ゲームの画づくりに特化した珠玉のメイキングブック!

ゲームグラフィックス2009

国内唯一のゲームCG制作メイキング本、2009年度版が登場! CGWORLDのゲームグラフィックス関連の連載や特集をあますところなく結集し、各社オリジナルの制作ノウハウをふんだんに味わっていただけるようになっています。さらに今年は、CGWORLD誌面の都合で掲載できなかった内容も一部追加収録しているので、1つのタイトルに対してより深く知ることが可能です。

定価 3,024円(税込)
判型 A4変型
総ページ数 104
発売日 2009年9月1日
ISBN 978-4-86267-067-0

イメージ:ゲームグラフィックス2009

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正
ゲーム業界の1年が丸わかり

2008〜2009年のタイトル、技術トピックを総ざらい

昨年度から、今世代機のゲーム開発者にとって必携の年次本として新たなるスタートを切った本書。ゲームのCG制作メイキングと技術情報をお届けするコンセプトはそのままに、2008年から2009年にかけてリリースされた国内外のゲームタイトルのメイキング記事を多数収録しました。

2009年度版では、巻頭特集にPS3タイトル『機動戦士ガンダム戦記』を擁し、セルと3Dが融合した新感覚のビジュアルを実現するに至った、さまざまな工夫を凝らした制作手法を裏の裏まで解き明かしています。

さらに特別企画として、3Dグラフィックの技術解説の権威・西川善司氏による技術トピックのまとめ記事を、ハードウェア・ソフトウェア別に展開。デザイナーには少々とっつきにくい部分ではありますが、わかりやすくコンパクトにまとめているので非常に理解しやすい内容になっています。


※画像をクリックすると拡大表示します

巻頭特集『機動戦士ガンダム戦記』

ガンダムTV放映30周年を記念してPS3向けにリリースされた本作のCGメイキングを、キャラクター、ステージマップ、エフェクトなどの観点から10pの特大ボリュームでお届け。


※画像をクリックすると拡大表示します

国内タイトル『天誅4』

通常のCGWORLD連載と背景制作に特化した特別記事に加え、連載で紹介しきれなかったメイキング記事をプラスアルファとして収録。


※画像をクリックすると拡大表示します

海外タイトル『KILLZONE 2』

日本とは異なるアプローチで開発されている海外タイトル。なかでも高品位なビジュアル表現で呼び声の高いものを集めている。


※画像をクリックすると拡大表示します

西川善司の3Dテクノロジー・クロニクル2009

ハイブリッドプロセッサ「Larrabee」や、Deferred Shading(遅延シェーディング)など、今知っておくべき技術情報をまとめている。

目次
  • 特集 機動戦士ガンダム戦記
  • Chapter1 日本ゲームタイトル 3Dグラフィックス制作メイキング
  • Chapter2 海外ゲームタイトル 3Dグラフィックス制作メイキング
  • 特別企画 西川善司の3Dテクノロジークロニクル2009
特集

機動戦士ガンダム戦記

  • プリプロダクション・ムービー
  • キャラクターモデリング
  • メカモデリング
  • キャラクターアニメーション
  • ステージマップ
  • ツール・エフェクト


巻頭特集『機動戦士ガンダム戦記』

Chapter 1

日本ゲームタイトル 3Dグラフィックス制作メイキング

  • SIREN: New Translation
  • AFRIKA
  • AFRIKA / EXTENDED
  • ソウルキャリバー4
  • ソウルキャリバー Broken Destiny
  • 天誅4
  • 天誅4 / EXTENDED
  • NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム
  • 龍が如く3
  • 龍が如く3 / EXTENDED
  • プロ野球スピリッツ6
  • 戦国BASARA バトルヒーローズ
  • アーマード・コア シリーズ


国内タイトル『天誅4』

Chapter 2

海外ゲームタイトル 3Dグラフィックス制作メイキング

  • プリンス・オブ・ペルシャ
  • ミラーズエッジ
  • リトルビッグプラネット
  • Fallout 3
  • KILLZONE 2
  • KILLZONE 2 / EXTENDED


海外タイトル『KILLZONE 2』

特別企画

西川善司の3Dテクノロジークロニクル2009

ハードウェア編

  • 2008年から2009年までのGPU動向
  • ハイブリッドプロセッサ「Larrabee」
  • DirectX 11のアウトライン
  • GPGPUとはなにか

ソフトウェア編

  • 最新3Dゲームグラフィックス事情
  • Deferred Shading(遅延シェーディング)
  • プロシージャル技術の活用
  • 物理シミュレーションとノンリニア破壊


物理シミュレーションとノンリニア破壊

画像をクリックすると拡大表示いたします。

ゲームの画づくりに特化した珠玉のメイキングブック!

ゲームグラフィックス2009

3,024円(税込)/A4変型/104ページ/2009年9月1日

販売終了