ウェブ配色 決める!チカラ 問題を解決する色彩とコミュニケーション

Web制作に特化した、発注者・デザイナー必読!!の色彩とコミュニケーションに関する専門書籍。正しい知識とスムーズなコミュニケーションによって、クライアントと制作会社あるいは社内のディレクターやデザイナーのイメージのずれをなくすこと、不要な作業や手戻りを防ぐことを目標に、ウェブ配色の第一人者の坂本邦夫氏がお答えします。

★刊行記念イベント東京・大阪・名古屋で開催決定★
★矢野りんさんとの巻末対談(PDF版)公開★

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ボーンデジタルが直接販売、発送いたします。

定価 2,484円(税込)
判型 A5正寸
総ページ数 224
発売日 2013年2月13日
ISBN 978-4-86267-139-4
著者 坂本邦夫
付録 巻末対談「好みに左右されないコミュニケーションって大事!」PDF版無償ダウンロード

イメージ:ウェブ配色 決める!チカラ 問題を解決する色彩とコミュニケーション

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

配色に関する問題の大半はコミュニケーションにある!

Webデザインの制作プロセスにおいて、「センス」と絡めて語られがちな色ですが、正しい知識をもって「決める」ことが問題を解決する上で重要となります。しかし、これまでの配色や色彩設計の類書は、「セオリー」か「配色カタログ」に言及しているものがほとんどでした。本書は、配色を決定するために必要な正しい知識とコミュニケーションのあり方を、豊富な図版を交えて解説します。著者は、ウェブ配色の第一人者として、書籍執筆や講演を精力的に手がける坂本邦夫氏!

 ※ウェブ配色 決める!チカラ 公式Facebookページ(ぜひ、いいね!してください)

個人の主観による色の決定にまつわるトラブルは頻繁に起こりますが、実はその多くの場合は、デザイナーが手を動かし始める以前のコミュニケーション不足によるもの。抽象的な言葉によるやりとりでは、クライアントの持つイメージも引き出せませんし、デザイナーは勘に頼ったデザインをすることになります。ページの各部がどのような目的を持って、何を見せるためにどの色を使うのか、それをセンスでそれを行う人もいますが、それだけではクライアントへの説得材料にはなりません。多くのクライアントはデザインのプロでも色のプロでもなく、よいものを無条件に受け入れてくれるとは限らないからです。そこに、デザイナーとクライアント側発注者の悩みがあります。

センスに頼らず解決策に導く、逆引きハンドブック

本書は、Web サイトの配色テクニックやコミュニケーション術について、「知識編」「実践編」「応用編」の3つのパートで整理します。セオリーとなる知識はもちろんのこと、配色の「決め方」「決めたことの運用の仕方」について、著者の豊富な経験をまとめました。最初から順に読み進めても、困ったことから逆引きで調べることもできる内容となっています。


巻末対談(PDF)を無償公開しています!

本書の巻末対談として収録している「坂本邦夫 ✕ 矢野りん 好みに左右されないコミュニケーションって大事!」のPDF版を無償公開しています。本書の狙いやコンセプトについて語っていますので、データダウンロードページからダウンロード(パスワード不要)してごらんください。


知識編:色彩の基本。色がWeb サイトに果たす役割。配慮のポイントについて。

実践編:クライアントとのコミュニケーションについて。色の分量と配置などデザインの基礎。

応用編:配色に関するトラブルの対処方法。サイトの種類別・目的別に見た配色のポイント。

巻末対談:坂本邦夫 ✕ 矢野りん。テーマ「好みに左右されないコミュニケーションって大事!」


知識編 1

Web制作のための色彩の基礎知識

  • 色を扱うための基礎知識を知りたい
  • 配色バランスの基礎を覚えたい
  • よく使われる配色テクニックを覚えたい
  • 色を数値で表現する方法を知りたい
  • 色がもたらす心理的効果を知りたい
  • 色の面積による印象の違いを知りたい
  • 【コラム】配色のコミュニケーションに役立つアプリ

知識編 2

Webデザインにおける色彩の役割を知る

  • 美しい配色にしたい
  • 使いやすいWebサイトにしたい
  • 色でサイトを印象に残したい

実践編 1

ビジュアルデザインの前に話をしておくべきこと

  • 閲覧環境の事前確認をきっちりしておきたい
  • 色の感じ方の個人差をなくしたい
  • 色に関するルールの有無を確認しておきたい
  • 配色の基本方針を確認しておく
  • 競合サイトと色で差別化したい
  • 打ち合わせでのコミュニケーション
  • 色に関する工数を減らしたい
  • 【コラム】競合サイトの色を図で示す

実践編 2

情報を組み立てて、色彩を設計する

  • リニューアル時の配色テクニックを知りたい
  • さまざまな手がかりを元に色を決める
  • キーカラーを基に配色をまとめたい
  • スムーズにデザインできるように準備したい
  • 【コラム】2つの色空間 sRGBとAdobeRGBについて(1)

実践編 3

色彩を配置する

  • デバイスによって色を変えるべき?
  • 背景色・背景画像をうまく使いたい
  • 大切な情報を見せるためには?
  • テキストを読ませるための配色とは?
  • テキストリンクの色はどうすればいい?
  • ボタンの色は目立たせればいい?
  • 写真をしっかりと見せたい
  • 色の最終調整のポイントを知りたい
  • 【コラム】2つの色空間 sRGBとAdobeRGBについて(2)

応用編 1

コミュニケーションで悩んだ時の説得術

  • 特定の色を使いたいと希望されたら?
  • クライアントと色に関する意見が分かれた
  • 寂しいから色を増やしたいと言われた場合
  • 複数の色彩案を求められた時
  • 矛盾したリクエストにはどう対応する?
  • 統一されていない色を統一させる

応用編 2

場面別・色の選択で悩んだ時

  • 配色がすっきりとまとまらない時
  • SNSの写真で色を使ってアピールしたい
  • スマートフォンサイトの配色
  • 【コラム】Web以外の用途のために色を変換する

応用編 3

色のさまざまなトラブルに対応する

  • 同じ色を使っているのに色が違って見える
  • 一度承認された色を変更したいと言われた
  • 更新時の色の破綻を防ぐ
  • 【コラム】色の打ち合わせに同行させたい本

応用編 4

誰もが使えるアクセシブルな配色を目指す

  • 人間の多様な色覚を考慮する
  • WebコンテンツJISでの色の規定を知りたい
  • 【コラム】Webサイトなら色は簡単に変えられる?

応用編 5

Webサイトの種類別の配色術

  • ビジネスブログの配色
  • ネットショップの配色
  • Webサービスの配色
  • エコロジーと環境に配慮したWebサイト
  • テキスト中心のニュースサイト
  • 住宅・不動産のWebサイト
  • 医療機関・薬局のWebサイト
  • 士業・コンサルタントのWebサイト
  • 高齢者向けのサービスのWebサイト
  • 自治体・公共機関・地域限定のサービス
  • 【コラム】Webサイトなら色は簡単に変えられる?

巻末対談

  • 坂本邦夫 ✕ 矢野りん「好みに左右されないコミュニケーションって大事!」

画像をクリックすると拡大表示いたします。

ウェブ配色 決める!チカラ 問題を解決する色彩とコミュニケーション

2,484円(税込)/A5正寸/224ページ/2013年2月13日

カートに入れる

関連商品

イメージ:IAシンキング

IAシンキング

Web制作者・担当者のためのIA思考術

イメージ:失敗しないWeb制作

失敗しないWeb制作

プロジェクト監理のタテマエと実践

イメージ:WEBデザインメソッド

WEBデザインメソッド

伝わるコンテンツのための理論と実践

イメージ:Webディレクション 第2版

Webディレクション 第2版

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI