ビジネスにおける「Webに関する標準知識」の必要性


広告代理店に求められる Web の知識とは?



今や、あらゆるビジネスの場面でウェブの知識が必要となっています。
今回は、広告代理店である(株)日本経済広告社 ADEXのWeb部門で
お仕事をされている田実日出翁さんと杉浦奈保子さんのお二人に
部門メンバー皆で受験された理由をお伺いしました。

広告代理店での「Web関連業務」に特化した組織の立ち上げ

田実日出翁さん
業務推進本部
WEBソリューション局
アカウント推進部部長



杉浦奈保子さん
業務推進本部
WEBソリューション局
メディア推進部メディアマネージャー

【田実】私自身はメディア部門でプランニング業務を担当し、
7〜8年前から”Webサイトやネット広告”のプランニングも手がけていました。

クライアントの要望に応えるための技術や手法として”Web”の分野に力を
入れていく必要性が高まり「Webソリューション局」という”Web関連業務”に
特化した専門部署を立ち上げたのが2年ほど前。
それまで各部門ごとで行っていた業務を集約したことで、
情報共有と業務の効率化を図ることができました。


Webビジネスでの「偏りのない知識」の必要性

【田実】Webの専門部署とはいえ、自社内で独自に実践してきたメンバーや、
中途採用者の比率も高いため、実務経験はあるが、知識の偏りがあるのでは?
と感じていました。参考になる書籍なども探していたのですが、
マーケティングや制作技術など、ジャンルごとに解説したものはあっても、
Webビジネスに携わる人に必要とされる知識を一冊にまとめたものは見つかりませんでした。

そんなとき、タイミングよく、資格試験にも対応した「Webリテラシー」
を紹介され、幅広い分野の基礎知識が収められているため、
このような書籍をきっかけに、もう一度勉強しなおすことで知識の
見直しができると考えたのです。

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック1
『Webリテラシー』



『Web検定』の公式ガイドブックである本書は、ネットビジネスの基礎からプロジェクトマネジメント、デザイン・実装、プロモーション、関連法規まで、新しい時代のWebサイト・サービス構築における「読み書き」と言える知識を網羅的に抽出し、整理・体系化したものです。

これからWeb業界への就職・転職を目指す方、発注者側の立場としてデザイナーやクリエイターとの折衝が必要となった方に最適。


目標を設定し、部のメンバー全員で受験

【田実】月1回の公式会議の場で、部のメンバー全員に「Webリテラシー」と
「Web検定」について話をしました。
管理職の立場としては、正しい知識を習得してもらうことこそが重要だと思いましたが、
資格取得という目標がある方が勉強の励みにもなると考えました。

受験については、会議の中で希望者を募ったのですが、ほぼ全員が挙手したため、
各自で「Webリテラシー」書籍を購入して勉強をはじめました。

【杉浦】実は・・・私は皆が挙手したので「全員うけなければならばないの!?」と、
雰囲気に呑まれ手を上げたのが本音です。
周囲のメンバーは自分よりも経験があるため、受験まではプレッシャーを感じて
勉強しましたが、実は、皆の方が逆のプレッシャーを感じていたようですね。



とにかく復習して勉強。満遍なく全ての分野から出題されるから、価値がある

【杉浦】Webサイト上に公開されていた練習問題を手がかりに、
試験問題の予想をしながら本を読み進めました。
知らない単語をノートに書き写して、後で繰り返し復習できるようにして覚えました。

【田実】ヤマがはりにくい試験でしたね。
満遍なく全ての分野から出題されますし、これから勉強される方も大変でしょうね。
ただし、だからこそ価値のある試験なのではないですか?


感覚で覚えていた知識を、体系化して理解できた

【杉浦】私自身、特別な勉強をする時間もなく、日常業務として身に着けてきた
知識であったため「Webリテラシー」の勉強を始めると、
実は基本的なところや言葉の定義を知らない部分もあり、大変参考になりました。

また、発注する立場として実務で携わっていた分野は、スムーズに読み進めましたが、
デザイン・実装などの部分は難しく、詳しいところはわかっていないことが判明しました。
今回勉強したことで、制作会社がどういう風にやっているのかがわかり、
とてもよかったと思います。

感覚的にわかっているつもりでいたものが、技術としてこういうことがあるのか・・・
と明確に理解することができたのです。


Webの基本的な知識の土台作りには欠かせない「Webリテラシー」

【田実】「Webリテラシー」については、広告代理店の営業であれば
Web関連業務が中心でなくとも、勉強しておくべき内容ではないでしょうか。

また「Web広告研究会」の幹事として、Webプロデューサー育成プロジェクトを
推進しているのですが、ベースとなる知識のないままに”Webサイト”の
運営業務に携わっている方も多いと感じます。
”クライアント側・運営者”の立場の方々も、基本的な知識の土台を
作り上げていくために「Webリテラシー試験」を有効に活用されるとよいと思っています。