こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
さて、今回のブログは、Illustrator CC の中から、Illustraor CC R1での便利な新機能をいくつかご紹介します。
2014年1月、つい先日になりますが、Illustrator CCは、Ver17.1(Illustrator CC R1)となり、いくつかの新機能を搭載しましたが、CC R1から、新機能のナビゲーション機能が搭載され、起動するとすぐに新機能の紹介ウインドウが表示されるようになりました。知りたい新機能は各新機能の紹介をクリックすることで、ビデオで教えてくれるようになりましたので、非常に便利です。なお、このビデオは、ヘルプメニュー→新機能を選択することでいつでも確認することが可能です。





今回のCCR1では、ライブコーナー、新規鉛筆ツール、パスセグメントのリシェイプについてビデオで確認が可能ですので、Illustratorを使っている方であれば、このビデオで十分機能の確認ができるかと思います。特にライブコーナー等は結構便利な機能なのでおすすめの機能といえるかと思いますが、今回のこのブログでは、これらメインの新機能のいくつかと、新機能としてはあまり目立ちませんが、ワークフローを効率化するいくつかの新機能をご紹介したいと思います。Illustratorを使っている方には、おすすめの新機能といえるかと思います。


●ライブコーナー


コーナーを持っているオブジェクトを選択した後、ダイレクト選択ツールを持つだけで、各コーナーに白丸の中に黒丸のマーク(蛇の目)が表示されます。このマークをドラッグすると、コーナーの形状を変更することが可能です。このマークをダブルクリック、またはオプションバーの「コーナー」のリンクをクリックすると、数値指定が可能で、このマークをoption【Alt】+ダブルクリックすると、角丸(外側)、角丸(内側)、面取りのコーナー形状をループで変更することが可能です。




●パスセグメントのリシェイプ


これまでの「アンカーポイントの切り替えツール」が、「アンカーポイントツール」に変更になり、セグメントの編集が可能になりました。従来の「アンカーポイントの切り替えツール」は、方向線を持っているアンカーポイント上でクリックすると、方向線を削除し、コーナーからドラッグすると方向線を出して曲線にすることが可能でしたが、この従来の機能に加え、セグメント上をドラッグすると、パスそのものを曲線に変更することが可能になりました。選択しているオブジェクトのセグメントに「アンカーポイントツール」を合わせ、任意にドラッグすると曲線になり、shift【Shift】キー+ドラッグすると、曲線を構成する2本の方向線を均等かつ水平垂直にのばすことで、バランスのとれた曲線を作成することが可能になりました。「アンカーポイントツール」でFlashの選択ツールのような操作が可能になった、というわけですね。





●スウォッチパネルに塗りと線


スウォッチパネル上で、塗りと線の選択が可能になりました。この塗りと線の選択はスウォッチパネル上ではできませんでしたので、カラーパネルやツールパネル上で塗りか線を選択しておいてから(キーボードの【x】をタイプ(塗りと線の切り替えのショートカット))カラーを選択していたわけですね。なお、サムネイル表示とリスト表示の切り替えボタンも新設されています。




●「配置」にショートカットがデフォルトで設定。


こちらは待望の機能かもしれませんが、画像などの配置には、ファイルメニュー→配置、で行っていたかと思いますが、こちらにcommand【Ctrl】+shift【Shift】+Pという、ショートカットがデフォルトで割り当てられました。これでは、OSそのもののショートカット等とあたらないように、キーボードショートカットの機能で自作する、という方法でしたね。




●オペレーションの途中で、操作をキャンセルする。


これも「それできると、便利」という新機能になりますが、何かの動作を行っている時(ドラッグしている時)に、そのドラッグの操作そのものをキャンセルする、という新機能が搭載されています。
例えば、定規(ルーラー)から定規ガイドを作成しようとして、定規からドラッグを始めたが、やっぱりガイドを作成するのを止めたい、という場合、これまでのIllustratorでは、定規から一度ドラックし出すと、取り急ぎガイドはガイドとして一度作成してしまい、作成した後にそのガイドを選択して削除する、ということをすることで、ガイドを作成することを止めていたわけですが、ガイドを作成している途中(定規からドラッグしている途中(マウスを押している状態の時))に、Escキーをタイプすると、そのガイドを作成する、という行為そのものをキャンセルできるようになりました。




また、複数のオブジェクトを選択する際、選択ツールで囲むようにオブジェクトを選択している途中で、選択することそのものをキャンセルしたい時、このときもEscキーを押すと、選択範囲が削除されるようになりました。




この定規ガイドのキャンセルと、選択範囲のキャンセルの他には、スライスガイド、ページ分割ツール等でのドラッグ中にEscでその行為そのものをキャンセル可能になりました。

今回のCCR1は、Illustratorを使っている方の為に、あると便利な新機能が追加されていますので、ぜひこれらの新機能も使いこなしてみてください。



Illustrator CC の使い方をもっと詳しく知りたい方は
Illustrator CC の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Illustrator CC の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」