こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

今週も、Macの操作方法を勉強していきましょう。

今回は階層が深いところにあるファイルやフォルダを探すときに役立つTipsです。


階層移動


フォルダの中にフォルダがあり、その中にまたフォルダ…というように、階層の深い場所にファイルを置くことがあります。

この場合、Mac OS Xでは、Windowsと同じように、一つのウインドウ内の表示を切り替えることで、フォルダの内容を表示していくため、フォルダをダブルクリックすることで階層を潜ると「今みているフォルダは、何フォルダを開けてたどり着いたか?」がわからなくなることがあります。



そんな時、見たいフォルダを別々のウインドウに分けて表示したい場合は、フォルダを開く際に、commandキーを押しながら、フォルダをダブルクリックします。



commandキー+shiftキー+フォルダをダブルクリック(OSX.5)すると…
開いたフォルダが、別ウィンドウでゆっくりと表示されます。皆さんも試してみてください。



階層の深いところから、1階層ごと上下の階層を表示する場合は、commandキーを押しながら「↑」または「↓」キーをタイプします。1階層ごとにフォルダを移動できます。




ファイルパスを表示する


次に、覚えておくと便利なファイルパスの表示方法の紹介をします。
ウインドウのタイトルバーを、commandキーを押しながらクリックしてみてください。



すると、そのフォルダの階層がプルダウンメニューで表示されます。
これで、どのフォルダを辿ってきたかがわかりますね。




●自分自身のパスワードとIDを設定する方法
●他のMacのデスクトップを、ネットワーク越しに操作してしまう方法
●文字の再入力無しで、あ→ア→A→aと連続変換する方法

など、もっとMacの使い方を詳しく知りたい方は!
Macintosh基本(Mac OS X.5・レパード)の受講がオススメです!