに「貼った」という情報のみをIllustrator内に保存することをリンクといいます。Illustratorドキュメント上では画像のプレビューが表示され、実際にプリント等を行う際に、そのプレビューに基づく実画像を呼び出してプリント等を行います。そのため、Illustratorドキュメントが巨大化せずに、負荷を軽減することが可能です。ただし、他のコンピュータ環境へ渡してそのIllustratorドキュメントを再度開く必要が場合、Illustratorドキュメントの他に、リンクとして配置した全ての画像も必要になります。

Illustratorの場合、リンク状態として保存されるケースは以下のケースです。
・画像を配置する際、リンクのチェックをいれて配置し、かつ、保存時のIllustratorオプションのウインドウ内で、「配置した画像を含む」に、チェックせずに保存した場合



○埋め込み


Illustratorのファイル内に、配置した画像を含めて保存することを埋め込みといいます。画像とIllustratorドキュメントが一緒に保存されるため、ファイルサイズが大きくなり、ファイルサイズが大きくなりすぎると表示や編集作業に負荷がかかります。ただし、埋め込みにすることで、Illustratorドキュメントを、他のコンピュータ環境へ渡して再度開く必要が場合、Illustratorドキュメントのみ渡せば、配置した画像は不要になります(ただし、たとえ埋め込みでデータを作成しても、元画像が手元にある場合、入稿時には画像も一緒に渡すようにします)。
Illustratorの場合、埋め込み状態として保存されるケースは以下の2つのケースです。

・画像を配置する際、リンクのチェックをいれずに配置した場合
・画像を配置する際、リンクにチェックして配置したが、保存時のIllustratorオプションのウインドウ内で、「配置した画像を含む」に、チェックして保存した場合




配置した画像がリンクとして貼っているのか、埋め込んでいるのかを確認するには、リンクパネルにて確認することが可能です。また、リンクとして貼っていると、配置した画像の上に×が表示されます。






●リンクパネルの強化機能(CreativeCloudメンバー限定)


CreativeCloudメンバー限定の機能として、リンクパネルが拡張され、貼り込み画像の詳細確認がより詳しく確認できるようになっています。これまでのリンクパネルでは、リンク(リンクの場合はファイル名と保存形式が判別可能)なのか埋め込みなのか、ファイルサイズ、変形の状況(拡大しているのか縮小しているのか、また回転はしているかどうか)、ファイルパス、作成日と更新日のみ、リンクパネル上で確認が可能(リンクパネル上で画像のファイル名をダブルクリックすると確認可能)でしたが、これらに加えてリンク画像の【カラーモード】【解像度】【元画像の縦横のピクセル数】の確認が可能になっています。
特に解像度は、画像の拡大縮小の状況に応じて相対的に変化するようになっており、【何倍に拡大・縮小しているから、何dpi相当になっている】ということが、確認できるようになっています。
自分で作ったデータの場合は、拡大しているのか縮小しているのかはわかると思いますが、外部のデザイナーや、他の人が作ったデータの場合、特に解像度などは、念のためいちいち確認する必要があったため、クオリティの確認に大変便利です。




●埋め込みを、リンクへと切り替える(CreativeCloudメンバー限定)


一度埋め込みで貼った画像を、リンクに切り替える機能が追加されました(逆の機能(リンクで貼った画像を埋め込む機能)は元々あります)。
この機能は、埋め込んである画像から新規画像を作成し、その新規画像をIllustratorドキュメントにリンクとして貼り直す、という方法でリンクに作り替えます。
この機能によって、画像の埋め込みによってファイルが重くなったデータをリンク画像と分離することで軽くしたり、また、埋め込みで入稿されたIllustratorドキュメントから、画像そのものを作り出し、Photoshopで再編集、ということが可能になりました。
リンクパネル上で、埋め込みの画像を選択しておき、リンクパネルのパネルメニュー→埋め込みを解除を選択すると、新規で画像を保存するウインドウが表示されます。埋め込み画像から、PhotoshopドキュメントまたはTIFFのいずれかのフォーマットで新規画像を作成することが可能です。
Illustratorでは、作成された新規画像と現在の埋め込み画像を差し替え、リンクの状態にしてくれます。




外部から入稿されたIllustratorドキュメントに、添付画像無しだった場合でも、ファイルを受け取った側でいくらでも画像の編集・加工が可能になりました。


●パッケージ(CreativeCloudメンバー限定)


InDesignやAfterEffectsが持っている機能と同等の機能で、ドキュメント内に貼り込んだ画像と、Illustratorドキュメントそのものを、1つのフォルダに集めて収集する機能が追加されました。
これによって、ドキュメントを含む、関連ファイルの管理が容易になり、また、入稿時も、パッケージされたフォルダをCD等に焼いて入稿するだけ、というようにすることが可能です。
パッケージの挙動はInDesignとほぼ同じで、ファイルメニュー→パッケージを選択すると、パッケージするフォルダの作成場所、フォルダ名、何をどのように集めるか?を聞いてきます。ドキュメント内で使用している欧文フォントのコピーもシステムから収集することが可能であるため、フォントのライセンスに関する注意を促すウインドウが表示されます。




なお、ファイル名を変更せずにパッケージした場合、Illustratorの画面上で表示されたまま残っているファイルは、パッケージされた後のファイルではなく、パッケージする前のドキュメントがIllustratorの画面上に残ります。
一度パッケージした後に、パッケージ後のファイルで編集作業を継続する場合は、パッケージした後のファイルを開き直して作業する必要がありますので注意しましょう。




もっとIllustrator CS6の使い方を詳しく知りたい方は!
Illustrator CS6 の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Illustrator CS6 の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション


●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」