こんにちは、デジタルスケープの伊藤和博です!

今週から、Photoshop CS5の新機能をご紹介していきます。

新しいPhotoshopでは、「コンテンツに応じた…」という機能がいくつか追加されています。


スポット修復ブラシツール


スポット修復ブラシツールそのものは以前のPhotoshopにもありました。画像の修正したい箇所にピンポイントで使用するツールで、例えば、顔の画像のほくろの上でクリックすると、すぐ削除してくれる便利なツールです。

CS5では、このツールに「コンテンツに応じる」という機能が加わりました。

とっても便利な機能なので、ぜひ使い方をマスターしましょう!

まず、スポット修復ブラシツールを選択し、オプションバーの「コンテンツに応じる」にチェックします。





次に、画像の消したい部分をドラッグするだけ!



これで、自動的に周囲の画像を判断し、消したい箇所をきれいに消してくれます。



この機能は、消したい箇所が面・線・点とあった場合、線と点に使用するといいでしょう。


塗りつぶし


同じく、コンテンツに応じた塗りつぶしという機能も追加されました。この機能は、面に対して設定するものです。

まず、選択範囲で消したい部分を選択しておきます。


そして、編集メニュー→塗りつぶし→コンテンツに応じるを選択します。





周辺の画像を認識し、自動的に選択範囲の中を周辺の画像と同じように塗りつぶしてくれます。



Photoshopには、スポット修復ブラシ、修復ブラシ、パッチツール、コピースタンプツールなどのレタッチ関連のツールがありますが、今回のこの「コンテンツに応じた…」という機能は、もっともオペレーションの工数を少なくレタッチすることが可能です。

みなさんも、ぜひ使ってみてくださいね!



もっとPhotoshop CS5 の使い方を詳しく知りたい方は!
Photoshop CS5 EXTENDED の使い方・基本トレーニングの受講がオススメです!




イトウ先生が、Twitterを始めました!
みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!

http://twitter.com/itoh_sensei