CGWORLD 2009年7月号 vol.131

第1特集

CGキャラクター誕生の秘録

第2特集

デジタルサイネージの作り方

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 128
発売日 2009年5月29日
雑誌コード 14213-07

イメージ:CGWORLD 2009年7月号 vol.131

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

CGキャラクター誕生の秘録


※画像クリックで拡大表示

様々なコンテンツで活躍する個性豊かなCGキャラクターたち。 デザイナーのイメージや2Dのデザイン画をCGで表現するには何が必要なのか?  本特集では人気のゲーム・アニメ作品を題材に、キャラクターの魅力を生み出すその制作スタイルや最新テクニックを紹介する。 現役スタッフによる制作の裏事情もこっそりお教えいたします。

歴史上の人物を大胆にアレンジ
『戦国BASARAバトルヒーローズ』

戦国時代を舞台に、強烈な個性を持つ武将たちが熱いバトルを繰り広げる『戦国BASARA』シリーズ。 2005年の第1作発売以来、TVアニメ、コミックなど多方面に展開し、昨今の歴史ブームの火付け役とも言える超人気作である。 今回は最新作のオープニングムービーを題材に、独特のキャラクターがどのように映像化されていったのか、その裏側を聞いた。

2Dアニメのキャラクター性をフルCGで表現
『フレッシュプリキュア!』

低年齢女児に絶大な人気を誇るアニメ『フレッシュプリキュア!』。 本作のエンディング映像はフルCGで制作されており、その高いクオリティが業界でも話題になっている。 手描きのアニメキャラが何故3D化されたのか、その経緯と制作の裏側を東映アニメーションのスタッフへのインタビューを通して紹介したい。


第2特集

デジタルサイネージの作り方


※画像クリックで拡大表示

デジタルサイネージと聞いて、何をイメージするだろうか。 映画ファンなら『マイノリティ・リポート』で描かれた近未来の街を思い出すかもしれない。 街中にサインディスプレイや3Dホログラムの広告が溢れ、 生活者の消費行動を予測した企業は、あの手この手でダイレクトな広告を打ってくる。 この姿は、スピルバーグ監督をはじめとした制作スタッフが、 テクノロジーや環境などの専門家を集めて現実的に予測した2054年の世界だった。 2009年現在、街頭のディスプレイたちは、世界中で増殖を続けている。 今後、クリエイションの大きなプラットフォームとなることが 予想されるデジタルサイネージの現場を取材した。

デジタルサイネージコンテンツ制作者に聞く(1)

日本ではデジタルサイネージコンテンツの多くがFlashベースで作成されている。クリエイターが多く手軽にコンテンツ制作ができるという点がその大きな理由だ。 デジタルサイネージコンテンツ制作で成功を収めている企業の取り組みとは!?


特別企画&連載記事

【新企画】Hot Stuff!

CG・映像業界のホットな話題をCGWORLDならではの視点で掘り下げた新企画「Hot Stuff!」 今回は、この6月にいよいよ公開となる「ターミネーター4」で採用された新たな技法や、日本でも正式リリースされた「Autodesk 3ds Max 2010」の新機能を取り上げる。


Movie:ターミネーター4
新開発されたリアリズムを求める技法の数々


SOFTWARE:Autodesk 3ds Max 2010
350以上の新機能が搭載された最新版の真価

【新連載】奇蹟のPhotoshop

本連載ではフォートンの手がけた作品から、Photoshopの技を紹介していく。 今回は林俊之さんが担当したビー・エム・ダブリュー(株)「ALL NEW MINI CONVERTIBLE デビュー!」の広告イメージ。 画像の組み合わせ、さらにマスクを用いて複数のエフェクトを重ねる…、静止画から動的なイメージを作り出すPhotoshopの技を細かく紹介していこう。

【新連載】デジタル・スカルプティング道

本連載では、ZBrushの人気に象徴されるとおり、昨今急速に普及しつつあるデジタル・スカルプトについて考えていく。 記念すべき最初のモチーフとして、男性モデルのスカルプティングについて、3回に分けて取り上げたい。 今回はポージングからベースのスカルプトまでを解説しよう。

Specials


  • Movie:映画『ターミネーター4』
  • COMMERCIAL:ヴィダルサスーンCM『ブルジョワ・ゴージャス篇』
  • SOFTWARE:Autodesk 3ds Max 2010
  • リニューアル記念特大プレゼント

連載


  • Cover Story
  • VFX Anatomy
  • 奇蹟のPhotoshop
  • EDITOR'S EYE
  • Advance
  • デジタル・スカルプティング道
  • 日本CGの軌跡
Cover Story
AOKI Studio


今月号でリニューアルしたCGWORLD。 表紙グラフィックも新たなプロダクションに参加してもらいつつ、今後も日本のCG・映像 業界に刺激を与えるアートワークを展開させていくのでぜひ期待してもらいたい。 記念すべきリニューアル号を担当してくれたのはAOKI Studio。 エッフェル塔が突如、植物のように動き出すというファンタジックな作品である。

INFORMATION


  • in FOCUS
  • クリ職(求人情報)
  • スクールイエローページ
  • INFORMATION CHANNEL
    HARDWARE/SOFTWARE/CINEMA/DVD/BOOK/LOUNGE
  • The Readers' Work
  • AD INDEX
  • 次号予告

第1特集

CGキャラクター誕生の秘録


※画像クリックで拡大表示

様々なコンテンツで活躍する個性豊かなCGキャラクターたち。 デザイナーのイメージや2Dのデザイン画をCGで表現するには何が必要なのか? 本特集では人気のゲーム・アニメ作品を題材に、キャラクターの魅力を生み出すその制作スタイルや最新テクニックを紹介する。 現役スタッフによる制作の裏事情もこっそりお教えいたします。

■□ CONTENTS □■


  • CASE 01:『戦国BASARA バトルヒーローズ』(PSP)
  • CASE 02:TVアニメ『フレッシュプリキュア!』
  • COLUMN 01:『ソウルキャリバー』シリーズのキャラクター制作法
  • CASE 03:TVアニメ『バスカッシュ!』
  • CASE 04:『アーマード・コア』シリーズ(PS3/Xbox 360 他)
  • COLUMN 02:CGキャラクター制作ウラ事情


第2特集

デジタルサイネージの作り方


※画像クリックで拡大表示

デジタルサイネージと聞いて、何をイメージするだろうか。 映画ファンなら『マイノリティ・リポート』で描かれた近未来の街を思い出すかもしれない。 街中にサインディスプレイや3Dホログラムの広告が溢れ、 生活者の消費行動を予測した企業は、あの手この手でダイレクトな広告を打ってくる。 この姿は、スピルバーグ監督をはじめとした制作スタッフが、 テクノロジーや環境などの専門家を集めて現実的に予測した2054年の世界だった。 2009年現在、街頭のディスプレイたちは、世界中で増殖を続けている。 今後、クリエイションの大きなプラットフォームとなることが 予想されるデジタルサイネージの現場を取材した。

■□ CONTENTS □■


  • Feature Topics
    • “動く”等身大パネルが登場している!? 住友スリーエムが開発した特殊フィルム「Vikuiti」って何だ?
    • 500台のディスプレイが街を占拠 街をメディアにした実験で広告の何が変わる?
    • 誰でもサイネージデザイナーに? スキルレスなコンテンツ制作を謳うASPサービスの正体とは?
    • 買ってもらう目線が大事 手に取らせるための理論「買い場研究」って何?
  • デジタルサイネージコンソーシアム 中村伊知哉理事長にインタビュー
    デジタルサイネージは、クリエイターの未来をどう変えるのか?
  • デジタルサイネージコンテンツ制作現場に聞く
    • FLASHベースの高い制作力で短納期+低価格を実現
    • 制作から配信まで一手に行うトータルソリューション「Scala」
  • 裸眼3D立体ディスプレイの実力
    道行く人を立ち止まらせることはできるか
  • ステレオ3Dディスプレイ
    技術革新が続く
  • 国内初、そして唯一の専門イベント
    「デジタルサイネージ ジャパン2009」


SPECIALS

  • Movie:映画『ターミネーター4』
  • COMMERCIAL:ヴィダルサスーンCM『ブルジョワ・ゴージャス篇』
  • SOFTWARE:Autodesk 3ds Max 2010
  • リニューアル記念特大プレゼント


Movie:ターミネーター4
新開発されたリアリズムを求める技法の数々


SOFTWARE:Autodesk 3ds Max 2010
350以上の新機能が搭載された最新版の真価


SERIAL

  • Cover Story
    “ Growing without you01”
  • VFX Anatomy
    映画『鴨川ホルモー』(シネグリーオ)
  • 奇蹟のPhotoshop
    ビー・エム・ダブリュー(株)
    「ALL NEW MINI CONVERTIBLE デビュー!」
  • EDITOR'S EYE
    • IMAX Digitalの日本上陸
    • ゲーム産業の新しい成長機会
  • Advance
    Wavelet Turbulence 第1回
  • デジタル・スカルプティング道
    侍(第1回)
  • 日本CGの軌跡
    アナログ時代のコンピュータ・アート
Cover Story


今月号でリニューアルしたCGWORLD。 表紙グラフィックも新たなプロダクションに参加してもらいつつ、今後も日本のCG・映像 業界に刺激を与えるアートワークを展開させていくのでぜひ期待してもらいたい。

奇蹟のPhotoshop


本連載ではフォートンの手がけた作品から、Photoshopの技を紹介していく。 今回は林俊之さんが担当したビー・エム・ダブリュー(株)「ALL NEW MINI CONVERTIBLE デビュー!」の広告イメージ。 画像の組み合わせ、さらにマスクを用いて複数のエフェクトを重ねる…、静止画から動的なイメージを作り出すPhotoshopの技を細かく紹介していこう。

Cover Story


本連載では、ZBrushの人気に象徴されるとおり、昨今急速に普及しつつあるデジタル・スカルプトについて考えていく。 記念すべき最初のモチーフとして、男性モデルのスカルプティングについて、3回に分けて取り上げたい。 今回はポージングからベースのスカルプトまでを解説しよう。


INFORMATION

  • in Focus
  • クリ職(求人情報)
  • スクールイエローページ
  • INFORMATION CHANNEL
    HARDWARE/SOFTWARE/CINEMA/DVD/BOOK/LOUNGE
  • The Readers' Work
  • AD INDEX
  • 次号予告

画像をクリックすると拡大表示いたします。

CGWORLD 2009年7月号 vol.131

1,512円(税込)/A4ワイド/128ページ/2009年5月29日

販売終了


本誌連動ページ

  • 定期購読のお申し込み 送料無料、特別価格時の差額なし、定期購読者限定特典あり、お得な定期購読のお申し込みはこちらから。
  • バックナンバー一覧 CGWORLDのバックナンバーを一覧でご覧いただけます
  • CGWORLD@WEB プレゼントが当たるアンケートや、本誌連動データのダウンロードが行えます。

関連商品

イメージ:CGWORLD 2009年4月号 vol.128

CGWORLD 2009年4月号 vol.128

少人数で打ち克つ

イメージ:CGWORLD 2008年5月号 vol.117

CGWORLD 2008年5月号 vol.117

海外に学ぶコンポジット作法

イメージ:ヒューマンCGキャラクター

ヒューマンCGキャラクター

CGWORLDアーカイブス

イメージ:映像系Photoshop

映像系Photoshop

CGテクスチャ・合成映像のための画像編集テクニック集

イメージ:CGWORLD 2008年2月号 vol.114

CGWORLD 2008年2月号 vol.114

背景制作スタンダード

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI