こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今回のブログは、いよいよ今年最後のブログとなりました。一年間お読みいただき、ありがとうございました。今回は、AfterEffects CC 2014から、モーフィングをご紹介したいと思います。
この機能は、特にAfterEffects CC2014から搭載された機能ではありませんが、ブラシパスを使用して、パスの形状を変更しながらアニメーションを作成するものです。Flashのシェイプトゥイーンと近いアニメーションを作成できるものですが、ポイントは一筆書きになります。


●さっそくやってみよう!


まずは、事前の準備として、ブラシのストロークアニメーションと同様、任意に平面レイヤーを作成し、レイヤーパネル上でブラシツールを選択、任意のブラシサイズ・カラーに設定しておきます。
次に、レイヤーパネル上にドローイングしていきますが、時間とともにブラシパスの形状を変化させる場合は、ペイントパネルの種類の箇所を「一定」に設定し、描画します。




ブラシを使って最初のストロークを描画した後、タイムラインパネル上で、ブラシ1のパスに対してキーフレームを設定し、形状を変更させたい時間まで再生ヘッドを動かした後、レイヤーを展開し、ブラシ1のパスを選択した状態で次の形状を描いていきます。





出来上がったものをレンダリングすると、以下のようになります。




このようなアニメーションはFlashがわりと得意とするところですね。
なお、このブラシパスは、1ストロークのパスに対して1ストロークのパスが必要です。そのため、以下のようなものを作成する場合は、ブラシパスを4つ個別に作成する必要があります。



なお、この場合、下絵となる画像を線としてトレースする機能があると便利ですが、残念ながら画像からオープンパスのみを形成するのはなかなか難しく、多くは手動でドローイングする必要があります。明度差が比較的はっきりしている場合は、Illustratorの画像トレース機能で何とかなる場合もあるかもしれません。また、明度差がはっきり出ていない画像は、Photoshopで少々加工してからIllustratorの画像トレースで作成するといいですが、それでもなかなか手間がかかります。
以下は、画像からパスを生成するための一つの手段ですので、参考にしてみてください。




パスは、オープンパスである必要があるため、上記のようにトレースを行ってパスを生成しても、その後にさらに加工する必要が出てきますが、ここまでできれば、その後、Illustratorでオープンパス1本1本を作成するのも比較的楽になるかもしれません。


●ビデオの動きにあわせてトレース


実写がある場合には、そのレイヤーをレイヤーパネルで開き、ブラシでトレースします。このとき、動きの起点となる静止画を作成しておき、その静止画に作成したブラシパスを、あとから1つの平面レイヤーに結合するといいでしょう。




なお、平面レイヤーにブラシパスをキーフレームとして結合する場合は、少々注意点があります。
まず、下絵の上にブラシパスで描画した後、そのパスそのものを平面レイヤーにコピーペーストする場合は、下絵となるレイヤーに作成した、エフェクト>ペイント>この中にある「ブラシ」をすべて選択した状態でコピーします。




次に、平面レイヤーを作成し、平面レイヤーを選択した状態でそのままペーストします。




次に、このペーストした各ブラシのパスに、キーを設定しますが、次のキーとなるブラシパスを下絵に作成した後、そのブラシパスをコピーする際に、各「ブラシそのもの」をすべてコピーするのではなく、「各ブラシの中にあるパスをすべてコピー」する必要があります。この時、各「ブラシそのもの」を選択して、コピーペーストすると、ペーストした先のブラシパスそのものが置き換わってしまいます。コピーしたいのは、キーとして使用するパスであるため、パスのみコピーする必要があります。




その後、再生ヘッドをキーを設定したい箇所まで合わせ、平面レイヤーの各ブラシを展開し、各ブラシのパスを選択した状態で、ペーストします。





●ブラシパスの数をあわせておくこと。


ブラシパスを1本ずつ丁寧に作成していく場合は別ですが、多くの場合は、まとめて作成してキーとして適用する、という場合が多くなるかと思います。
このときの注意点としては、最初にコピーペーストしたブラシそのものの数と、キーとして使用したいブラシそのものの数が異なっている場合、ペーストした結果が期待通りにならなくなります。
最初にペーストしたブラシ数(例えばブラシ1から4まで)が少なく、後からペーストしたブラシ数が多い場合(例えばブラシ5まである場合)、多い分のパスは、マスクパスに変換されます。また、最初にペーストした数が多く(例えばブラシ4まで)、後からペーストするブラシ数が少ない場合(例えばブラシ3まで)で、ペースト先のブラシを1から3まで選択していた場合は、数が一致するため目的通りペーストされますが、ペースト先のブラシの方を多く選択していた場合、より上にある階層のブラシ(この場合2から4のブラシ)にペーストされます。
そのため、最初にコピーペーストしたブラシの数と、後からキーとして使用したいブラシの数は一致させる必要があります。
ただ、そう考えると、Illustratorでトレースしたパスなどは、そのままブラシパスとして使用できない理由がわかるかと思います。

最初にトレースした結果と、後からトレースした結果が、同じパスの個数であればそのままブラシパスとして使用できますが、トレース後の状態が異なる場合はパスの数が同じになるとは限りませんので、「このパスは、どのパスにアニメートさせる」ということを都度設計して作成する必要が出てくる、ということになります。
なお、AfterEffectsの機能として、レイヤーメニュー>オートトレースを使用して画像や動画をトレースすることが可能ですが、オートトレースは、ブラシパスではなくマスクパスを生成しますので注意しましょう。


●一筆書き


パスはできるだけシンプルに、できれば一筆書きでパス1つで描いてあれば、作業が非常に楽になるかと思います。そこで、パスを一筆で描いてアニメーションさせることで試してみてください。以下のサイトで一筆書きの訓練ができるかと思います。

あなたはこの問題解ける!?一筆書き画像まとめ


それでは、今年1年間ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。
皆様にとって来年もどうそよい1年になりますように!



AfterEffects CCの使い方をもっと詳しく知りたい方は
AfterEffects CCの使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!
▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力
○SVGのレスポンシブ機能
○Illustrator CC 2014:連結ツール

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能
○Flash CC 2014:線幅ツールとSVG書き出し
○Flash CC 2014:アニメーションガイド

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て
○InDesign CC :効率化されたハイパーリンク
○InDesign CC :スクリプト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い
○Dreamweaver CC:新しいビヘイビア
○Dreamweaver CC 2014:新しいライブビューとエレメントクイックビュー

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」