こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
GW明けの5月7日、Adobe Creative Cloud製品ラインナップとして、Photoshop CC、Illustrator CCなど、これまでの各CS6製品が、6月18日よりCCという名称にバージョンアップ+ブランド名称変更という報道がありました。
このCCからパッケージ商品としてではなく、Creative Cloud経由のみでの提供となるようで、このバージョンを利用する場合には、Creative Cloudの有償プランに加入する必要がある、ということになりそうです。
この辺りの詳細な情報(価格、バージョンアップ体系、旧バージョンとの併用等)は、INTERNETWatchのサイトにてわかりやすく掲載されているようですので、すでにご覧になった方もいらっしゃるかとは思いますが、一度見てみてください。


●INTERNETWatch


「Photoshop CC」などアドビ製品の新バージョン6月18日提供開始、月額制のみ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130507_598361.html


CS6というバージョンも、製品がでてから1年ほどで次を迎えたことになり、以降CSシリーズとしてのバージョンアップはないそうですので、今後も新しい製品や機能を使用する場合には、CCに移行する、という形になる訳ですね。
このブログも、CC発売以降から順次、CCに関連したTipsnoteにしていきたいと思いますが、CCが登場する前に、今回はAdobe Edge・・・という名前のつくアプリケーションの中から、Adobe Edge Code(プレビュー版)というアプリケーションをご紹介します。
Adobe Edge・・・という名前がつくアプリケーションはいくつかありますが、これらのAdobe Edge・・・アプリケーションは、基本的にCreative Cloudメンバーに提供されているアプリケーションで、今回ご紹介するAdobe Edge Code(プレビュー版)は、無償メンバーシップでも利用可能になっています。その製品以外にも目的に合わせていくつかのラインナップが用意されています。

このAdobe Edge Codeというアプリケーションの役割は、基本的に手打ちでソースを入力していくコードエディタになります。使い勝手としては、Dreamweaverのコードビュー+ファイルパネルの機能を融合したような感覚で使用でき、かつ、miなどのテキストエディタと同じように、ソース入力に便利な機能がいくつか搭載されています。
現在はプレビュー3版となり、メニュー等もすべて英語になっていますが、Dreamweaverのファイルパネル内と、コードビューが一緒になった手打ちのエディタ、と考えれば、それほど操作も難しくないかとは思います。なお、動作環境は、MacはOSX.6以降、Windowsの方は、Windows7かWindows8のみ動作可能になっていますので、Windowsの方はOSのバージョンに注意してください。


●さっそくやってみよう!


まずは、アプリケーションを入手する必要がありますが、Adobe IDを準備の上、以下のサイトからAdobe Edge Codeをダウンロードします。

○Adobe Edge Code(Preview 3)
http://html.adobe.com/jp/edge/code/



ダウンロード後、解凍し、所定のフォルダ内(アプリケーションフォルダ等)にコピーして使用します。

アプリケーション起動後は、いわゆるDreamweaverでいうところの、ローカルルート(ローカルサイト)フォルダを参照しながらソース入力とサイト構築を行っていくため、ローカルルートフォルダとなる新規フォルダを予め準備してから作業を進めるといいでしょう。
今回は、デスクトップ上にtestsiteという空のフォルダを作成し、そのフォルダをローカルルートフォルダとして使用していきます。
アプリケーションの起動後、ファイルメニュー→Open Folder…を選択し、デスクトップに作成したtestsiteフォルダを選択します。




なお、初めてアプリケーションを起動した直後は、デフォルトで以下のフォルダが選択された状態になっています。アプリケーションパッケージになっているため、アプリケーションそのものを右クリックし、パッケージの中身を確認で、確認することが可能です。




●新規ファイルを作成する


ファイルメニュー→New fileを選択すると、testsiteの中に、新規JavaScriptファイルを作成します。ただし、これはデフォルトの拡張子がjsになっているだけですので、拡張子を変更すればOKです。




作成したファイルの右側のウインドウでソースを入力すると、サイトフォルダの上にそのファイル名が表示され、以降、ソースの入力はこのサイトフォルダの上でファイルを選択して入力していくようになります。




同様の手順で、ファイルメニュー→New fileで、CSSやJavaScriptを作成していきます。




便利な機能としては、CSSファイル上でのカラーコード部分をドラッグで選択しておき、右クリックすると、Photoshopのカラーピッカーのようなウインドウが表示され、感覚的にカラーを設定することが可能になっています。指定もCSS3のrgbaとhslaでの指定も可能です。




なお、このカラーピッカーのようなウインドウは、未だプレビュー版だからかもしれませんが、ウインドウ開いた後にカラーを変更してもこのウインドウ自体が閉じないため、キーボードのescキー(エスケープキー)をタイプし、ウインドウを閉じるようにしましょう。
設定後は、ファイルメニュー→Save Allで保存しておきます。


●既存のローカルサイトを開く


Dreamweaverなど、他のアプリケーションで作成したローカルサイトをEdgeCodeで開いて編集する場合には、ファイルメニュー→Openfolderで、既存のローカルサイトを開きます。なお、一度でも開いたことがあるローカルサイトは、サイト名を右クリックするとリスト表示されるため、サイト同士を切り替えて表示する場合に非常に便利です。





●入力の補助機能


タグの入力も、開始タグを入力しだすと、自動的に最初の文字から連想されるタグをプルダウンで表示し、また開始タグを入力し終えると、終了タグは自動入力されます。また、タグに矛盾がある場合(開始タグが無く閉じタグだけ存在する等)は赤文字で教えてくれるため、このあたりの機能もDreamweaverのコードビュー上での操作と同様に使用することが可能です。




このように、ソースの編集に特化したエディタで、またAdobe IDさえあれば無償で利用することが可能ですので、ぜひ使ってみていただきたいのですが、この辺りのAdobe Edge関連のアプリケーションは、今後、各種アプリケーションがCCになる=クラウド環境になることから、クラウドでしか提供していないこのEdge関連のアプリケーションも、おのずと利用する機会がでてくるのではないかと思います。となると、このEdge関連のアプリケーションも、もっと他のアプリケーションと連携していくことになると思いますので、今のうちに少し使ってみて、感覚的に覚えておくといいかもしれませんね。



Dreamweaver CS6の使い方やCSSをもっと詳しく知りたい方は!
Dreamweaver CS6の使い方・基本トレーニング
HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)
の受講がオススメです!

▼Dreamweaver CS6の使い方・基本トレーニング

▼HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて


●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」