こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

本日は、PhotoshopのTips「ものさしツール」の使い方を覚えましょう!


ものさしツールの使い方


画像を撮影した後に、斜めになっているのに気づき「この画像、まっすぐにしたいな」と思うことってありませんか?

   

斜めになった画像を、Photoshopで回転を何度も繰り返すと、どんどん画質は劣化してしまいます。できれば、回転は行わなずに最初から取り直すのがいいんですが、どうしても取り直しができないことも多いですよね。できれば、一回の回転のみで正しい位置にしたいものです。そんなとき便利なのが「ものさしツール」です。

   

まず、画像が何度傾いているかを、ものさしツールで計ります。

例えば、下の画像の斜線をまっすぐにする場合は、まっすぐに表示したいラインに合わせて、ものさしツールを使って画像の左下から右上に向かってドラッグします。

   

ウインドウメニュー→情報を選択し、情報パネルを見ると、ドラッグした角度が「A」の欄に表示されているのが分かります。



イメージメニュー→画像の回転→角度入力を選択すると、先ほど情報パネルに表示されていた斜角が自動的に記載されています。



画像が、先ほど入力した数字で回転しました。

   

余分な部分を切り取って完成です。

   


●OPENGL対応のPCで、画像の上でズームツールを長押しすると、どうなる?
●ドーナツのようなマスクを切る時は、何マスクの中に何マスクを入れる?
●水平に引いたルーラーガイドを、1クリックで垂直にする方法

など、もっとPhotoshopの使い方を詳しく知りたい方は!
Photoshop CS4 EXTENDED 基本トレーニングの受講がオススメです!