こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
昨日、ついにAdobe CCのダウンロードが始まりましたが、クリエイティブクラウドをお使いの皆さんは、既にインストールされましたでしょうか?
このバージョンからクラウド提供のみになったわけですが、現在CS6をお使いの方は、CS6も並行して使用することが可能ですので、CS6とCC間で、ドラッグアンドドロップによるファイルのやり取りも可能、ということも可能になったわけですが、今回からこれらAdobe CCについてご紹介していきたいと思います。
今週はまず、Photoshop CCの新機能の中からいくつか新しい機能をご紹介していきたいと思います。
インストール直後、アイコン等、見た目の変化にあまり気がつきませんでしたが、きちんとデザインは変更されています。左側がCC、右側がCS6です。



起動直後は、タイトルバーがPhotoshop CCになっている以外はCS6とほぼ同じインターフェイスになっており、また、従来はEXTENDED版のみが持っていた3Dメニューとタイムラインによるビデオ編集機能も標準で装備していますので、パッとみた感じはCS6とほぼ同じに見えると思います。




●画像のアップサンプリング


それではまず、この機能がどのようになったのか、Photoshop CCの中でも私が個人的に気になっていたのが、画像のアップサンプリング機能です。解像度の低い画像を画像解像度の機能で高い解像度にした場合、従来と違ってどのように画質が向上するのか?ですが、従来はニアレストネイバー、バイリニア、バイキュービックの3つの方法から選択、でした。特に低解像度を高解像度に変更する場合は、「バイキュービック法-滑らか(拡大に最適)」というコマンドでしたが、今回、ディテールを保持(拡大)いう方法が追加されました。さらに、ディテールを保持を選択した際に、「ノイズを軽減」スライダーが表示されるようになっています。




実際に、36dpiの画像を72dpiにアップサンプリングした画像が以下の画像です。ブログではわかりづらいかもしれませんが、オリジナル画像が左、従来の「バイキュービック法-滑らか(拡大に最適)」が真ん中、CC新機能のディテールを保持(拡大)が右です。ノイズを軽減は設定していませんが、このブログの画像をコピーする等して、Photoshopで「縮小」して見てみていただくと、ディテールが保持されていることがよくわかるかと思います。
ただし、Webで使用していた画像をプリントに利用できるまでにクオリティが向上するかどうかは、元の(低解像度の)画像の状態によるかと思いますので、いろいろ試してみるといいでしょう。





●Camera Rawがフィルターメニューから利用可能に


Photoshopそのものでは、Rawデータの編集はできないため、デジタル一眼などで撮影したRawデータの編集は、Camera Rawプラグイン、またはLightroomなどのアプリケーションで行います。また、Camera RawプラグインはTIFFとJPEGの画像を開くことができたため、Camera Rawプラグインにしかない様々な機能を、TIFFとJPEGの画像にも適用することができたわけですが、このCamera Rawの機能がフィルターとして利用できるようになったため、画像のフォーマットを選ばずにCamera Rawプラグインの機能が利用可能になりました。スマートオブジェクトに対して適用すると着脱可能なスマートフィルターとしてちゃんと機能しますので、白黒の調整レイヤーの代わりに、Camera Rawのグレースケール機能を使う、ということもできるようになったわけですね。




●ぶれの軽減(手ぶれ補正)


この機能も期待していた機能の1つですが、画像のブレの軌跡を解析し、シャープな画像に修復する機能が追加されました。特に、夜間撮影した画像などは、撮影した直後はきれいに見えても、PCにコピーして見てみると、実際には画像が流れていたりすることもあるのではないかと思いますが、これらを修復する機能が追加されました。






●シェイプの角丸を個別に設定


シェイプを作成した際に、角丸を個別に設定・編集できるようになりました。また、作成したシェイプは属性パネル上でほぼ全ての設定を行うことが可能になり、角丸のCSS書き出しはCS6の通り、border-radiusで書き出されます。






これまでの、CS6での機能と、EXTENDEDの機能と、CS6でのクリエイティブクラウド限定機能が1つになって、Photoshop CCという形1本にまとまった感じがありますね。EXTENDED版を使用していなかった方がCCにアップデートすると、EXTENDED特有の3D機能とビデオ編集機能が搭載されるため、かなりお得感があるかと思いますし、また、画像の手ぶれ補正機能などは、欲しかった機能の一つではないかと思いますので、ぜひダウンロードして使ってみてください。体験版も用意されているようです。
ただし、Photoshop CCの動作環境として、Windowsの方はWindows7か8、Macintoshの方は、Mac OS 10.7以降が推奨になっていますので、OSのバージョンにご注意ください。



Photoshop CS6の使い方をもっと詳しく知りたい方は!
Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Photoshop CS6 EXTENDED の使い方・基本トレーニング

※Photoshop CCの使い方・基本トレーニングは開講準備中です。



イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて


●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」