こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週もPhotoshop CS6 EXTENDEDのクリエイティブクラウド版限定機能から、「条件付きアクション」をご紹介いたします。
アクションという機能そのものは以前からあった機能で、Photoshop上で行う一連の機能をPhotoshop側に記憶させる機能です。このアクションそのものの機能は、バッチの機能と組み合わせて使用することで最大限効果を発揮し、例えば、「10000点の画像を全てWeb用にPNGで保存し直す」、というような作業があった場合、これを手動で行うと単に画像を開いてWeb用に保存、という操作を10000回繰り返すことになりますが、一度画像を開いてWeb用に保存する、という操作手順を模範演技としてPhotoshopに記憶させ、特定のフォルダ内に10000点の画像を全て入れておき、バッチの機能で作成したアクションをそのフォルダに適用、という操作をするだけで、フォルダの中にある画像を全自動でWeb用に書き出す、ということを行うものです。
この、一連の操作スキームを実行する際、「ある特定の条件に適うものだけに、指定したアクションを適用する」ということが可能になりました。
これを行うことで、アクションそのものを、他のアクションでコントロールすることが可能になり、アクションそのもののネスト化をすることが可能になります。


●さっそくやってみよう!


今回は、「あるフォルダに入っている複数の画像のうち、RGB画像【だけ】をグレースケールに変換し、Web用で保存する」という操作をPhotoshopに自動で実行させたいと思います。
まず、元のアクションを作成するところからご紹介していきますが、「RGB画像をグレースケールに変換し、Web用に保存する」、というアクションを予め1つ作成しておきます。
あとから、「RGB画像【だけ】を」という条件を付け加えるため、アクションそのものはアクションセットを作成し、フォルダで管理しておくと、紛らわしくなくていいでしょう。
アクションパネルから「新規セットを作成」をクリックし、任意の名前を付け、続けて「新規アクションを作成」をクリックし、アクションを作成します。



ここで作成するアクションは、RGBをグレースケールに変換する、ことをになりますが、一連のスキームを記録させるため、下準備として、操作を適用したい複数の画像は特定のフォルダの中に全部入れておき、目的の画像を保存するフォルダも事前に作成しておいてから、アクションを作成します。




アクションを作成する際には、すべて一連の操作を記録するため、予め「任意のRGB画像を開いておいた上で」記録していきます。アクションパネルから「新規アクションを作成」をクリックした後、「予め開いておいたRGB画像に対して」以下の操作を続けて行います。

1:イメージメニュー→モード→グレースケール…で、カラー【モード変換】する。
2:ファイルメニュー→Web用に保存→フォーマットを選択し、予め用意しておいた書き出し先の空のフォルダを指定して【(PNGで)保存(書き出し)】する。
3:開いていた元の画像を、保存せずに【閉じる】。
4:アクションパネルの左下にある、記録を中止ボタンをクリックする。

アクションに記録する際、「画像を開く」ところも記録してしまうと、特定のフォルダから画像を開く、という操作も記録されてしまうため、そのアクションを実行すると、その記録の際に開いた1枚の画像に対してしか、アクションが実行されなくなるため注意しましょう。
この一連の操作を行うと、以下のようにアクションに記録されます。




●条件付きアクションを作成する


次に【RGB画像だけ】に、このアクションを適用する条件付きアクションを、今作成したアクションとは別に新規アクションとして作成します。このアクションは、最初に作成したアクションセットの中に作ると一連の操作として管理しやすいと思いますが、これは他のアクションセットの中に作成しても発動します。
では、まず、今作成したアクションセットを選択した状態で、新規アクションを作成します。




記録をクリックした後、他の操作を一切せずに、アクションパネルのパネルメニュー→条件の挿入…を選択し、現在を「ドキュメントモードはRGBです」にします。このRGBの条件含め、24の条件が用意されています。次に、該当する場合のアクションの実行を今作成した「Gray」にし、該当しない場合のアクションの実行は、「なし」にしておきます。この「該当しない場合のアクションの実行」は、できれば、開いた画像をただ「閉じる」というアクションのみを作成・適用しておくといいでしょう。






OKボタンをクリックした後、その他の操作を一切せずに、記録を中止ボタンをクリックすると、条件付きアクションの完成です。




●バッチ処理をかける


できあがったアクションは、バッチで処理することで一連のスキームを対象のフォルダに対してかけることが可能です。
ファイルメニュー→自動処理→バッチを選択し、作成したアクションセットの中の、条件付きアクションを指定します。
ソースは、選択ボタンをクリックし、元画像が入っているフォルダを、実行後は、今回保存するところまで一連の作業を記録しているため、実行後は「なし」にしておきます。




バッチ処理後、RGB画像は目的のフォルダ内に書き出され、RGB画像以外の画像はPhotoshop上で開いたまま残ります。




●条件分岐を複数設定する場合


1つの条件付きアクションは、分岐条件が1つの条件のみの設定となるため、例えば、カラーモードがRGBで、かつ16bit画像のみ、8bit画像に落としてからグレースケールに変換する、など、複数の条件を設定する場合は、一度バッチ処理を完成したものに対して、再度別の条件付きアクションを設定する、というオペレーションがいいかと思います。
いずれにしても、この条件付きアクションの機能で、複数の画像処理の、いわゆる「絞り込み」が自動になりました。この機能がPhotoshop上のあらゆる機能に対応し、もっと充実してくると、大量画像の絞り込みから処理までの一連の流れが、もっと楽にできるようになりますね。



もっとPhotoshop CS6の使い方を詳しく知りたい方は!

Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて


●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○Adobe Edge(Preview版)
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」