挑戦なしの成長はありえない


オープンだからこそ、正確で緻密な仕事が必要とされる会社・ロフトワークの勉強法



1万人のクリエイターの方と協力する形で、「どんなニーズに対しても」
ソリューションを提供する会社、株式会社ロフトワーク。
今回は、そこで働いている林千晶さんと井上果林さんのお2人にお話を伺いました。

左:林千晶さん
株式会社ロフトワーク 取締役 PMO。社内教育プログラムの構築も担当。

右:井上果林さん
株式会社ロフトワーク クリエイティブ・ディビジョン ディレクター。2008年4月に受験し、「Webアソシエイト」を取得。

null


ロフトワークってどんな会社?
    ― Webリテラシーはこんな方に活用されています


null
【林】 ロフトワークはプロジェクトマネジメントに特化し、loftwork.comというポータルサイトをインフラとして1万人のクリエイターの方と協力しながら、「どんなニーズに対しても」ソリューションを提供する制作代理店です。大事にしていることは、登録クリエイターの方の情報をオープンにしていくこと。自由に作品をアップできたり、1GBものデータストレージ機能を提供したりという支援を行っています。また、様々な企業とのコラボレーション企画などもプロデュースしています。

【井上】 わたしは、昨年の4月に新卒として入社し、現在はディレクターとしてWeb構築やWeb上のビジネスマン向けの読み物や、携帯電話に使うイラストなどのコンテンツ制作に携わっています。この1年間で、10ほどのプロジェクトに関わることができ、充実感を感じています。分からないことは、色んな方に教えてもらいながらではありますが、経験がなくても自分なりに考えるようにしています。


null
【林】 ロフトワークの事業自体がオープンな発想なんです。たとえば、loftwork.comではクリエイターの方の情報を開示する、作品を自由に掲載できるという機能を持たせたり、クリエイティブ・コモンズを支援していたり。オープンにすることで、みんなとつながって、イノベーションが生まれると考えています。

でも、だからこそ、ロフトワークのディレクターの仕事はとても難しい仕事だと思うのです。常に新たなことにチャレンジし続けているので、「経験したことがないからできません」というのはNGなんです。成長し続けるために挑戦しなければならないし、専門知識も持たなければいけない。さらには、コミュニケーション能力も必要なんですね。


「10点中3点」 練習問題に取り組んで、足りない部分に気がついた

【井上】 広報の担当者から紹介されたのが、Web検定受験のきっかけでした。そこで、まず検定サイトにあるブログパーツ型練習問題を試しに解いてみたんです。そしたら、結果は10点中3点。それまでは「Webリテラシー」とは初心者向け(入門編)だと思っていましたが、実は知らないことっていっぱいあるのでは? と考え、受験を決意しました。

まずは、公式ガイドブックの「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック1 Webリテラシー」を購入しました。実際に読んでみると、インターネットの歴史からマーケティングビジネス、制作面でのリスクなど網羅的で、とても分かりやすかったです。図が多くて読みやすいのも良いと思います。一方、キーワードに対する具体的な利用のされ方や、補足情報などはWebサイト上で調べて補ったりしました。



受験日を先に設定し、目標と目的をハッキリさせることが合格につながった
null

【井上】 勉強は集中的に1ヶ月行いました。通勤時間や就業後に喫茶店で1、2時間勉強するなど、今回の受験で、仕事をする中でも意外に時間は作ることができるんだと感じましたね。

毎日いろんな会場で受験ができる方式なので、「仕事が忙しくないときに・・・」と思っているとなかなか踏み切れずに延びてしまうのでは、と思っていたんです。そこで先に受験日を設定してしまって勉強する形をとりましたが、これが逆によかったと今は思っています。

合格基準が80%と低くはないので、受験前はちょっと不安でした。ただ、個人的には受験の目標が「受かること」ではなく「知識を身につけること」だったので特別な対策をしてはいなかったです。既に業務を経験していたので、自分の仕事との関わり方をイメージしながらだったり、クライアントの方やユーザーの立場を考えながら勉強できました。



トラブルは、2割の知らない知識から生まれる

【林】 「Webリテラシー」は専門知識の向上に役立つ試験だと考えています。
null

Webのことは皆知っているようで知らないことがあります。実際のプロジェクトでは8割は理解しているのだけど、2割の知らない知識でトラブルが生まれる。だから、どこかのタイミングでWebの知識を網羅しなくてはいけない。今後は若手や中堅ディレクターを中心に、積極的に受験してもらおうと思っています。

会社としては受験に合格することが目的ではなく、Webに関する知識を一通り理解すること、どの分野が弱いのかを認識することが重要だと考えているんです。Web検定は、Webに関わる会社にとっては、重要な知識が身につく内容だと思いますよ。



資格取得後、感じたことは「吸収できる土壌が広がった」ということ

【井上】 資格取得後は、業務の進め方などが変わったと思っています。毎週全社員でプロジェクトの進捗を報告するミーティングがあるのですが、専門的なキーワードを前よりキャッチできるようになりました。「あれは学習した中でこの部分の話かな」と考え、改めてガイドブックを読み返したりしています。吸収できる土壌が広がったという気がします。

【林】 内容を分かっていても知らないキーワードが1つでも出てくるとディレクタは不安になるんです。常にパートナーとしてクライアントの話を聞き、提案をしていく関係の中で不安になってしまうのは良くない。たかだか1個のキーワードだけど、それを知っているだけで自信につながると思います。


null






詳しく見る


0円+消費税