こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、InDesign CCの機能の中から、「タグを割り当て」に関する機能をご紹介していきます。
「タグを割り当て」という機能は、ドキュメント内のテキスト等にh1~h6の見出しタグや、p、em、span、strongなどの指定を行い、その指定したタグでHTMLファイルやePubへと書き出すことができる機能です。この機能そのものはCS5.5から搭載されていましたが、CCではこの「タグを割り当て」機能がさらに強化され、フレーム等のオブジェクトに対しても、divタグやspanタグの割当も可能になりました。
CSSのfloatプロパティをInDesignで指定することが可能であるため、InDesignで可能なマークアップについてご紹介していきます。


●段落・文字スタイルの作成時に、タグを割り当てる。


段落に対するタグの割り当ては、通常通りの手順で段落スタイルを登録した後、段落スタイルの編集ウインドウ内で、「タグを書き出し」を選択します。P、h1~h6までの割り当てが可能です。クラス名は、段落スタイル名がそのまま使用されますが、InDesign上では日本語の段落スタイル名を使用し、CSS用にアルファベットで作成する場合は、「クラス」の箇所に命名規則に従って設定します。
CSSに含める、のチェックを入れると、外部CSSの中にクラスを書き出しますが、チェックを入れないとインラインや内部CSSとして書き出すかというとそうではなく、このチェックを入れないと、このスタイルのCSSそのものを書き出しません。



また、テキストキャラクタ1文字や、1単語単位でタグの割り当てを行う場合は、段落スタイルと同様に文字スタイルで設定します。文字スタイルでは、em、span、strongの割り当てが可能です。



●フレームに対するタグの割り当て


InDesign CCから新規に搭載された機能が、フレーム等のオブジェクトに対する「タグの割り当て」になります。これは、段落スタイルや文字スタイル同様、オブジェクトスタイルパネル内で設定するようになっており、選択中のフレームをdivまたはspanのどちらで書き出すかを指定できるようになりました。




なお、この「タグの割り当て」を自動にしている場合、例えば画像の場合は、テキストフレームとは別にグラフィックフレームを作成し、画像を貼って書き出すと、divタグの中にimgタグで書き出されます。インライングラフィックとして配置している画像は、spanでマークアップされます。



ブロックレベルのdivタグと、インライン要素のspan、ということになりますので、画像の前後で改行したいかどうかで、InDesign上でどのように作成するか?を工夫すればよい、ということになりますが、この時に使用するタグを指定できるようになりました。
また、オブジェクトスタイルの作成時に、floatを設定し、回り込みをかけることも可能です。オブジェクトスタイルオプションのウインドウ内にある書き出しオプションから、「EPUBおよびHTML」を選択し、レイアウトのカスタム設定から、左にフロートまたは右にフロートを選択します。



この設定を行い、CSSを書き出すと、float:left、float:rightのプロパティと値で書き出されます。このフロートを単体でかける場合は、オブジェクトメニュー→オブジェクト書き出しオプションでも設定することが可能ですが、InDesign上での画面の見た目として回り込まれるわけではありません。あくまでもブラウザで見た時のfloatを有効にするためで、プリントを目的としたテキストの回り込みを行う場合は、従来からの機能である「テキストの回り込み」パネルで設定します。あくまでも、プリントを目的とした場合の回り込みと、ブラウザ上での回り込みは別、という捉え方でいいかと思います。


●書き出されるHTMLとCSS


HTML及びCSS、またはePubでの書き出しは、ファイルメニューから書き出しで行いますが、書き出したHTMLはHTML5のDOCTYPEになっており、またCSSはWebkitとePubのベンダープレフィックス付きで書き出されます。



InDesignのアプリケーションの役割を考えると、元々Webサイトを作成するためのアプリケーションではなく、HTMLやCSSの用途としてはやはり電子書籍となりますので、ePub書き出しではなくHTML書き出しを行った場合でも、電子書籍として閲覧することを考慮された書き出し方になっているのも理解できます。




InDesignの使い方をもっと詳しく知りたい方は!
HTML・XHTML・CSSの基礎知識
InDesign CS6 の使い方・基本トレーニング
の受講がオススメです!

▼HTML・XHTML・CSSの基礎知識

▼InDesign CS6 の使い方・基本トレーニング

※InDesign CCの使い方・基本トレーニングは開講準備中です。



イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」