CGWORLD 2009年4月号


特集:少人数で打ち克つ


別冊付録:Adobe CS4 ショートカット集(3)



こんにちは。CGWORLD編集部の渡辺です。

最近プロダクションやメーカーの方など
業界関係者の方との食事会が続いています。
仕事の話、映像業界に関わる情報交換からプライベートの話まで、
とても有意義な場となり、楽しい時間を共有させていただいています。

業界に対する思いはみなさん同じようで、
僕たちは志を同じくした仲間なんだなと実感しています。
本誌にも皆さんの熱い気持ちを反映させていきたいと思っています。

そうした気持ちを込めて今月の特集ですが、

「少人数で打ち克つ」

「少人数による制作」をテーマにした企画です。

厳しいことに、映像制作に対して支払われる報酬は減少傾向にあります。
そのため、多くの人員を投入しての制作ではなかなか採算が取れないのも事実。
すべてのプロジェクトがそうというわけではありませんが、
作る側としてはコストを抑えることで、
ビジネス面での採算をより考えなければならないでしょう。

しかし、ただ少人数で制作を行なったからといって、
質を落としてしまっては本末転倒です。
少人数で最大効率を目指し、
どのようにクオリティの高い作品を作っていくかが重要です。
円谷プロダクション:特撮スタジオ ビルドアップや、
第7回 東京ガールズコレクション 2008 のイベント映像を手がけたMIRAY Designなどの
事例を参考に、その方策を提案していきます。

(とはいえ、もっと正当な対価が支払われる世の中になってほしいですね。)


2号連続特別企画
『ソニック ナイト・オブ・ウェアホッグ』

『ソニック ワールドアドベンチャー』をモチーフに
制作されたオリジナル・ショート・ムービー
『ソニック ナイト・オブ・ザ・ウェアホッグ~ソニック&チップ恐怖の館~』。
セガのVE研究開発部が制作した本作は、ゲーム業界はもとより、
映像業界においても大きな話題となっていますね。

愛くるしいキャラクター、美しい色彩、優れたアニメーション……
アニメーションの本質を感じさせる素晴らしい作品ですね。
今号では、 その企画の発端、コンセプト、
さらにはVE研究開発部について紹介します。



そのほか、映画『マダガスカル』やQuadro CXのレビューなど
盛りだくさんのCGWORLD vol.128!
表紙ビジュアルは、もうおなじみのタングラムさんが制作したものです。

ぜひご覧くださいね。

CGWORLD編集部
渡辺英樹



特集少人数で打ち克つ


詳しく見る


0円+消費税