こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年最初のブログは、Photoshopに付属のプラグイン、Camera Rawの機能のいくつかから画像補正に関する便利な機能をご紹介します。
ご存知の通り、Camera Rawプラグインは、デジタル一眼レフカメラなどで撮影したRaw形式のデータを編集を、Photoshopで可能にしてしまうプラグインで、PhotoshopではこのRaw形式のデータを直接開くことができないことから、このプラグインを経由して開くわけですが、Camera Rawプラグインは、Raw形式のデータはもちろん、JPEGやTIFFなどのデータを開くことが可能ですので、デジタル一眼レフカメラを持っていなくても、既存の画像をCamera Rawプラグインで編集してしまう、ということが可能です。

今年の年末年始は9連休できた方もいらっしゃったのではないかと思いますが、お正月に撮りためた画像がたくさんある方は、このCamera Rawプラグインならではの便利な機能を使って、ぜひ美しい画像に仕上げてみてください。

なお、今回のブログでご紹介するCamera Rawプラグインは、2014年11月にリリースされたCamera Raw8.7を使用しています。以前のバージョンをお使いの方は、アップデータを使用して最新版にアップデートして使ってみてください。


●さっそくやってみよう!


まずは、Camera Rawプラグインでの基本オペレーションから、になりますが、Raw形式のデータをPhotoshopで開く場合は、自動的にCamera Rawプラグインが起動し、Camera Rawプラグイン内で画像を開きますが、JPEGやTIFFなど、Raw形式ではない画像をCamera Rawプラグインで編集する場合は、Macintoshの場合はファイルメニュー>開くを選択し、形式を「Camera Raw」で開きます。Windowsの方は、ファイルメニュー>形式を指定して開くを選択し、同様の手順でCamera Rawを選択して開きます。




なお、JPEGやTIFFの画像は、一度Camera Rawプラグインで開くと、その開いた履歴が保存され、以降同じ画像をPhotoshopで開こうとすると、Camera Rawプラグインで開こうとします。
現在開いたファイルに限らず、常にJPEGやTIFFの画像はCamera Rawプラグインで開きたい、という場合は、Photoshopの環境設定>ファイル管理>Camera Raw環境設定>JPEGおよびTIFFの処理から、「すべてのサポートされているXXXファイルを自動的に開く」に設定しておくと、以降JPEGやTIFFの画像は自動的にCamera Rawプラグインで開くように設定することが可能です。




●補正前と補正後の比較(CCから)


Camera Rawプラグインの8.4以降では、「補正前と補正後のビューを切り替え」ボタンをクリックすることで、補正前と補正後を比較しながらプレビューを行うことが可能です。




さらにこの「補正前と補正後のビューを切り替え」ボタンを何度か繰り返しクリックすると、ビューの表示を切り替えることができ、以下のように左右または上下分割で、1枚の画像内でプレビューの切り替えが可能です。




この比較をPhotoshopで行う場合は、新規ウインドウを表示させてそのウインドウ内で編集結果を表示させるか、色調補正関連の機能であれば、調整レイヤー+レイヤーの表示非表示、また、調整レイヤーに対してレイヤーマスクで行う、という形になりますが、このボタンは、色調補正関連の機能に限らずCamera Raw内のあらゆる編集で比較ができ、かつ1つのプレビュー内で可能ですので非常に便利です。


●Upright機能(CCから)


Upright機能は、遠近法を利用して画像をまっすぐにする機能です。お正月に旅行に出かけた方は、人ごみの中、どうしても条件の悪い環境で撮影することもあったかと思いますが、特に建物の写真、遠くまで映っている画像などで画像の奥の方にゆがみがあるものは、このUpright機能で一発補正が可能です。
レンズ補正>手動タブ>Upright機能から、画像の状態にあわせて自動(遠近法のバランス補正)、水平(水平ディテール方向に重みをかける)、垂直(垂直ディテール方向に重みをかける)、フル(水平垂直に加え自動遠近補正を組み合わせ)から選択します。




ただし、この機能で画像をまっすぐにすると、画像によっては周辺の画像は一部切り取られます。以下がそのサンプルです。





同Camera Rawプラグイン内の角度補正ツールや、Photoshopの「遠近法ワープ」でも同様の処理が可能ですが、角度補正ツールは2D空間上での角度の補正となり、遠近法ワープの場合には基本的にクワッド(面)を取る作業が必要があります。この機能を使用すると1発で補正することが可能です。


●ヒストグラムの調整(CCから)


Photoshop CC以降をお使いの方は、Camera Rawプラグインでのヒストグラムはドラッグで調整することが可能です。Camera Rawプラグインの右上にあるヒストグラムの上にマウスカーソルを沿えると、マウスカーソルが沿えてある箇所がハイライト表示されるため、そのまま左右にドラッグすることでヒストグラムそのものを動かすことができるようになっています。
なお、選択できる箇所(ハイライト表示される箇所)は5段階に分かれており、暗いところから明るいところまでにかけてグラフの左側から順に、黒レベル、シャドウ、露光量、ハイライト、白レベルになっています。




Photoshopの場合、元画像のヒストグラムを見ながら画像の状態を把握し、レベル補正やトーンカーブによる補正後の結果として、このヒストグラムの形状が変化する、というものでしたが、ヒストグラムそのものをドラッグで調整できるため、ダイナミックレンジをドラッグで調整しているのと同じ感覚で編集可能になっています。



●カラーノイズの除去


条件の悪い環境で撮影した画像や、夜景などを撮影すると、画像の中に赤い点のようなノイズが入ることがありますが、これもCamera Rawプラグインで簡単に除去することが可能です(この機能は以前からあったものです)。
ウインドウ右側にあるディテールをクリックし、ノイズ軽減の箇所にあるカラーのスライダーをお好みで右にドラッグします。




以下が、カラーノイズ除去後の画像です。スライダーをドラッグするだけで簡単にノイズを消去することが可能です(ブラウザではわかりずらいですが、左の画像にある赤いノイズが軽減されています)。




最近のデジタルカメラは非常に性能があがっており、撮影条件の悪い環境でもきれいな画像を撮影することができるようになりましたが、補正の必要がある画像にはぜひこのCamera Rawプラグインのさまざまな機能を使ってみてください。
それでは、本年も1年よろしくお願いいたします。



Photoshop CC2014の使い方をもっと詳しく知りたい方は
Photoshop CCの使い方・基本トレーニング
画像をきれいに編集する方法(この画像はなぜきれいなのか?)の受講がオススメです!

▼Photoshop CCの使い方・基本トレーニング

▼画像をきれいに編集する方法(この画像はなぜきれいなのか?)




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力
○SVGのレスポンシブ機能
○Illustrator CC 2014:連結ツール

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能
○Flash CC 2014:線幅ツールとSVG書き出し
○Flash CC 2014:アニメーションガイド

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て
○InDesign CC :効率化されたハイパーリンク
○InDesign CC :スクリプト

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い
○Dreamweaver CC:新しいビヘイビア
○Dreamweaver CC 2014:新しいライブビューとエレメントクイックビュー

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」