Adobe DPSをビジネス活用--iPad、iPhone、Android 対応

Adobe Digital Publishing Suite、略して「DPS」。電子書籍元年と言われて2年、デバイス、コンテンツ、サービス、システムなど、それぞれの企業が参入したことで電子出版の業界は加速度的に進化をし、使い勝手を求めデバイスサイズが縮小し、同様のコンテンツが精度を高めながら円高傾向で無料のアプリケーションが増え、データ形式が不安定だとデバイスもリーダーも複数必要になるという現実を前にサービスが統合されてきました。 DPSはそうした凄まじい業界変化になぜ耐えたのでしょう? 国内・外ともに事例が増えたので本書では難しい話を抜きに、DPSの特性を踏まえながら利用を選択する人が多い理由を解説します。

定価 2,160円(税込)
判型 A4変形判/オールカラー
発売日 2013年4月16日
ISBN 978-4-86267-137-0
著者 樋口泰行

イメージ:Adobe DPSをビジネス活用--iPad、iPhone、Android 対応

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

DPSのカユイところに手が届く本です!

本書は5章で構成しています。

■chapter 1 DPSを活用した日本発の電子出版事例
まずは国内でDPSを活用している事例の紹介からスタートです。
サービス開始後、早期に刊行した同著者による「InDesignで作る電子書籍」では、DPSのオペレーティングによるアプリ制作の方法を中心に解説しています。
こちらを読んでくださった方などが、ご自身の事業と組み合わせることで何ができるかを考え実践した形、実際のDPSのアプリについて制作の背景から教えてくれます。
同じソリューションでも、アイデアは使う人からしか発想できないんですよね。

■chapter 2 DPSを始めるための基礎知識
もう一度オペレーティングについてもおさらいします。やはり業界の速度とともにDPSのサービスも変化し続けています。
また、DPSでアプリを制作するInDesignもCS6(Creative Cloud)へ。そんな状況変化があるので現状をお伝えし、
読者のみなさんが何を目的に電子出版を行いたいのか、それにDPSが料金体系ともに見合うのかなど考えていただければと思います。
さらに、英語の内容でまったく前に進めない! と悩んでおられたDPSアプリをApp Storeへ申請したいと願っていた方へ朗報です。
本書ではその申請方法もルートガイド付きで丁寧に解説します。

■chapter 3 DPSを活用したビジネス展開プラン
chapter 2に絡んだ内容ですが、「DPS」と「ビジネス」をキーワードにしたときに可能性として考えられる活用方法をご紹介します。
つまるところDPSのメリット紹介となりますが、この内容をヒントにみなさんのお仕事などにつながれば幸いと思います。

■chapter 4 iPad・iPhone向けレイアウトデザインガイド
こちらもchapter 2に関係する内容ですが、すでに利用されている事例です。
DPSの機能を知るだけでは今ひとつアイデアにつながらないという方。
この章では、同じ機能でも使い方でこんなに面白く使いこなせるのかということをお伝えします。

■chapter 5 DPSを利用した事例・アプリカタログ
DPSは電子書籍としての形状の特徴はありますが、InDesignから書き出されたものは電子書籍のデータ形式ではなく、アプリケーションです。
そのため、書き出された後ではどれがDPSによるコンテンツなのかがわかりません。
そこで、著者がこれまで執筆のために蓄積してきた事例、セミナーなどでお知り合いになり紹介いただいた事例をまとめて紹介。
chapter 4と併せて、活用事例として制作時の参考にしていただけると嬉しいです。

chapter 1

DPSを活用した日本発の電子出版事例

  • リア充ごはん/内田悟の月刊やさい塾/鉄道完全解明2012/星海社朗読館/大阪総合デザイン専門学校
chapter 2

DPSを始めるための基礎知識

  • DPSでコンテンツ制作・検証を行うために必要なハードウェア環境
  • DPSの機能を利用するために必要なソフトウェア環境
  • インタラクティブコンテンツの制作とFolio作成に必要な各種パネル
  • Folioの作成からアップロード、共有を行うDPS専用Webサービス
  • グループ内での共有とアプリによる配信DPSの2つの可能性
  • 無償で使えるクラウドを活用したグループ内でのコンテンツ利用
  • DPSでアプリ化を行う際に必要なエディションのラインナップ
  • DPSで制作可能な2種類のアプリシングルフォリオとマルチフォリオの違い
  • マルチフォリオ形式のアプリを採用した配信・販売スタイル
  • iOSデベロッパー登録と証明書作成、iPadアプリの申請までの手順
chapter 3

DPSを活用したビジネス展開プラン

  • 紙媒体の定期刊行物をiPadアプリ化して配信・販売
  • インタラクティブ機能によって学習力が向上する対話型教材
  • 写真やイラストに音声や動きを加えより魅力的なコンテンツに
  • アート作品やイベント会場の臨場感を伝える情報満載のコンテンツを配信
  • 施設や観光地などターゲットを深く知るためのガイド
  • アーティストや芸術作品への見識を深めるデジタルパンフレット
  • 顧客と対話しながら提案可能なプレゼンツールとして活用
  • セレクトショップの商品ガイドや製品プロモーションとして活用
chapter 4

iPad・iPhone向けレイアウトデザインガイド

  • タブレットに合わせたページレイアウト設計
  • Folioのナビゲーションを行いやすくするインターフェイスデザイン
  • スクロールで隠れている部分を発見しながら読む長尺ページ
  • 読者に機能を伝えるアイコンとアプリの操作ガイドページ
  • マルチステートとボタン機能を使ったコンテンツの切り替え
  • 複数のマルチステートを組み合わせてコンテンツを大きく変容させる表現
  • スライドショーを利用したインタラクティブな作品の見せ方
  • 商品の背面や詳細な一連の動作までを再現できる画像シーケンス
  • コンテンツの表示エリアを拡張するスクロール可能フレーム、パンとズーム
  • オフラインでも再生可能なムービーとオーディオのコントロール
  • 一瞬を切り取った空間にいるような体験が得られるパノラマ機能
  • 最新情報の提供に加え、インタラクティブ機能が追加できるWebコンテンツ
chapter 5

DPSを利用した事例・アプリカタログ

  • VOGUE JAPAN Special/GQ JAPAN Special/TAP-i/ファーロ/ヒュッテ/イチ押しヨーガクMAGAPP/eTech 日本語版/言葉のデザイン 2010 オンスクリーン・タイポグラフィを考える/Magazine-JP/神田外語大学2013年度版大学案内デジタル版/Sony Music Studios Tokyo Guidebook/CROSS HAIR/Mitsubishi Real Estate's high-quality rental apartments in Shinjuku/ADOCK/こねこのタケシ南極だいぼうけん/えほんや アプリ/ゴルフの教科書 スイングの基本/Marines Magazine/Guitarist Magazine/Adobe Inspire/The New Yorker Magazine/How to Draw & Paint: Using Photoshop for Digital Art/DONE magazine/Lancia Hellas/"Love" the Movie: Behind the Scenes/TokTok English/Animation Moving Samples 1/NASA Earth As Art

画像をクリックすると拡大表示いたします。

Adobe DPSをビジネス活用--iPad、iPhone、Android 対応

2,160円(税込)/A4変形判/オールカラー/2013年4月16日

販売終了