こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Adobe CC全般で利用可能な、声をテキストに変換できる「音声入力」についてご紹介します。
この機能は、Mac OS X.8(Mountain Lion)以降限定の機能になりますが、Mac OS X.8以降、OS側の機能として、マイクに向かって話した声をテキストに変換する「音声入力」というものが可能になっています。この「音声入力」がAdobe CCのいくつかのアプリでも使用できるようになっています。
声をそのままテキストにする、という機能ですので、テキストを扱うのがメインであるInDesignでご紹介していますが、他のアプリケーションでも使い方は同じです。長い文章を入力するのが面倒、という場合は、読んでしまう、という選択肢ができたわけですね。
なお、Adobe CC関連アプリケーションの中で、この音声入力に対応しているアプリケーションは、以下のアプリケーションです。

  • Illustrator CC

  • Photoshop CC

  • InDesign CC

  • InCopy CC

  • Muse

  • AfterEffects CC

  • Premiere CC

  • Audition CC

  • Prelude CC

  • Bridge CC

  • Edge Animate


FlashとDreamweaverにはこの機能が見つかりませんが、この中に、みなさんもお使いになっているアプリケーションがあるかと思いますので、ぜひ使ってみてください。


●さっそくやってみよう!


まずは、「音声入力」に対応している上記のアプリケーションを起動し、文字ツールでテキストを入力したい箇所にカーソルを入れておきます。
上記のアプリケーションすべて共通で、編集メニューの下の方にある、「音声入力を開始…」を選択します。
なお、Mac OS X.7でAdobe CCを使っている場合には、そもそもOSがこの「音声入力」の仕組みを持っていないため、編集メニューの下にはこのメニューは表示されません。



音声入力を開始を選択すると、MacOSXのシステム環境設定内にある「音声入力と読み上げ」がOFFになっている場合は、このタイミングでONになるようにナビゲートしてくれます。



OKをクリックすると、以下のウインドウが表示されます。入力した声は、一度Appleに送信され、折り返しテキストデータとして戻ってくる、という仕組みです。以下のウインドウの通り、MacOS側で設定している連絡先の情報も同時に送信されます。そのため、インターネット接続が必須となりますが、これはMac OS X.8(Mountain Lion)の場合のみで、Mac OSX.9(Mavericks)になると、オフラインでの音声入力に対応した追加コンテンツがダウンロード(拡張音声入力機能)されるようになり、インターネット接続が行えない環境でも音声入力が可能になります。
なお、Mac OS X.8(Mountain Lion)でインターネット接続で行う場合、特に会社の端末等でネットワークにプロキシサーバが含まれる場合は、インターネットに接続されてないように見えたり、また回線スピードが遅い場合には、テキストフィールドに文字が表示されるタイミングに遅れが生じる場合がありますので、この「音声入力」機能はできればMac OSX.9(Mavericks)のオフライン環境で行うといいでしょう。



音声入力を有効にする、を選択すると、以下のようにテキストカーソルを入れておいた場所に、マイクのアイコンが表示されます。
なお、事前にシステム環境設定内の「音声入力と読み上げ」をONにしている場合には、各アプリケーション側の編集メニューから「音声入力を開始…」を選択せずに、デフォルトのキー割り当てである、fnキーを2度続けてタイプするだけで、テキストカーソルが置いてある箇所に、このマイクのウインドウが表示されます。
このマイクですが、入力した声の大きさに合わせて、マイクに設定されている紫のインジケーターがアップダウンするため、音声を認識しているかどうかがわかるようになっています。なお、一度に入力できる声のソースは30秒までですので、長い文章はこまめに区切って入力する必要があります。



マイクに向かってテキストにしたい文字を読み上げた後、完了のボタンをクリックすると、その声をAppleに送信します(その間、キャンセルのボタンが表示されます)。しばらく待っていると、オフライン環境で行っている場合には声に出した言葉をテキストフィールドで確認しながら、続けて話すことが可能ですが、インターネット接続で行っている場合には、その声がテキストに変換されて戻ってくるタイムラグが生じます。




なお、一度音声入力をした後、続けて音声入力をしたい場合には、キーボードのfnキーを2回続けてタイプすることで、再びマイクのアイコンが表示されるため、続けて読み上げて入力していく、ということを繰り返します。


●設定の変更


キー割り当てや、解析する言語に関しては、システム環境設定の「音声入力と読み上げ」で個別に設定することも可能です。日本語の他、さまざまな言語に対応しています。また、声を入力するマイクの設定は、同じくシステム環境設定の「サウンド」で入力ソースを選択します。MacBookの場合、マイクの設定はデフォルトでは自動で内蔵マイクが使われることになっていますが、マイク機能のついたイヤホン等をヘッドフォンのポートに取り付けるか、USB接続が可能な外部マイクを取り付ければ、ライン入力で外部マイクを設定することが可能です。




●句読点や改行などを声にする時は?


テキストであるため、当然ながら記号や約物、句読点や改行なども含まれますが、これらは音声認識コマンドという、それらを認識する声で入力することが可能です。「笑顔」や「しかめっ面」などと読み上げると絵文字を入力することも可能になっていますので、詳しい音声認識コマンドは、以下のAppleのサイトにある「音声入力」ページで確認してみてください。

○Mac basic:音声入力

http://support.apple.com/kb/HT5449?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP


●その他の音声入力対応アプリケーション


テキストの入力要素を持つ、Macintoshに付属のアプリケーションであれば、多くのアプリケーションが「音声入力」に対応しますので、テキストエディットやメモなどのアプリケーション上で、テキストを入力しておき、コピーペーストで使用する、ということも可能ですね。
複数の端末を利用できる方で、とても器用な方であれば、Photoshopで画像編集しながら、別のマシンでInDesignを立ち上げ、テキストを読み上げて文字入力も同時に行う、ということも可能ですね。
あとは、入力した声のテキスト変換精度次第、ということになりますが、ともあれアクセシビリティを考慮した、とてもすばらしい機能だと思いますので、ぜひ皆さんも使ってみてください。



Illustrator CC Photoshop CC の使い方をもっと詳しく知りたい方は
Illustrator CC の使い方・基本トレーニング
Photoshop CC の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼Illustrator CC の使い方・基本トレーニング

▼Photoshop CC の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能


●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」