ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える


そしてドローイングは動き始めた・・・・・・



この展覧会は、南アフリカ出身で、現代を代表するアーティストであるウィリアム・ケントリッジの活動を、約120点の作品によって紹介するものです。

ウィリアム・ケントリッジ(1955年南アフリカ共和国生まれ、ヨハネスブルグ在住)は、1980年代末から、ドローイングを映画用撮影カメラでコマ撮りし、文字どおり「動くドローイング」とも呼べるアニメーション・フィルムの制作を開始します。それは木炭とパステルで描いたドローイングを部分的に描き直しながら、1コマ毎に撮影する気の遠くなるような作業から生み出される作品です。

絶えず流動し変化し続けるドローイングの記録の連鎖から生まれる彼のアニメーションには、消しきれない以前のドローイングの痕跡が残され、堆積された時間の厚みをうかがわせる重厚さにあふれた表現となっています。


《流浪のフェリックス》のためのドローイング [フェリックスの部屋/望遠鏡を覗くナンディ]
1994年 木炭、パステル、紙
作家蔵 ©the artist




《ユビュ、真実を暴露する:第1幕 第2場》
1996-97年 版画
作家蔵 ©the artist
彼の作品は南アフリカの歴史と社会状況を色濃く反映しており、自国のアパルトヘイトの歴史を痛みと共に語る連作《プロジェクションのための9つのドローイング》は、脱西欧中心主義を訴えるポストコロニアル批評と共鳴する美術的実践として、1995年のヨハネスブルグ・ビエンナーレや1997年のドクメンタ10を契機に世界中から大きな注目を集めるようになりました。

しかし彼の作品を冷静に注意深く解読すると、その政治的外見の奥で、状況に抗する個人の善意と挫折、庇護と抑圧の両義性、そして分断された自我を再統合しようとする努力とその不可能性など、近代の人間が直面してきた普遍的かつ根源的問題を、執拗に検証し語り続けていることが分かります。

ケントリッジ自身が「石器時代の映画制作」と呼ぶ素朴な制作技法に固執していることも、それが近代の物語(ナラティヴ)生成の原点、あるいは歴史を遡りながら植民地主義の病理を啓蒙主義の中に探ろうとする彼の強い意志によるものと理解すべきなのかもしれません。




精緻なセル画アニメやCGが主流である現代にあって、ケントリッジの素朴なアニメーション技法はその対極に位置していますが、彼の力強い表現は、ドローイングのコマ撮りアニメーションがいまだに有力な表現手法となり得ることを証明しており、1990年代中頃から彼の作品は、世界中の若い世代の美術家たちに大きな影響を与え続けています。

いま世界で最も注目を集める美術家の一人であるケントリッジは、2009年3月のサンフランシスコ近代美術館を皮切りに、フォートワース近代美術館(テキサス)、ノートン美術館(フロリダ)、ニューヨーク近代美術館、アルベルティーナ美術館(ウィーン)、イスラエル美術館(エルサレム)、ステデリック美術館(アムステルダム)を会場に、大規模な世界巡回展が進行しています。

日本での展覧会は、ウィリアム・ケントリッジとの3年間にわたる緊密な協力と広範な準備作業を経て実現されるもので、我が国では初の個展となります。南アフリカの歴史を扱った代表作《プロジェクションのための9つのドローイング》(1989--2003)から、ショスタコーヴィチのオペラ『鼻』を題材にした最新作の《俺は俺ではない、あの馬も俺のではない》(2008)まで、フィルム・インスタレーション4点を含む19点の映像作品と、36点の素描、63点の版画によりケントリッジの活動の全貌を紹介します。

《俺は俺ではない、あの馬も俺のではない》より
《同志鼻陛下》(スチール)
2008年 8つの断片映像による映像インスタレーション
京都国立近代美術館蔵 ©the artist




作 者 紹 介




ウィリアム・ケントリッジ
Photo by John Hodgkiss
1955年生まれ。南アフリカ共和国ヨハネスブルグ在住。

ヨハネスブルグの大学において政治学を学んだ後、パリのエコール・ジャック・ルコックにおいて演劇を学ぶ。1980年代末から、ドローイングをコマ撮りした手描きアニメーション・フィルムを制作・発表する。

1997年ドクメンタ10、98年サンパウロ・ビエンナーレ、99年ヴェニス・ビエンナーレ、カーネギー・インターナショナル、2000年広州ビエンナーレ、01年横浜トリエンナーレ、02年ドクメンタ11、08年シドニー・ビエンナーレに参加。

2009年から2011年にかけて、サンフランシスコ近代美術館、フォートワース近代美術館、ノートン美術館(フロリダ)、ニューヨーク近代美術館、アルベルティーナ美術館(ウィーン)、イスラエル美術館(エルサレム)、ステデリック美術館(アムステルダム)を巡回する展覧会が開催中である。

また、俳優、演出家、著述家など多彩な分野でも活躍している。





※作品写真は著作権によって保護されており、著作権の許可のないダウンロード・
保存・複製・無断転載は禁止されております。

■ 展覧会概要



会場 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
会期 2010年1月2日(土) ~ 2月14日(日)
開館時間:午前10時から午後5時まで金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2010年1月11日は開館)、1月12日(火)
入場料 一般850(600)円、大学生450(250)円
*( )内は20名様以上の団体料金
*高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。 入館当日に限り、「早川良雄」展と所蔵作品展「近代日本の美術」もご観覧いただけます。
問い合わせ先 電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)