こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、AfterEffects CCの中から、新機能ワープスタビライザーVFXについてご紹介します。
ワープスタビライザー(手ぶれ補正)の機能そのものは、CS5.5から搭載されていましたが、従来のワープスタビライザーは、ビデオソース全体のスタビライズを行うものでした。CCのワープスタビライザーVFXは、ビデオソースの中にある特定箇所のみ(被写体のみなど)をスタビライズする、という機能です。
この機能は、新機能といいますか強化機能ともいえる機能になるかと思いますが、ワープスタビライザーの機能と、3Dカメラトラッカーの機能をミックスしたような機能で、ワープスタビライザーでスタビライズしたビデオソース上に、3Dカメラトラッカーの機能で抽出できるトラックポイントを表示し、特定のトラックポイントのみを使用してワープスタビライズさせる、というものです。
オペレーションは難しくありませんが、用意するビデオソースによっては効果がわかりづらいため、比較的ゆれの大きいビデオを使って練習すると効果がわかりやすいかと思います。


●さっそくやってみよう!


まずは、手ぶれしている動画を用意する必要がありますが、このワープスタビライザーVFXは、特定箇所のみ手ぶれ補正する機能となるため、その効果をより確認するには、風景のようなビデオではなく、人物や物体など、何か被写体があるビデオを使用するといいかと思います。
まず、ワープスタビライザーそのもののオペレーションは、過去ブログのイトウ先生のTips note【AfterEffects CS5.5】 「ワープスタビライザー」をでもご紹介していますが、オペレーションそのものは、手ぶれが発生しているビデオをタイムラインにドラッグし、エフェクトメニューまたはアニメーションメニューまたはエフェクト&プリセットパネルからワープスタビライザーVFXを選択するだけです。自動的に解析が始まり、その後スタビライズ処理を行います。





●トラックポイントの表示


AfterEffects CCで新しくなった機能は、スタビライズ後、トラックポイントを表示し、編集可能になったところです。エフェクトコントロールパネル内の詳細から、トラックポイントを表示にチェックし、トラックポイントのサイズを調整することで、ワープスタビライザーで作成されたトラックポイントを表示できるようになりました。




トラックポイントを表示した後、スタビライズをかけたい部分のみトラックポイントを残し、その他のトラックポイントを削除します。選択ツールでなげなわツールのように不要なトラックポイントを選択し、deleteキーで削除します。削除後、再度自動的にスタビライズが行われます。





●実際の効果の確認


以下が、ワープスタビライザーVFXを適用した動画です。まずは、オリジナルのビデオからご確認ください。このビデオは、トレーニング中、3Dカメラトラックの際に使用しているドリーのビデオになります。



このビデオに、ワープスタビライザーVFXをビデオ全体に適用すると以下のようになります。ビデオ全体のゆれが収まります。



次に、ビデオの左にあるカレンダー部分のトラックポイントを削除し、電話部分のみスタビライズしたビデオ(左)と、オリジナルビデオ(右)の比較です。問題なくゆれが収まっているのがわかります。
なお、このビデオはドリーのビデオで奥行きが変化する(つまり、電話の大きさが徐々に大きくなるように見える)ため、ゆれを軽減するためにビデオのスタート部分でのフォーカスが違って見える(スタビライズ後のビデオのほうが、電話の大きさが大きく見える)と思いますが、これは元の電話の大きさを大きくしておくことで、カメラが近づいても電話のサイズに大きな変化が無いようにするためのスタビライズ後の処理結果となり、表示倍率を変更しているわけではありません。



では、トラックポイントを削除したビデオの左側、カレンダーの部分はどのように見えるか?を比較したものが下のビデオです。ビデオの左側は、電話部分のトラックポイントのみ残し、カレンダー部分のトラックポイントを削除したもの、右側は、全画面でワープスタビライザーVFXをかけたものです。カレンダー部分のトラックポイントを削除した左側が、オリジナルのビデオのようにゆれているのがわかると思います。



手ぶれ補正の場合、ビデオソース全体に対してかけるケースが多いかと思いますが、手ぶれを逆に利用して、全体にぶれがあるビデオの中で、一部分のみぶれが補正されると、その対象にフォーカスがあたったように演出することが可能になります。ワープスタビライザーVFXは、これまで通りの手ぶれ補正は、オペレーションはそのままで行えますので、部分的にぶれを補正する場合に、トラックポイントを削除してスタビライズしてみてください。



AfterEffectsの使い方をもっと詳しく知りたい方は!
AfterEffects CS6の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼AfterEffects CS6の使い方・基本トレーニング

※AfterEffects CCの使い方・基本トレーニングは開講準備中です。



イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」