CGWORLD 2014年6月号 vol.190

第1特集

次世代ゲームグラフィックス解剖

第2特集

デジタル作画ワークフロー

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 152
発売日 2014年5月10日

イメージ:CGWORLD 2014年6月号 vol.190

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

次世代ゲームグラフィックス解剖


※画像クリックで拡大表示

2月のPS4に続きXbox Oneも9月に発売が決まり、ようやく日本にもゲームグラフィックスの新たな時代が訪れようとしている。本特集では、注目の次世代機タイトルのメイキングを筆頭に、応用が期待できる新技術やイベントレポートなどを通して、ハイエンドゲーム開発の現状と展望を紐解いていく。

  • MAKING 01
    D4:Dark Dreams Don't Die
    by アクセスゲームズ
  • MAKING 02
    真・三國無双7 with 猛将伝
    by コーエーテクモゲームス
  • REPORT
    GDC 2014レポート
  • MAKING 03
    GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
    by アークシステムワークス
  • MAKING 04
    こちら娘島高等学校ほーそお部
    by MUGENUP
  • REPORT
    Unite Japan 2014レポート
  • COLUMN
    “新”世代ゲームエンジンと“次”世代ゲームグラフィックスの最新動向

MAKING 01
D4:Dark Dreams Don't Die
by アクセスゲームズ

2014年9月4日(木)、ついに日本でも発売となるXbox One。その新世代プラットフォーム専用の要注目タイトルが、ここ日本で開発の大詰めを迎えていることをご存じだろうか?『レッド シーズ プロファイル』など日本製らしからぬセンスのゲームを生み出し、海外ファンも多いアクセスゲームズが手がける『D4:Dark Dreams Don't Die』。何と発売前からそのメイキング取材が実現。刮目せよ!

MAKING 02
真・三國無双7 with 猛将伝
by コーエーテクモゲームス

本作は、グラフィックスエンジンを核に可能な限りの“次世代仕様”が盛り込まれ、大きな品質向上を達成。その過程で採り入れられた、技術とアートワーク両面の工夫、そしてその効果をつぶさにみていこう。

  • REPORT
    Unite Japan 2014レポート
  • 大規模開発から個人での制作まで、幅広い層のユーザーを魅了するゲームエンジンUnity。先日、日本国内では2回目となる公式カンファレンス「Unite Japan 2014」が開催された。それでは、技術革新とコミュニティの連携でますますヒートアップするUnityの最新事情をお伝えしよう。

    第2特集

    デジタル作画ワークフロー

    急速にデジタル化が進むアニメ業界。しかし絵コンテやレイアウト、作画工程ではまだまだアナログが手法の中心となっている。業界標準ツールや海外発の注目ツールの導入事例を通して、デジタル作画の可能性を紐解いていこう。

    • CASE 01 スタジオコロリド×RETAS STUDIO
    • CASE 02 石田祐康氏<スタジオコロリド>×TVPaint Animation
    • CASE 03 ポリゴン・ピクチュアズ×Toon Boom Storyboard Pro & Toon Boom Harmony & SketchUp Pro

    CASE 01
    スタジオコロリド×RETAS STUDIO

    2011年に設立した新進気鋭のプロダクション、スタジオコロリド。積極的に新しいことに挑戦しているという活動のひとつに、デジタル作画がある。ここでは、業界標準ソフトRETAS STUDIOを用いたアニメーションの制作事例を紹介していく。

    CASE 03
    ポリゴン・ピクチュアズ×
    Toon Boom Storyboard Pro & Toon Boom Harmony & SketchUp Pro

    これまでは作画工程のデジタル化について紹介してきた。 最後は3DCGプロダクションにおけるアナログ工程のデジタル化について、国内外で広く活動するポリゴン・ピクチュアズの最新事例から考察する。

    特別企画&連載記事

    HOT STUFF


    • TVアニメ『カリーノ・コニ』
    • 伊勢神宮『いせの いすずの もりのみや』PV
    • Substance Painter レビュー

    TVアニメ『カリーノ・コニ』

    現在、放送中のTVアニメ『カリーノ・コニ』。ミニチュアの背景と3DCGで描かれたキャラクターを合成するという、個性豊かな短編アニメーションだ。可愛らしい世界観とキャラクターたちの豊かな感情表現が魅力の本作。今回はその制作の裏側を紹介しよう。

    伊勢神宮『いせの いすずの もりのみや』PV

    様々なPVが日々つくられているが、神社本庁の本宗である(伊勢)神宮のPVを、3DCGアニメーションベースで描くというのは非常に画期的なことだ。 日本ではまだ少ないBlenderベースの制作事例としても意義深い本プロジェクトに迫る。

    短期連載


    • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』 第5回:ルックデヴ&シーンセットアップ

    SERIAL


    • VFXアナトミー
    • アニメCGの現場
    • デジタル造形 グリフォン流!
    • JET STUDIO Tool Factory
    • Softimage ICE Garden
    • Houdini Cook Book
    • 画龍点晴
    • Motion Sack of Stunt Man
    • アニメーションスタイル
    • アニメ作画School
    • 海外で働く日本人アーティスト
    VFXアナトミー

    映画『MONSTERZ モンスターズ』

    本作は、ライブアクションが基本の映画であるため派手なエフェクトが目立つような作品ではないが、随所にセット・エクステンションやインビジブルエフェクトが施され、2人の特殊能力をもった男たちが存在する世界観が見事に演出されている。本作のVFXを担当したのは、VFXスーパーバイザーの立石 勝氏を代表とする金魚事務所だ。

    アニメCGの現場

    『遊☆戯☆王ZEXALⅡ』
    &『遊☆戯☆王ARC-V』

    多数あるカードバトルを題材としたアニメ作品の中でも、その元祖と言うべき『遊☆戯☆王』シリーズ。今回は、この大人気シリーズから先々月まで放送されていた『遊☆戯☆王ZEXALⅡ』と最新作『遊☆戯☆王ARC-V』の3DCGについて紹介していく。

    第1特集

    次世代ゲームグラフィックス解剖

    • MAKING 01
      D4:Dark Dreams Don't Die
      by アクセスゲームズ
    • MAKING 02
      真・三國無双7 with 猛将伝
      by コーエーテクモゲームス
    • REPORT
      GDC 2014レポート
    • MAKING 03
      GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
      by アークシステムワークス
    • MAKING 04
      こちら娘島高等学校ほーそお部
      by MUGENUP
    • REPORT
      Unite Japan 2014レポート
    • COLUMN
      “新”世代ゲームエンジンと“次”世代ゲームグラフィックスの最新動向

    第2特集

    デジタル作画ワークフロー

    • CASE 01 スタジオコロリド×RETAS STUDIO
    • CASE 02 石田祐康氏<スタジオコロリド>×TVPaint Animation
    • CASE 03 ポリゴン・ピクチュアズ×Toon Boom Storyboard Pro & Toon Boom Harmony & SketchUp Pro

    特別企画&連載記事

    HOT STUFF


    • TVアニメ『カリーノ・コニ』
    • 伊勢神宮『いせの いすずの もりのみや』PV
    • Substance Painter レビュー

    短期連載


    • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』 第5回:ルックデヴ&シーンセットアップ

    SERIAL


    • VFXアナトミー
      映画『MONSTERZ モンスターズ』
    • アニメCGの現場
      『遊☆戯☆王ZEXALⅡ』&『遊☆戯☆王ARC-V』
    • デジタル造形 グリフォン流!
      高坂桐乃~デジタル原型之巻
    • JET STUDIO Tool Factory
      『JET CH Scene Setting』
    • Softimage ICE Garden
      『Beyond』
    • Houdini Cook Book
      PENKI
    • 画龍点晴
      騎士兜
    • Motion Sack of Stunt Man
      第2回:立ち上がり&決めポーズ~ジャンプからダッシュまでの男女の動き~
    • アニメーションスタイル
      動きの差分
    • アニメ作画School
      アニメーターにとっての画力とは
    • 海外で働く日本人アーティスト
      真狩和加子(Rainmaker Entertainment/Senior Technical Director)

    INFORMATION


    • in FOCUS
      #001 「ユニティちゃん」アセットデータ提供開始
      #002 ウィーゴPV『WeGo CUBE』
    • PRODUCTION LOUNGE
    • クリ職(求人情報)
    • SPECIAL PRESENT
    • AD INDEX
    • 次号予告

    画像をクリックすると拡大表示いたします。

    CGWORLD 2014年6月号 vol.190

    1,512円(税込)/A4ワイド/152ページ/2014年5月10日

    販売終了


    本誌連動ページ

    Design Log

    WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

    CGWORLD.JP

    WORKS_TW

    CGWJP_TW

    CGKENTEI