こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週も、先週に引き続きAfterEffects CC 2014の新機能の中から、「4KビデオのYouTubeへのアップロード」についてご紹介します。
2014年は、4K元年、2020年の東京オリンピックの頃には8K、などといわれていますが、今年2014年は、各メーカーから様々な4Kビデオカメラが発売され、YouTubeなどへの投稿もかなり行われるようになってきました。比較的安価な4Kデジタルビデオカメラは3万円代のカメラもでておりますので、4K映像は今後ますます身近な存在になっていくと思われますが、今週は、AfterEffects CC 2014での4Kビデオの取り扱いについてご紹介していきます。
YouTubeでは、すでに数々の4Kビデオが公開されており、本当にその美しさに目を奪われるばかりですが、今回は、AfterEffectsで4Kビデオをどのようにレンダリングし、YouTubeにアップすればいいかをご紹介していきます。


●4K動画を入手する


まずは、4K動画を入手する必要がありますね。すでに4Kのデジタルビデオカメラをお持ちの方は問題ないかと思いますが、高価な機種ですとまだまだ何十万もしますので、なかなか手を出すのも難しいかと思います。
そこで、まずは練習用として、フリーの素材サイト等で、4Kの動画を探すわけですが、今回は、以下のサイトにアップされている4Kの動画をお借りしました。

4K HD フリー映像素材
http://footage3.openspc2.org/HDTV/footage/4K/60p/XAVCS/

このサイトの中にある、4K HD XAVC S(3840x2160、60i)のサンプル動画を使用し、AfterEffectsからYouTubeに4K動画をアップするまでをご紹介します。

●AfterEffects CC 2014で、新しくサポートされたファイル形式


AfterEffects CC 2014では、新しく以下の形式の読み込みをサポートしました。

  • Sony RAW ファイル(F5、F55、および F65 の Camera Raw フッテージファイル)

  • MPEG-4 SStP(Simple Studio プロファイル)Sony SR MXF ファイル

  • インデックスカラー PNG ファイル

  • 透明部分が含まれたグレースケール PNG ファイル

  • Photoshop ビックドキュメント(.psb)ファイル

  • CMYK JPEG ファイル

  • RED EPIC Dragon 6K ファイル

  • Cinema 4D(.c4d)3D シーンファイル

  • DNxHD MXF OP1a ファイルおよび Op-Atom ファイル

  • DNxHD コーデックを使用する QuickTime(.mov)ファイル

  • Mac OS で ProRes コーデックを使用する QuickTime(.mov)ファイル

  • XAVC(Sony 4K)

  • AVC-Intra 200

F5、F55、F65や、XAVCなど、4Kの形式が多数含まれますが、フッテージとしてこれらを読み込めるようになったことで、AfterEffects上にこれらのデータを変換無しでそのまま取り込めるようになります。
上記のサイトからダウンロード可能なXAVCSの4K動画は、ダウンロード後、プロジェクトパネルにそのまま取り込めるため、ぜひ活用してみてください。なお、サンプル動画の取り扱いに関しましては、必ず上記サイト内の利用規程をご確認の上、ご利用ください。

これらをフッテージとして取り込み、通常のビデオデータ同様、AfterEffectsで編集した後、レンダリング作業に入りますが、このレンダリングをどうするのか?についてご紹介します。


●さっそくやってみよう!


まず、4Kの動画をYouTubeにアップするには、4K動画をH.264またはMXF OP1aの形式で、かつ、YouTubeの通常アカウントの場合、2GB以内のデータにレンダリングする必要があります。ただし、AfterEffects CC 2014では、H.264へのレンダリングが完全にサポートされなくなりました(CCまでは非推奨形式ではあったものの、環境設定を変更することでレンダリング可能でした)。




そこで、レンダリング作業そのものは、Adobe Media Encoder CC 2014で行うことになります。AfterEffects上で編集作業を終えた後、コンポジションメニューからAdobe Media Encoderキューに追加を選択し、起動後、キューパネルの書き出し形式をクリックして、書き出し設定のウインドウを表示します。




●オリジナル4K動画


YouTubeにアップされている動画は、YouTubeのプレイヤー右下にある、ギアのアイコンの設定から、2160pを選択することで4Kで見ることが可能です。




まずは、以下、オリジナルの4K動画をご覧ください(時間は短く切ってあります)。
4Kモニターで表示されている方は4Kのクオリティで見えているかと思いますが、そうでない方は、動画のクオリティが上がるまでに少々時間がかかります。2度3度と再生しているうちに、クオリティがあがるはずです。
再生を開始した後、プレイヤーの右下にある2160pを選択してみてください。



この動画にエフェクトを加え、レンダリングする際、以下のように2つの方法でレンダリングし、YouTubeにアップすることが可能です。

●H.264


YouTubeでは、4Kに限らず、アップロードするファイルの推奨形式は、H.264形式を推奨としています。
Adobe Media Encoder CC 2014からH.264で書き出す場合には、まず、形式の箇所をH.264にし、その下にあるプリセットのところで、「YouTube 2160p 4K」を選択します。もし、このプリセットが見当たらない場合には、Adobe Media Encoder CC 2014を最新版にアップデートしてから再度行ってみてください。




次に、フレームレートですが、60fpsの動画は、再生している環境によっては度々とまってしまい、再生が安定しないことが多いと考えられるため、29.97fpsまたは24fpsにフレームレートを落としてレンダリングするのがいいでしょう。




また、YouTubeにアップできる動画の長さは、デフォルトで15分までですが、H.264の動画は非常に軽いため、ある程度の時間がある4K動画はH.264形式でレンダリングすることをお勧めします。
以下は、オリジナルの動画にブリーチバイパス2(銀残し)というエフェクトをかけて4K・H.264・29.97fpsで書き出した動画です。



●MXF OP1a


YouTubeへの4Kアップロードが可能なもう一つの形式が、MXF OP1a(オーピーワンエー)という形式です。
MXF OP1a形式で、2GB以内の4k動画であれば、YouTubeにアップすることが可能です。このMXF OP1aという形式は、映像部分とサウンド部分に加え、メタデータやタイムコード等を内蔵できる形式ですが、その分、ファイルサイズは非常に大きくなります。このMXF OP1aを選択すると、プリセットにいくつかの設定が表示されますが、予め用意されたプリセットとしては4K用が見当たらないため、ウインドウ下部のビデオタブから、ビデオコーデックを「XAVC Intra 4K class480 3840×2160」を選択します。XAVCの形式は、ソニーの4Kの形式になります。





以下は、オリジナルの動画にブリーチバイパス2というエフェクトをかけて、4K・MXF OP1a・29.97fpsで書き出した動画です。



●アップデート後の確認


YouTubeへアップデート後は、YouTubeのクリエーターツールから動画の管理で、一度再生を行い、プレイヤーの右下にあるギアのアイコンから、2160p 4Kが選択できていればOKです。このギアのアイコンからの2160pの選択は、アップデート後、少々時間をおかないと表示されない場合もあるため、まずは短い動画等でアップロードのテストしてみるといいでしょう。

H.264の場合、MXF OP1aに比べてファイルサイズ軽くなることから、ある程度の時間(尺)がある動画の場合はH.264形式がいいかと思います。MXF OP1a形式は、拡張子.mxfになりますが、ソニーの4Kハンディカム等で撮影されたデータはこの形式になるため、特にAfterEffectsなどのアプリケションを持たない場合には、撮影してそのまま.mxfの形式でアップすることも可能、というようになっています。

とにかく、4K動画は非常に美しく、一度見てしまうとHDでも見劣りしてしまうほどです。普及が進むにつれて、今後はこのクオリティが当たり前にになっていく、というのは予想できるため、このクオリティが手軽に扱えるようになっていくのが今から楽しみでもありますね。


AfterEffectsの使い方をもっと詳しく知りたい方は
映像編集入門セミナー(Adobe CC)
AfterEffects CC の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼映像編集入門セミナー(Adobe CC)


▼AfterEffects CC の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力
○SVGのレスポンシブ機能

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能
○Flash CC 2014:線幅ツールとSVG書き出し


●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て
○InDesign CC :効率化されたハイパーリンク
○InDesign CC :スクリプト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い
○Dreamweaver CC:新しいビヘイビア
○Dreamweaver CC 2014:新しいライブビューとエレメントクイックビュー

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」