データ制作のコツ
塗りと線/カラーモードの変更について


こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

Illustrator の基本操作では、簡単な操作でもショートカットを覚えておくと本当に便利です。

今回も、基礎知識と一緒にショートカットをしっかり覚えていきましょう!


塗りと線


Illustratorで作図するオブジェクトには、塗りというのがあります。

塗りは、オブジェクトの面積に対して設定する色、線は、オブジェクトの境界線に対して設定する色です。



色の変更は、ツールパネルか、カラーパネルから、塗り・線のどちらかを選んでから、カラースペクトルバー(虹色の帯の部分)をクリックし、色を選びます。



塗りと線の「選択を切り替えるとき」は、英字入力の状態で「x」(エックス)を押します。



塗りと線の「カラーを入れ替えるとき」は、英字入力の状態で「shift」+「x」(エックス)を押します。



塗りと線の選択を切り替えずに色を変更したいとき、例えば、塗りを選択している状態で、線の色を変更したいときは、optionキー+カラースペクトルバーをクリックします。



塗りをなくすためのショートカットは英字入力の状態で「/」を押します。



このショートカットは、Illustrator 以外に、InDesignでも可能ですので、試してみてくださいね!


カラーモードの変更


Illustrator のカラーモードには、RGB、CMYKなどがあります。

カラーモードの変更は、パネルメニューから変更する以外に、カラーパネルの下にある、カラースペクトルバー(虹色の帯の部分)を、shift+クリックすることでも変更できます。





また、ドキュメント全体のカラーモードの変更は、メニューからファイル→ドキュメントのカラーモードで変更を行うことができます。



すばやくカラーを適用する方法、ぜひ試してみてください!



●四角形を描いている途中で、その作図中の四角形の位置を移動するには?
●オブジェクトを選択せずに、オブジェクトの色を変える方法
●描画中に、オブジェクトの大きさをルート2倍にする方法

など、もっとIllustratorの使い方を詳しく知りたい方は!
Illustrator CS4 基本トレーニングの受講がオススメです!