こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、InDesign CC 2014から、画像やイラストからカラーハーモニーを抽出する、カラーテーマツールをご紹介します。
カラーテーマツールを使用すると、データの中で使用している様々なオブジェクトからカラーを抽出し、そのデータ特有のカラーテーマを作成することが可能です。InDesign上で作成したオブジェクトに限らず、IllustratorやPhotoshopのデータなど、InDesignに貼り込んだデータからもカラーを抽出し、カラーテーマルールを作成することが可能になっています。
一般的にページデザインでは「何色を使い、色数はいくつまでにし、紙面のどの程度の面積にその色を使用するか?」を考慮してデザインすることで、一貫性、統一感、清楚感などを与えることができます。この「色使い」を考慮せずにカラーを使用すると、いい意味でとらえれば、紙面に楽しさ・にぎやかさを与える、ということになりますが、何の関連性も無いカラーを無作為に使用すると、煩雑さやごちゃごちゃした感じを与えてしまうことも懸念されます。
そこで、紙面の中で使用しているカラーと同じカラーにすることで、色数を絞り、統一感などを演出するわけですが、単にカラーを吸い取る場合は、従来からある、スポイトツールを使うことで画像やイラストなどからもカラーのサンプリングすることが可能です。
カラーテーマツールは、複数のカラーを同時に吸い取ることや、その吸い取ったカラーをスウォッチにカラーグループとしてまとめておくことも可能になっています。


●さっそくやってみよう!


カラーをサンプルしたいデータを開き、カラーテーマツールを選択した後、カラーを拾いたい任意の箇所でクリックします。
自動的にパネルが表示され、その中にクリックしたカラーが登録されます。
単色オブジェクトの上でクリックすると、そのカラー1色のみ抽出します。抽出後、カラーを適用したい任意の箇所でクリックすると、そのカラーを適用することができますが、この使い方は従来のスポイトツールと同じ使い方になります。




複数のカラーを持っている画像やイラスト、また、複数カラーでペイントされたテキストフレームなどの上でクリックすると、そのオブジェクト内に含まれるカラーから、調和のとれたカラーを5色同時に抽出します。




抽出したカラーテーマをもう一度作り直したい場合、または抽出したカラーテーマをリセットしたい場合は、新しく抽出したい箇所で、option【Alt】+クリックし現在のカラーテーマを上書きするか、キーボードのEscキーをタイプし、改めてカラーテーマ抽出したい箇所でクリックし直します。
また、単色オブジェクトに対して、任意の1色を選択してオブジェクトに適用する場合は、表示されたパネルから適用したいカラーを選択し、オブジェクトの上でクリックします。




抽出したカラーテーマのトーンバリエーションを表示する場合は、表示されたパネルの▲(フライアウトメニュー)から、ハーモニーのバリエーションを選択します。




●抽出先に、効果が適用されている場合


InDesignの、オブジェクトメニュー>効果の中にある様々な効果や、不透明度が適用されているオブジェクト上からカラーを抽出すると、デフォルトではその効果や不透明度が効いた状態のカラーを抽出します。
また、抽出するカラーがRGBまたはCMYKであっても、オブジェクトに適用するとドキュメントのカラーモードに準じたカラーで自動て適用されます。
これらの設定を変更する場合は、カラーテーマツールをダブルクリックし、カラーテーマオプションから設定します。




●カラーグループとしてスウォッチに登録


抽出した5色のカラーは、スウォッチパネルにカラーグループまたは独立した個々のカラーとして登録することが可能です。カラーグループとして登録する場合は、表示されたパネルのスウォッチのアイコンをクリックします。特定の1色のみを登録する場合は、表示されたパネルのスウォッチのアイコンをoption【Alt】+クリックします。




また、InDesign CC 2014から、スウォッチ設定でRGBカラーを選択すると16進数でカラーを適用することも可能になっています。




ここで抽出したカラーは、Adobe Colorの中でCreative Cloudで共有することも可能になっていますので、InDesignで抽出したカラーテーマを他のアプリケーションでも使用することが可能になっています。
InDesignは、グラデーションぼかしツールなど、IllustratorやPhotoshopにもぜひ欲しい便利ツールが数多くありますが、このカラーテーマツールもその1つといえます。ぜひページデザインに活用してみてください。




InDesign CC 2014の使い方をもっと詳しく知りたい方は
InDesign CC の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!

▼InDesign CC の使い方・基本トレーニング




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei




■■イトウ先生のTipsNote(実践・新機能コンテンツ)アーカイブ■■


基本トレーニングの受講後に、さらに学習しておきたい内容やTips、新機能を、隔週1回(月2回)で公開しています。


●Macintosh基本操作編(意外と知らない操作も多い!?)
○入力モードや変換のショートカット
○デスクトップで使えるショートカット
○階層やファイルパスの把握に便利な機能

●Illustrator(AI)
○アウトライン化と孤立点の削除について
○データを軽く作る方法について
○シンボルの親子関係について・その1
○編集モード
○シンボルの親子関係について・その2
○カラーパネルの「使えるショートカット」
○カラー一括変換のグローバルスウォッチとは
○配置した画像のすばやい編集方法
○CS5新機能01:すべてのアートボードにペースト
○CS5新機能02:内側描画と背面描画
○CS5新機能03:Web・インタラクション用のデザイン
○CS5新機能04:遠近描画
○CS5新機能05:線パネルと線幅ツール
○AIのテキストのアピアランス
○SVGインタラクティビティ
○CS6の新機能:線へのグラデーションと不透明マスク・矩形以外のパターン図柄登録
○Illustrator CS6のCreative Cloudメンバー限定機能
○Illustrator CCの新機能
○Illustrator CCの新機能:CSSプロパティ
○IllustratorCC_R1での便利な新機能
○AI、PS、IDなどで使える音声入力
○SVGのレスポンシブ機能
○Illustrator CC 2014:連結ツール

●Photoshop(PS)
○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7

●FLASH(FL)
○Illustratorだけでできる、Flashアニメ
○CS5新機能01:IKボーンスプリングでバネアニメ
○CS5新機能02:コードスニペットパネルで簡単ActionScript3.0
○CS5新機能03:パターン描画ツール
○CS5.5新機能01
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その1
○CS6の新機能01:Toolkit for Create JS・その2
○Flash CC:Toolkit for CreateJSに代わる、新しいHTML5書き出し
○Flash CC:HTML5 Canvasでサポートされない機能
○Flash CC 2014:線幅ツールとSVG書き出し
○Flash CC 2014:アニメーションガイド

●InDesign(ID)
○CS5新機能01:マルチステートを使った、IDからFlashアニメの作り方
○CS5新機能02:アニメーションパネルとタイミングパネルを使った、IDのモーションプリセット
○CS5新機能03:キャプションの自動作成機能
○CS5新機能04:オブジェクトの間隔と配置
○CS5新機能05:画像一括貼り替え
○CS5.5新機能01:EPUB書き出し
○CS5.5新機能02:アンカー付きオブジェクト
○データ結合(メールマージ)
○CS6の新機能1:レイアウト・リキッドレイアウトと、ePub書き出し
○CS6の新機能2:コンテンツ収集ツール・コンテンツ配置ツール・リンクとして配置
○CS6の新機能3:「HTMLを挿入...」の機能からGoogleMapの読み込みについて
○InDesign CCの新機能:QRコードを生成
○InDesign CC :タグを割り当て
○InDesign CC :効率化されたハイパーリンク
○InDesign CC :スクリプト
○InDesign CC 2014 :カラーハーモニーを抽出する、カラーテーマツール

●Dreamweaver(DW)
○CS5新機能01:新しいサイト定義と、CSSスターターレイアウト
○CS5新機能02:HTML5 Pack
○CS5新機能03:スマートフォン検証・CSS3のメディアクエリー
○CS5新機能04:ブラウザ検証便利ツール・Adobe BrowserLabについて
○CS6の新機能1:可変グリッドレイアウト
○CS6の新機能2:jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ
○CS6の新機能3:CSSトランジション
○CS6の新機能4:HTML5ビデオ
○CS6の新機能5:Webfontsの使い方
○Dreamweaver CCの新機能:jQuery UI
○Dreamweaver CCとCS6での、CSSの作り方の違い
○Dreamweaver CC:新しいビヘイビア
○Dreamweaver CC 2014:新しいライブビューとエレメントクイックビュー

●Edge
○Adobe Edge(Preview版)
○Adobe Edge Code(プレビュー版)のご紹介
○Adobe Edge Reflow(プレビュー版)のご紹介

●AfterEffects(AE)
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド

●FireWorks(FW)
○CS5新機能01:Device Centralと連携した、スマートフォンのプロトタイプ
○CS5新機能02:divのタイル背景の強化
○レイヤーパネル
○CS6の新機能:CSSプロパティパネル・CSSスプライト書き出し・jQuery Mobile テーマ

●その他
○CS5.5:Adobe Audition「サウンドのカットとフェードイン、フェードアウトの設定」
○CS5.5:Adobe Audition「マルチトラックを使ったサウンド操作」