こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、InDesign CS6の新機能、「HTMLを挿入...」の機能から、GoogleMapの読み込みについてご紹介します。
InDesign CS6では、ドキュメント上でHTML等のソース入力が可能になり、従来のドキュメントに追加することが可能になりました。これによって、GoogleMapなどの外部リソースを従来のデータに取り込み、プリントしたり、またはfolio等に書き出すことで活用することが可能になり、GoogleMapから最新の地図情報を取得してInDesignのデータの中で活用していけるようになりました。


■HTMLを挿入…


InDesignCS6では、オブジェクトメニューにこの機能が追加されました。
特にHTMLソースを入力するためのフレーム等を準備しておく必要は無く、InDesign上で新規ドキュメントを作成した後、HTMLを挿入したいページを表示しておき、オブジェクトメニュー→HTMLを挿入…を直接選択します。
「HTMLを編集」ウインドウが表示され、デフォルトでは、This is an <b>HTML snippet</b>のソースが入力されています。




ここに、GoogleMap用のソースを直接入力するか、既存のソースをコピーペーストで貼り付けます。
-----------------------------------------------
<body onload="initialize()">
<p>イトウ先生のTipsnote</p>
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
<script type="text/javascript" type="text/javascript">
function initialize() {
var latlng = new google.maps.LatLng(35.656983,139.698543);
var opts = {
zoom: 15,
center: latlng,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};
var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map_canvas"), opts);
}
</script>
<div id="map_canvas" style="width:500px;height:500px"></div>
</body>
-----------------------------------------------




上記のソースのうち、<script>タグ内に出てくるメソッドや変数、JSONを使用したGoogleMapの使い方等はJavaScriptの基礎知識のトレーニングで行っていますので、興味がありましたらリンクから見ていただきたいのですが、上記のソースを使えば、必要な箇所だけを少々変更してあげることで、皆さんもInDesign上でGoogleMapを貼付けることが可能になります。
ただ、ソースをいれてOKを押すだけで、以下のようにGoogleMapが表示されます。




このようにInDesignは、HTMLのラスタライザとしても機能するようになりました。
なお、JavaScript内にある、(35.656983,139.698543);の箇所は、緯度経度の数値ですので、以下のサイトから、皆さんの会社やご自宅の緯度経度を調べて書き換えてみてください。地図の表示倍率はzoom: 15の値を、地図全体の大きさはソースの下から2行目、style="width:500px;height:500px"を編集してみてください。


○Geocoding(緯度経度検索)




■フレームについて


このGoogleMapですが、InDesign側でのフレームの種類としてはグラフィックフレームの中に入ります。フレームの上にマウスカーソルを沿えると、ちゃんとコンテンツグラバーが表示されます。右クリックでHTMLの再編集も可能です。




また、さすがに配置で貼り込んだ画像ではないため、コンテキストメニュー→表示画質→高品質表示は反応しませんし、パッケージを行っても、InDesignドキュメントと出力仕様書以外には何も集まりません。


■ソースの外部リソースについて


基本的にHTMLを編集ウインドウ内に、必要なソースは全て記述する必要があり、JavaScriptやCSSなどの外部リソースの参照には反応しないようです(パッケージ後のフォルダから相対パスでファイルパスを取っても反応しません)。今回は要素の中にJavaScriptも一緒に入れて書いてありますが、CSSは<head>要素を作って<style>要素の中に書くか、style属性で問題なく反応します。


■プリントアウトについて


プリンターからプリントアウトする場合、ページ内にこのGoogleMapしか存在しない場合は、以下のようなウインドウが表示されます。




ただし、そのままプリントすると、問題なくGoogleMapがプリントアウトされますので、そのままプリントして問題ないようです。なお、このGoogleMapが入っているフレームの属性は、GoogleMapが表示されている状態で属性を確認すると、何の属性にもなっていません。「割り当てなし」でも無いようです。




■folioへの取り込みについて


このGoogleMapのページは、そのままfolioに記事として取り込むことが可能です。ただし、folioへの書き込みがPDF、JPEG、GIF等の画像であることから、タブレット上でのピンチによる拡大で画質の劣化は伴うようになります。

緯度経度の情報を書き換えるだけで、GoogleMapから最新の地図情報を取得してInDesignのデータの中で活用していけるため、今後は、地図を描いてInDesignに画像として取り込む、というオペレーションはだんだん無くなって、地図の差し替えは、地図の画像データを貼り替えるのではなく、緯度経度の数値を差し替える、というようになっていくのかもしれませんね。




もっとInDesign CS6の使い方やJavaScriptを詳しく知りたい方は!
InDesign CS6 の使い方・基本トレーニング
JavaScriptの基礎知識の受講がオススメです!

▼InDesign CS6 の使い方・基本トレーニング

▼JavaScriptの基礎知識





イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて


●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション


●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」