オブジェクトのカラーを一括変更する
グローバルスウォッチ


こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

前回の「Illustrator編 Part6」で学習した、カラーに関するショートカットに引き続き、カラーついでに今回は、スウォッチの活用についてご紹介します。


新しい色をスウォッチパネルに登録する


スウォッチパネルでは、カラーパネルで作成した色を登録しておくことができます。

カラーパネルのカラースペクトルから偶然選んだ色でも、スウォッチに登録しておけば、好きなときに使えます。

スウォッチパネルへの登録は、カラーパネルで登録しておきたい色(塗りか線)を選択しておき、スウォッチパネルの新規スウォッチをクリックします。



カラーの名前は、CMYKの色の成分で付けておくと、「この色は何色と何色を、何%掛け合わせて作った色」ということが名前でわかって便利です。後工程を考えると、「ねずみ色」や「あかね色」などの慣用色名で設定するよりも、業務効率がよくなります。



スウォッチパネルの「グローバル」を使う


ところで、このスウォッチオプションにある「グローバル」は、どのように使うかご存知ですか?

では、早速グローバルにチェックにを入れて、使ってみましょう。



グローバルにチェックすると、スウォッチパネル上では右下に白い三角が表示されます。カラーパネルではカスタムカラー(特色)扱いになります。



オブジェクトを選択し、このグローバルスウォッチでカラーを設定しましょう。

そして、余白でクリックしてオブジェクトの選択を解除しておきます。



その後、スウォッチパネルに登録したグローバルスウォッチをダブルクリック。

スウォッチオプションが表示されますので、CMYKの値を変更し、Okをクリックすると…



オブジェクトを選択していないのに、オブジェクトのカラーが変更されました。



このように、グローバルスウォッチでカラーを適用すると、スウォッチカラーでオブジェクトのカラーをコントロールできるようになります。

みなさんも、スウォッチパネルを使いこなしてオリジナルのカラーを上手に使いこなしましょう!



●四角形を描いている途中で、その作図中の四角形の位置を移動するには?
●オブジェクトを選択せずに、オブジェクトの色を変える方法
●描画中に、オブジェクトの大きさをルート2倍にする方法

など、もっとIllustratorの使い方を詳しく知りたい方は!
Illustrator CS4 基本トレーニングの受講がオススメです!