WebデザインのためのSilverlight2

Silverlight2テクニックバイブル

バージョン2で一通りの機能が備わり、本格的な開発が可能になった「Silverlight」。Silverlightの機能をどう使って、どんなコンテンツが可能なのか?本書では、具体的な作例をもとにSilverlightコンテンツ制作をわかりやすく解説しています。XAMLの役割からC#での実装まで、基礎からわかる内容になっています。これからSilverlightを始めたい人に最適です!即、実践!!

定価 3,672円(税込)
判型 B5変型
総ページ数 320
発売日 2009年2月2日
ISBN 978-4-86267-049-6
著者 岡崎大典・丹下悠二

イメージ:Silverlight2テクニックバイブル

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

サンプル付きでみるみる上達! ホントに使えるSilverlight本

 本書はMicrosoft Silverlightコンテンツをはじめて作る方、もしくは制作初心者の方を対象とした入門書です。本格的なコンテンツ開発が可能になった「Silverlight2」。しかし、はじめてSilverlight 2コンテンツを作るのは、決して簡単なことではありません。特に、Silverlightに出会うまでほとんどMicrosoftの技術に触れる機会がなかった方々にとっては、なおさらのことです。そこで本書は、そんな方々にもなるべくわかりやすいように書くことを第一に意識しました。

 本書は全6章から構成されており、1章ではSilverlightという技術について、2章ではSilverlight制作に必要なXAMLという言語について、また3章ではC#というプログラミング言語についての紹介をしています。4章では、ゼロからSilverlightコンテンツを制作し始めるときに必要な情報や基本的な操作手順を、そして、5章と6章はより具体的なSilverlightコンテンツの作り方について説明しています。サンプルファイルはダウンロードが可能ですので、本書の内容と合わせて読み進めることができます。

実践的なサンプルを通じて実力アップ!

本書はサンプルが充実! 図形を塗りつぶすような基本的なものから徐々にステップアップ、 画像や動画の配置、ドラッグアンドドロップへとレベルが上がり、応用編では、 分散ストレージにハイスコアを記録するシューティングゲームを作成します。 Silverlight2を初めて使われる方でも、本格的な作品の制作を目指すことができます。

1. Silverlight の概要

1-1 Silverlight って?

  • Silverlight のいいところ
    • コラム Linux でのSilverlight
  • Silverlight のバージョン
    • Silverlight 1.0
    • Silverlight 2
  • Silverlight 1.0とSilverlight 2 の違い

1-2 Silverlight の制作

  • Silverlight の制作に使えるツール
    • コラム Expression Studio
  • 他の技術との比較
    • Adobe Flashとの比較
    • Adobe Flexとの比較
    • Adobe AIRとの比較
    • Ajax アプリケーション(JavaScript+HTML+CSS)との比較
    • WPF アプリケーションとの比較
  • Silverlight に関するサイトやブログ

2. XAML の基礎

2-1 XAML の概要

  • XAML の位置づけ
  • XAML の役割
    •  コラム他にもあるユーザーインターフェースを作るマークアップ言語

2-2 XAMLファイルの中身

  • Page.xaml
  • 名前空間

2-3 XAML の書き方

  • 書き方のルール
    • タグ(ノード、クラス)と属性(アトリビュート、プロパティ)
    • プロパティ要素構文
    • XAML コンテンツプロパティ
    • 重なり順について
    • コメント
  • XAML で使用できるタグ
    • Canvas
    • Grid
    • Rectangle, Ellipse
    • Line, Path
    • その他の種類のタグ
  • XAML 制作のポイント
    • x:Name 属性
    • イベント

3. C# 基礎の基礎

3-1 この章を読むにあたって

  • C# って?
  • Silverlight 2とC#

3-2 C#プログラミングの基礎

  • C# の基本書式
  • 変数と型(かた)
  • 演算子
  • 制御構文
  • クラスと名前空間
    • フィールド
    • プロパティ
    • メソッド

3-3 Silverlight 制作におけるC#

  • Page.xaml.cs
  • C#とXAML の関係
  • イベント

4. Silverlght はじめの一歩

4-1 Silverlight 2コンテンツを作り始める前に

  •  コラム Eclipse でSilverlight が開発できる?
  • 4-2 プロジェクトを作ってみる

    • プロジェクトの新規作成
      • 「Silverlight 1 サイト」と「Silverlight 2 アプリケーション」
      • プロジェクトと一緒に生成されるファイル群
      •  コラム Visual Studio でSilverlightプロジェクトを作成した場合
    • Expression Blend の画面
      • ワークスペース
      • デザインサーフェス
      • [組み合わせ]パネル
      • [プロジェクト]パネル
      • [プロパティ]パネル
      • [リソース]パネル
      • [結果]パネル
      • ツールボックス
      • アセットライブラリ
    • Expression Design 2 での作業
      • データのインポート
      • XAML のエクスポート
    • 書き出したXAML をBlend に読み込む
    • プロパティをパネルから操作する
    • XAML を直接修正する
    • ビルド・プレビューしてみる
    • エラーについて
      •  コラム公開時には消しておきたい開発用HTMLタグ
    • サーバへの配置方法
      •  コラム XAPファイルの正体

    5. サンプルで学ぶSilverlght 基礎編

    5-1 ブラシ、ストローク、クリッピング

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • 図形を塗りつぶす
      • Fillプロパティを使った塗りつぶし
      •  コラム色の指定
      • ブラシを使ったグラデーション
      •  コラム画像や映像をブラシとして使う
    • 図形の枠線を描く
      • Stroke オブジェクトで線を描く
    • 図形を切り抜く
      • Clipプロパティを使って切り抜く

    5-2 コントロールとVisual State Manager

    • 標準で使える主なUI コントロール
    • 主なレイアウトコントロール
    • 追加DLL で使用可能なコントロール
    • Button の外見をVisual State Manager でカスタマイズ
      • Visual State Managerとは?
      • 既存のButton コントロールを変更する

    5-3 アニメーション

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • Storyboard を使ってみる
      • Canvas を配置し、画像を配置する
      • 平行移動のアニメーション
      • 回転のアニメーション
      • 拡大縮小、傾斜のアニメーション
      • C# からStoryboad.Begin() メソッドを呼び出す

    5-4 文字

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • TextBlock を使ってみる
      • Textプロパティ
      • コンテンツプロパティ
      • 文字の埋め込み
    • TextBox を使ってみる
    • Glyphs を使ってみる
      •  コラム文字(フォント)データの埋め込みと権利問題
      •  コラムパスワードを入力させたいときに使うPasswordBox コントロール

    5-5 日付・時間の処理

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • DateTime を使ってみる
    • DispatcherTimerクラスを使ってみる
    • 日付・日時を使ったサンプル
      • Page.xaml の処理
      • C# の処理

    5-6 画像

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • Image コントロールで画像を配置する
      • 読み込めるビットマップデータ
      • 配置方法
      • Stretchプロパティ
      •  コラム ImageBrush について

    5-7 動画

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • MediaElement コントロールの特徴
    • 動画を扱うサンプル
      • Expression Encoder でWMVファイルを作る
    • MediaElement コントロールを使ってみる
      •  コラム VideoBrush について
      •  コラム Silverlight をフルスクリーンで表示する

    5-8 外部テキストデータ・XML データの読み込み

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • 外部テキストデータ・XML データの読み込みを使ったサンプル
    • Page.xaml の処理
    • Page.xaml.cs での名前空間の定義
    • WebClientクラスの処理
      •  コラムクロスドメインポリシーファイルについて

    5-9 Silverlghtコンテンツのプリロード処理

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • スプラッシュ表示のカスタマイズ
      • Load.xaml
      • 本体HTMLファイルの編集
      • JavaScript での処理
      •  コラム Silverlight.js について

    5-10 分散ストレージ

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • 分散ストレージを使ったサンプル
      • 名前空間の定義
      • 表示カウント数の読み込み
      • 表示カウント数の保存
      •  コラム分散ストレージのユーザー保存領域サイズ

    5-11 ドラッグアンドドロップ

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • ドラッグアンドドロップ機能を使ったサンプル
      • マウスイベントの登録
      • メソッドの処理を記述

    5-12 InkPresenterコントロールの使い方

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • InkPresenter コントロールを使ったサンプル
      • InkPresenter の配置
      • コードビハインドコードの編集
      •  コラムマウスイベントに反応しないオブジェクトにする

    5-13 バインディング

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • データバインディングを使ってみる
      • バインディングソースのクラスを作る
      • バインディングを設定する
      • サイズに合わせてテキストを表示する

    5-14 Deep Zoom

    • サンプルの概要と機能のポイント
      • ポイントとなる機能
    • Deep Zoom でサンプルを作ってみる
      • Deep Zoom Composer でプロジェクトを作成する
      • プロジェクトにデザインを適用する
      •  コラム Flash でDeep Zoom !?
      • プロジェクトをVisual Studio で編集する
      • ボタンのクリックによる操作を加える
      •  コラム Visual Studio 2008 でデバッグする

    6. サンプルで学ぶSilverlght 応用編

    6-1 API やHTMLとの連動

    • サンプルの概要
    • Silverlght でマッシュアップコンテンツを作る
      • XAML の用意
      • HTML 上にSilverlght コンテンツを表示する
      • HTMLとSilverlght 2との連動
      • XML の解析
      • ジェネリックの使い方
      • 写真を動的に取得しImege コントロールに配置する
      • ハイパーリンクの作り方

    6-2 シューティングゲームの作り方

    • サンプルの概要
    • Silverlght でシューティングゲームを作る
      • XAML の用意
      • 新しいXAMLファイルを作ってコントロールを作成する
      • ランダム性を出す方法
      • 重なり順の更新方法
      • XAML ではなくC# でストーリーボードを作成する方法
      • キーボードイベントの処理
      • C# のイベントを使った構築法
      • 効果音の設定
      • 衝突判定
      • 分散ストレージにハイスコアを保存する

    6-3 Deep Zoom を使ったアプリケーション

    • サンプルの概要
    • Deep Zoom を使ったアプリケーション
      • Deep Zoom Composer でタグ情報を入力する
      • プロジェクトの準備
      • ControlPanelクラスの作成
      • MultiScaleImageHelperクラスの作成
      •  コラム MultiScaleImageHelperクラスのUseSpringsプロパティとViewportOrigin、ViewportWidthプロパティの関係
      • イメージの位置を移動する
      • 限界値を設定してイメージにズームイン/アウトする
      • アニメーションでサブイメージを表示する
      • アニメーションでサブイメージを非表示にする
      • サブイメージをタイル状に配置する
      • サブイメージをライン状に配置する
      • フィルターで絞り込む
      • Pageクラスの実装

    画像をクリックすると拡大表示いたします。

    WebデザインのためのSilverlight2

    Silverlight2テクニックバイブル

    3,672円(税込)/B5変型/320ページ/2009年2月2日

    販売終了


    関連商品

    イメージ:Webデザイン

    Webデザイン

    ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック2

    イメージ:Webプログラミング

    Webプログラミング

    ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック5

    イメージ:フォントスタイルブック2009

    フォントスタイルブック2009

    DTP&Webデザイナーのための書体見本帳

    Design Log

    WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

    CGWORLD.JP

    WORKS_TW

    CGWJP_TW

    CGKENTEI