CGWORLD 2005年4月号 Vol.80

第1特集

『ローレライ』のあのシーンも!
極上シーン作りのキモ

第2特集

HD対応入出力ボード、HDVカメラ、合成ソフト
HD元年! フォーマットと制作現場の新常識

定価 1,341円(税込)
判型 A4変型
発売日 2005年2月28日

イメージ:CGWORLD 2005年4月号 Vol.80

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

『ローレライ』のあのシーンも!
極上シーン作りのキモ


映像作品のシーンにおいて、登場人物と同様に重要となる背景。
世界観を象徴するという意味では、その重要度は計り知れない。
CGでの制作を求められた際に、どう作り上げるべきか?
シーン作りのキモである背景術をさまざまなシチュエーションごとに紹介!
話題の映画『ローレライ』におけるシーン構築術も!!

コンテンツ(敬称略)
Scene 01 荘厳なたたずまいの日本の寺(川岡七郎/LW)
Scene 02 ノスタルジー漂う路地裏の駄菓子屋(HAL_/Shade)
Scene 03 壮大に広がる西洋の街並(羽田宗春/LW)
Scene 04 木漏れ日に照らされた公園のベンチ(深水隆)
Scene 05 もやに包まれた海に浮かぶ不思議な島(中川佳子/XSI)
Scene 06 地を震わす火山の大噴火(林田宏之/Maya)
Scene 07 10億光年先の世界 星雲を望む惑星(堀正二郎/LW)
Special Interview 『ローレライ』に見るCGシーン作りのキモ
Soft Collection シーン作成を手助けするお手軽景観ソフト


第2特集

HD対応入出力ボード、HDVカメラ、合成ソフト
HD元年! フォーマットと制作現場の新常識


BSデジタルや地上デジタル放送も相まって、最近よく耳にするHD。CG制作現場は今まさにHDへの移行期にある。SDとくらべHDは制作現場にどのような影響をもたらすのか? 業界関係者へのインタビューやプレビュー機の状況とともに紐解いていく。

コンテンツ
・HDとはどういうものか?
・業務仕様を追求したHDVカムコーダー HVR-Z1J
・業界はHDをどのように捉えているのか? 関係者インタビュー
・HD世代のCGプレビュー


イレギュラー



速報! 3ds max 7.5 発表
業界注目のアップグレードバージョン。そのポイントを紹介します。
これまで弱いと見られていたシミュレーション関係の強化に加え、ディスクリートならではのビジュアライゼーション機能の追加!
3ds maxユーザーには朗報です!

徹底検証! Maya 6.5
ユーザーの使い勝手を追及したMayaの最新バージョンの新機能を徹底検証!
ポリゴンモデリングの強化、アニメーション機能の強化、mental rayなど、各項目ごとの実作業での有用性は調査します。Maya 6.5の実力派いかに?

完全な変形&合体メカをCGで作る! 河森監督最新作『創聖のアクエリオン』
4月よりテレビ東京系にて放映がスタートするTVアニメーション『創聖のアクエリオン』。『合体』をテーマに、物語の中心にロボットを置いたという本作品はどんな物語なのか。日本屈指の変形クリエイター・河森正治監督とスタッフが挑む「完全なる変形&合体を行なうロボットアニメーション」がベールを脱ぐ!

HOT! ニュースタイルソフト
既存のCGソフトの枠を超えた、新進のソフトを紹介していく短期集中連載の第1回は「ZBrush2」。
ブラシを使った画期的なモデリング手法を採っているZBrushは、CGソフトと組み合わせて使うことで今まで以上のクオリティを実現し、使い勝手のよいモデルを手軽に作り出すことができる。


レギュラー



アミューズメント映像探検隊
「ランブルローズ」
徹底的にこだわったプロレスの動きに加え、美少女キャラクターならではの細かい演出は必見。まさにこだわりの格闘ゲームと呼べる『ランブルローズ』の制作の裏側を大紹介。

絵コンテ描こうぜ!

パラダイムシフター
「ホアン・アンティン」
アルゼンチンの映画制作一家で産まれ育った同氏。日本でも公開された『火星人メルカーノ(原題:mercano el marcano)』を通じて、映画を作り出すことの意味を探っていく。

必殺テクスチャイリュージョン
「淡緑の水魚」
今回から3ds max 7での解説です。水魚の透明感ある質感を考慮したテクスチャ作成方法、mental rayを使用しての水の質感の詰め方など、見どころ満載。
人体II

The Finish Works

海外プロダクション訪問記
「MAYA ENTERTAINMENT」
優れたプログラマーが多く、PCの分野で注目の国インド。そのCG環境はどの程度のものだろうか? インドにて急成長を遂げたプロダクションにフォーカス、その実態を探ってみる。

至妙モデリングコンプリート
「獣人ミノタウロス」
頑強な肉体を誇る獣人ミノタウロスをローポリで作成。筋肉を意識したモデリング術、さらに首もと、手首などに生える毛をどうローポリで表現するか?

Technical Frontier
4次元関数BRDFを2次元や1次元の関数の積によって近似させる、BRDFの因数分解。
BRDFを分解することで、任意の反射特性を持った物体表面のレンダリングをハードウェア上で行なう目的とは異なるBRDFの活用方法を通して、BRDFの活躍の場が今後どのように広がっていくかを探る。

新・CGメイキングレベルアップ講座
4つのソフトごとに4人のCG作家たちが、同一テーマで作品を制作していく。
第6回目のテーマは「ピアノ」。
・『LightWave 3D』自然の中での静かな夜空の演奏会えおテーマにブランドピアノを作る
・『3ds Max』「ジャズの弾き語り」という設定で、動きと雰囲気のある絵を仕上げていく
・『SOTIMAGE|XSI 』骸骨を登場させて、怪しげでドラマ性に富んだピアノの雰囲気を演出
・『Maya』 従来のイメージにはない、自分だけのオリジナルピアノを作成

キャラに命を吹き込もう!
トスピード感あふれる「トリウマ」の空中ポーズ
今回は「トリウマ」など鳥系キャラクターの最後のまとめとして、その独特な動きを画像(動画)中心に紹介していく。

音霊-オトダマ-[最終回]
今回は、UPLINKのデジタルムービー・ワークショップに突撃!ゲストは新世代の映像クリエイター代表、西郡勲氏と喜田夏記氏。映像制作初期から最近までの作品を鑑賞しながら、両氏のバックグラウンドや映像への思い入れ、それぞれの映像に対する哲学などが力強く語られた。

CGWORLD 2005年4月号 Vol.80

1,341円(税込)/A4変型/2005年2月28日

販売終了


本誌連動ページ

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI