CGWORLD 2014年3月号 vol.187

第1特集

アニメ『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』

第2特集

OpenSubdivが切り拓く未来

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 152
発売日 2014年2月10日

イメージ:CGWORLD 2014年3月号 vol.187

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

アニメ『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』


※画像クリックで拡大表示

日本独自の作画ライクなアニメーションを3DCGで表現する「アニメCG」の第一人者サンジゲンが元請けとしてTVシリーズを描いた注目作『蒼き鋼のアルペジオ ̶ アルス・ノヴァ̶ 』。限られた制作期間や予算のなかで1クール全12話の物量をつくり上げるための試行錯誤や画づくりのコツとは?豊富なメイキング素材と共に現場スタッフが語る。

  • 『アルペジオ』に続くサンジゲンの歩み
  • 制作のながれ
  • キャラクターモデル
  • アニメーション
  • 質感の表現
  • 艦船これくしょん
  • 撮影ワークス

キャラクターモデル

本作の大きな魅力のひとつは、なんといってもキャラクター表現だろう。原作の魅力を損なうことなくキャラクターを3DCGで再現するポイントを探っていこう。

アニメーション

3DCGを用いて作画のようなアニメーションを描いた本作。作画ライクに寄せるだけでなく、キャラクターひとりひとりを大切にし、演技や表現の細部にいたるまでこだわられた。妥協なきサンジゲンの源泉を覗いてみよう。

艦船これくしょん

特集の残りページも後わずか。そろそろメカを欲しているのではないだろうか。ここでは艦船モデルの移り変わり、バイナルパターンの生成、そして変形機構の3本をお届けしよう。

第2特集

OpenSubdivが切り拓く未来

SIGGRAPH 2012にてオープンソース化が発表されて以来、注目が集まっているPixarのサブディビジョンサーフェス技術「OpenSubdiv」。Pixar手島孝人氏による詳細な解説と、続々と対応が発表されるDCCツールでの機能検証を通して、その可能性を探る。

  • What's OpenSubdiv?
    Pixarが培ってきたサブディビジョンサーフェス技術とOpenSubdiv
  • OpenSubdiv on Tools
    DCCツール対応例 Houdini 13
  • Column
    OpenSubdivのねらいは?
    ~ゲームグラフィックスにOpenSubdivは何をもたらすのか~

What's OpenSubdiv?
Pixarが培ってきたサブディビジョンサーフェス技術とOpenSubdiv

「OpenSubdiv」をご存じだろうか。OpenSubdivはPixarによるオープンソースのサブディビジョンサーフェスライブラリである。 2012年、SIGGRAPHでの発表と共に大きな注目を集め、すでにいくつかのDCCツールが対応を始めたほか、PixarのR&Dだけでなく世界中のCGツール開発者たちが参加して今も活発に開発が続けられている。

  • OpenSubdiv on Tools
    DCCツール対応例 Houdini 13
  • オープンソース化され誰でもその技術を採り入れられるようになったOpenSubdiv。多くのDCCツールベンダーでも続々と対応が発表されている。中でもいち早くOpenSubdivに対応したHoudini 13の機能を紹介していこう。

    特別企画&連載記事

    Cover Story


    • 『蒼き鋼、その後。』

    HOT STUFF


    • NANOGRAPHICA 3Dプロジェクションマッピング
    • LINE フィッシュアイランド
    • MakerBot Digitizer
    • After Effectsプラグイン 「PSOFT CelMX」

    LINE フィッシュアイランド

    近年、スマホ向け3Dゲームタイトルの開発が日本でも増えつつある。そうした中、NHN PlayArtにおいてもこれまで培ってきたPC向けオンラインゲーム開発などのノウハウを活かすかたちで、LINEゲームを軸に据えた3Dスマホゲームの開発に力を注ぎはじめた。

    MakerBot Digitizer

    昨年11月に国内販売が開始された「MakerBot Digitizer」は、近年増えている卓上型3Dプリンタとの併用に適した、卓上サイズの3Dスキャナだ。本稿ではタイプの異なる3つの対象物をスキャンし、ZBrush上での編集から立体出力までの実践的な検証を通して、その実力を探る。

    短期連載


    • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』 第2回:キャラクター開発
    • 『シドニアの騎士』ができるまで 第2回:メカデザイン

    SERIAL


    • Game Graphics Studio
    • アニメCGの現場
    • JET STUDIO Tool Factory
    • Softimage ICE Garden
    • Houdini Cook Book
    • 画龍点晴
    • アニメーションスタイル
    • アニメ作画School
    • 海外で働く日本人アーティスト
    Game Graphics Studio

    『Eden to Green』

    iOSやAndroidに代表されるモバイルプラットフォームは、急激な進化の最中にある。近年ではシェーダグラフィックスの描画も可能となり、本格的な3Dゲームを実行できるまでとなった。今回は全世界90万DLを超える人気タイトルを題材に、先進のモバイルゲーム開発の実情を紹介しよう。

    アニメCGの現場

    劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-

    TVアニメシリーズ『TIGER & BUNNY』。大人気となった本シリーズの最新作が『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 』だ。TVシリーズのその後を描いた完全新作の本作は劇場版ならではのスケールで描かれており、劇中で用いられる3DCGのボリュームも格段にアップし、より迫力のある描写を実現している。

    第1特集

    アニメ『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』

    • 『アルペジオ』に続くサンジゲンの歩み
    • 制作のながれ
    • キャラクターモデル
    • アニメーション
    • 質感の表現
    • 艦船これくしょん
    • 撮影ワークス

    第2特集

    OpenSubdivが切り拓く未来

    • What's OpenSubdiv?
      Pixarが培ってきたサブディビジョンサーフェス技術とOpenSubdiv
    • OpenSubdiv on Tools
      DCCツール対応例 Houdini 13
    • Column
      OpenSubdivのねらいは?
      ~ゲームグラフィックスにOpenSubdivは何をもたらすのか~

    特別企画&連載記事

    Cover Story


    • 『蒼き鋼、その後。』

    HOT STUFF


    • NANOGRAPHICA 3Dプロジェクションマッピング
    • LINE フィッシュアイランド
    • MakerBot Digitizer
    • After Effectsプラグイン 「PSOFT CelMX」

    短期連載


    • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』 第2回:キャラクター開発
    • 『シドニアの騎士』ができるまで 第2回:メカデザイン

    SERIAL


    • Game Graphics Studio
      『Eden to Green』
    • アニメCGの現場
      劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-
    • JET STUDIO Tool Factory
      『After Effectsスクリプト4種』
    • Softimage ICE Garden
      『Moment:ice』
    • Houdini Cook Book
      Tripus
    • 画龍点晴
      絢爛避役
    • アニメーションスタイル
      レイアウト
    • アニメ作画School
      走りと歩き~記号と応用~
    • 海外で働く日本人アーティスト
      村上勝和(ScanlineVFX/Senior Effects Technical Director)

    INFORMATION


    • in FOCUS
      #001 株式会社D.A.G 東京新オフィス
      #002 Syd Mead/シド・ミード氏インタビュー
    • PRODUCTION LOUNGE
    • クリ職(求人情報)
    • SPECIAL PRESENT
    • AD INDEX
    • 次号予告

    画像をクリックすると拡大表示いたします。

    CGWORLD 2014年3月号 vol.187

    1,512円(税込)/A4ワイド/152ページ/2014年2月10日

    販売終了


    本誌連動ページ

    • 定期購読のお申し込み 送料無料、特別価格時の差額なし、定期購読者限定特典あり、お得な定期購読のお申し込みはこちらから。
    • バックナンバー一覧 CGWORLDのバックナンバーを一覧でご覧いただけます
    • CGWORLD@WEB プレゼントが当たるアンケートや、本誌連動データのダウンロードが行えます。

    Design Log

    WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

    CGWORLD.JP

    WORKS_TW

    CGWJP_TW

    CGKENTEI