データ制作のコツ
すばやく配置画像を編集する


こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

今週はIllustrator編の「とりあえず」最終回です。


Illustratorで配置した画像を簡単に更新する方法


作品を作るために、Illustratorで作ったデータに画像を配置するケースって多いですよね。

Illustratorに配置した画像をPhotoshopで編集したい場合、皆さんはどうしていますか?

デスクトップなど、自分のパソコンの任意の場所に保存してある画像データを直接Photoshopで開き、編集した後、Illustratorでリンクの更新を行っている方が多いかと思います。


Illustratorで画像を編集したい場合は、Illustratorに配置した画像の上で、optionキー+ダブルクリックしてみましょう。

自動的にPhotoshopが起動し、その画像を開いてくれます。



この時、Photoshopが起動せずに、他のアプリケーション(プレビューなど)が起動してしまう場合があるかも知れません。

その場合、その画像は、一度もPhotoshopで保存したことが無い画像、ということになります。

例えば、一度もPhotoshopで開いて保存したことがない、デジタルカメラで撮影した素のJPEG画像などは、デフォルトで開くアプリケーションの指定がOSレベルで「プレビュー」に設定されています。


この開くアプリケーションを変更するには、デスクトップやFinder上で画像ファイルを選択し、ファイルメニュー→情報を見る→このアプリケーションで開く:の項目を、「Photoshop」にしておきます。





こうすることで、Illustratorに貼った画像をoption+ダブルクリックすると、Photoshopが起動するようになります。

一度変更すると、以降はPhotoshopが起動するようになります


また、このショートカットを使いたい場合は、画像を埋め込まずに、リンクの設定を行って配置してください。

画像が既に埋め込んであると、画像の更新が行えなくなります。





来週からはPhotoshop編がスタート!

Illustrator編は、また時期をおいて再開します! お楽しみに!



●四角形を描いている途中で、その作図中の四角形の位置を移動するには?
●オブジェクトを選択せずに、オブジェクトの色を変える方法
●描画中に、オブジェクトの大きさをルート2倍にする方法

など、もっとIllustratorの使い方を詳しく知りたい方は!
Illustrator CS4 基本トレーニングの受講がオススメです!