こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。
今年最初のブログは、Flash CCから、これまでのToolkit for Create JSに代わる、新しいHTML5書き出しについてご説明します。
Flash CCでは、Flash CS6から継承している「Toolkit for Create JS」の機能を使用し、Flashで作成したアニメーションをJavaScriptで書き出し、HTML5でのcanvasタグの中で、JavaScriptアニメーションとして使用する、ということができましたが、Flash CC ver13.1から、この「Toolkit for Create JS」の機能がメニューから削除され、その代わりに、ドキュメントを作成する際、「HTML5 Canvas」という種類でドキュメントを作成し、パブリッシュでJavaScriptに書き出す、というようにオペレーションが変わりました。
なお、この機能は2013年12月初旬のFlash CCアップデート後の機能で、Flash CC ver13.1からの機能となりますので、まだアップデートされていない方はアップデート後に作業してみてください。


●新規で作成したflaファイルを、JavaScriptに書き出す場合


ドキュメントを新規で作成する際、予め、ドキュメントの種類を「HTML5 Canvas」で作成しておきます。




ドキュメントの種類を「HTML5 Canvas」で作成すると、パブリッシュ設定が以下のようなJavaScriptの設定ウインドウとして表示されるようになります。




パブリッシュ設定を行った後、通常通り、ファイルメニューからパブリッシュを選択すると、以下のようにHTMLファイルとJavaScriptを書き出します。




●既存のflaファイルを、Flash CC ver13.1でJavaScriptに書き出す場合


この場合、既存のActionScript 3.0で作成しているドキュメントを、HTML5ドキュメントに変換してからパブリッシュする、という方法で、JavaScriptに書き出します。変換は、コマンドメニュー→「既存のAS3ドキュメントを、HTML5ドキュメントに変換」にて行います。
変換すると、保存ダイアログが表示され、保存後、canvas変換後のドキュメントを表示し、結果を出力パネルに返します。
この後、パブリッシュすると、JavaScriptに書き出されます。




●書き出したHTMLソースを見てみる


書き出したソースを見ると、以下のようになっています。




Flashから書き出したJavaScriptは外部ファイルとして読んでおり、HTML上では、functionでinit()を作成し、bodyタグでonloadイベントで呼び出す、という仕組みです。ソースの7行目付近を確認するとわかりますが、新しいHTML5 Canvasも仕組みとしてはこれまでと同様に、Create JSを使用しているのがわかるかと思いますので、従来の方法と全く異なる方法になったわけではない、ということになるかと思います。ただ、このCreate JS自体もバージョンアップしていくことになるかと思いますので、Create JS自体のバージョンアップに合わせて、Flash CCもバージョンアップ、ということになるのかもしれませんね。
なお、Create JSのサイトでは、古いバージョンのCreate JSも用意されているため、動作確認等を行って問題があるようであれば、以前のバージョンとリンクするようにファイルパスを書き換えて試してみるといいかもしれません。
以下は、CreateJS CDN Librariesサイトです。一度のぞいてみてください。

●CreateJS CDN Libraries
http://code.createjs.com




それにしても、CCになってからオペレーションの変更が余儀なくされるケースが結構ありますね。同じ結果を得たい場合でも、これまで行っていた方法と違う方法で行わないといけなくなった、ということになる訳です。
単に新しい機能が追加される(追加された)ということであれば、その機能自体を覚えてしまえばいいんですが、「既存のオペレーションがバージョンアップによって変わってしまった」ということもあるため、バージョンアップ時に何がバージョンアップされるかを意識してバージョンアップしておかないと、「あれ、ここにあったメニューいつ無くなったの?」ということにもなりかねませんので、この辺りは、CCを使う以上、意識しておいた方がいいかもしれませんね。

それでは、本年もよろしくお願いいたします!




FlashやHTML5の使い方をもっと詳しく知りたい方は
Flash Professional CS6の使い方・基本トレーニング
HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)
JavaScriptの基礎知識の受講がオススメです!


▼Flash Professional CS6の使い方・基本トレーニング

▼HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)

▼JavaScriptの基礎知識




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」