こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、AfterEffects CC 2014の新機能の中から、HTML5パネル開発キット(After Effecs CC 2014 Panel SDK)(その1)についてご紹介します。
AfterEffects CC 2014では、HTML5が解釈できるパネルを読み込んで、AfterEffects上で使用するためのCEP(Common Extensibility Platform)環境が搭載されました。これらのパネルを使用すると、特定のパネル内で、HTML、CSS、JavaScriptを使用できることに加え、AfterEffectsでのコンポジション作成や、レイヤーの作成など、AfterEffectsでのスクリプティングオブジェクトモデル全体にアクセスできるようになります。
なお、この仕組みをAfterEffects CC 2014で使用するには、【Adobe_After_Effects_CC_2014_Panel_SDK】という、HTML5パネル開発キット(After Effecs CC 2014 Panel SDK)のダウンロード及びインストール、及びAfterEffectsのプリファレンス設定を、デバック状態にしておく必要があります。
今週のブログでは、これらのHTML5パネル開発キットを使えるようにするまでのセッティングについてご紹介し、次回のブログでは、このキットの中身を少し掘り下げてご紹介していきます。




●機能拡張の搭載(CC 2014)


AfterEffects CC 2014から、ウインドウメニューの中に機能拡張メニューが追加され、デフォルトの拡張機能として、AI・PS・ID等でおなじみのAdobe Kulerが搭載されました。





AfterEffects CC 2014に、HTML5パネル開発キットを入れることによって、この機能拡張メニューの中に新たなメニューが構築され、そのメニューからアクセスすることで表示されるパネルの中で、HTML、CSS、JavaScriptが使用できるようになります。


●ダウンロード


まずは、この拡張キットをダウンロードする必要がありますが、ダウンロード先は以下のサイトになります。

After Effecs CC 2014 Panel SDK
http://www.adobe.com/devnet/aftereffects/panelsdk/cc2014.html




ZIPファイルになっているため、ページのトップにあるリンクからダウンロード及び解凍します。
解凍すると、以下のようにPDFのガイドと、Examplesというフォルダに解凍されます。
このExamplesというフォルダの中に、Barebonesフォルダ、Generate complex compフォルダ、iframe Sampleフォルダ、Simple scriptフォルダの4つのフォルダが入っているため、この4つのフォルダを所定の箇所にコピーし、少々プリファレンスの設定を変更することで、この開発キットが使用できるようになります。




●使い方(Macintosh)


まずは、AfterEffects CC 2014をシャットダウンした状態から始めます。以下の手順の後、AfterEffects CC 2014を起動すると、機能拡張が使用できるようになっています。

手順1:解凍後、Examplesというフォルダの中に入っている、Barebonesフォルダ、Generate complex compフォルダ、iframe Sampleフォルダ、Simple scriptフォルダの4つのフォルダを、以下の場所にコピーします。

Macintosh HD>ライブラリ>Application Support>Adobe>CEP>extensionsフォルダの中にコピー




なお、CEPフォルダの中にExamplesというフォルダごとコピーすると機能しませんので、Examplesフォルダの中にある4つのフォルダを個々に入れる必要があります。
また、コピー先のファイルパスの中に「CEP」というフォルダ(ディレクトリ)が無い場合もあります。InDesignを使用している方は、InDesignの機能拡張でこのフォルダを使用するため、予めこのフォルダが出来上がっている方もいるかと思いますが、このCEPというフォルダが無い場合は、CEPという名前でフォルダを作成し、そのフォルダの中にさらにextensionsという名前でフォルダを作成し、その中に4つのフォルダをコピーします。

手順2:次に、Macintosh HD>ライブラリ>Preferenceの中に、com.adobe.CSXS.4.plistというファイルがあるため、このファイルを同じPreferenceフォルダ内に複製し、ファイル名を「com.adobe.CSXS.5.plist」に書き換えます。




手順3:次に、ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力し、retuenキーをタイプします(以下のソースをターミナルにコピーペーストしてOKです)。

defaults write com.adobe.CSXS.5.plist PlayerDebugMode 1

プロパティリストのデバックモードを1にし、デバックモードで実行できるようにする、というコマンドです。retuenキーをタイプしても、ターミナルウインドウ内は何も表示されませんが、入力後、retuenキーを押した後、ターミナルは終了してかまいません。




以上で終了です。AfterEffects CC 2014を起動し、ウインドウメニュー>機能拡張の中に、CEPフォルダにコピーしたものが表示されていればOKです。




●使い方(Windows)


Windowsの場合も、基本的にMacintoshと同様の手順です。
まずは、4つのフォルダを以下の場所にコピーします。

C>Users>(ユーザー名)>AppData>Roaming>CEP>extensions(windows)

CEPフォルダ及びextensionsフォルダが無い場合には、Macintosh同様に自作し、その中に入れる必要があります。
次に、レジストリエディタを起動します。レジストリエディタの起動は、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」または「プログラムとファイルの検索」などで、「regedit」と入力することで起動します。
起動後、HKEY_CURRENT_USER>Software>Adobe>CSXS.5を選択し、右側のウインドウ内で右クリックして、新規>文字列値を選択、名前をPlayerDebugModeに設定します。そのPlayerDebugModeの値のデータを1に変更します。




変更後、レジストリエディタを終了し、AfterEffectsを起動し、機能拡張にメニューが表示されていればOKです。


●iframe sample


それでは、どのような機能拡張があるのか、今週はiframe sampleをご紹介します。




機能拡張に追加された、iframe sampleを選択すると、iframe sampleパネルが表示されます。ここで表示されるパネルが、いわゆるブラウザと同じ役割をしており、iframe sampleパネルでは、iframe要素で指定したページを表示する、という機能を持っています。
パネル内に表示されているドキュメントはHTML5ベースで作られており、インストールしたてのデフォルトでは、AfterEffectsのDeveloperCenterにつながるようになっています。




もちろん、ソースを書き換えると、以下のようになります。




そもそもこのパネルは、Google Chromeの源流となる、Chromium(クロミウム)によるオープンソースWebブラウザブロジェクトでできているようで、Google ChromeはChromiumのソースを抜粋して作られたブラウザであることから、AfterEffectsでのこのパネルは、Google Chromeでできることはすべて行え、さらに拡張することも可能にもなっているようです。

今後はこのパネルを使用した、様々なAfterEffects上での開発が進むのではないかと考えられますね。
次回のブログでは、この機能拡張で搭載されたものを掘り下げてご紹介していきます。



この機能を活用したい方には、こちらのセミナーの受講がオススメです!
▼AfterEffects CC の使い方・基本トレーニング


▼HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)


▼JavaScriptの基礎知識




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力
○SVGのレスポンシブ機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能
○Flash CC 2014:線幅ツールとSVG書き出し


●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て
○InDesign CC :効率化されたハイパーリンク
○InDesign CC :スクリプト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い
○Dreamweaver CC:新しいビヘイビア
○Dreamweaver CC 2014:新しいライブビューとエレメントクイックビュー

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」