CGWORLD 2014年12月号 vol.196

第1特集

映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

第2特集

『放課後ミッドナイターズ』

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 160
発売日 2014年11月10日

イメージ:CGWORLD 2014年12月号 vol.196

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』


※画像クリックで拡大表示

セルルックかつリミテッドアニメーションを基本とする日本の「アニメCG」において、キャラクター表現は作画への置き換えや2Dレタッチが今なお主流である。そうしたなか、水島精二監督が満を持して臨んだのが本作。GONZOデジタル部を系譜にもつグラフィニカとタッグを組み一貫して3Dをベースにつくられた本作の画づくりに迫る。

  • ASSETS CHARACTER
    キャラクターの感情を3DCGで描きぬくために
  • ASSETS PROPS&SETS
    ヒト型としての格好良さ追求アーハン(機動外骨格スーツ)
  • TOOL
    インハウスツールの開発
  • BEHIND THE SCENES 1
    プレイングマネージャーとしての意地と誇り
  • BEHIND THE SCENES 2
    長尺アクションを3Dで描く秘訣
  • BEHIND THE SCENES 3
    日常芝居こそ、アニメーションの技量が問われる
  • BEHIND THE SCENES 4
    作画を参考にしつつも3Dで表情をつくりきる
  • BEHIND THE SCENES 5
    ディーヴァのシーンとエフェクト表現をリード
  • BEHIND THE SCENES 6
    女性ならではの感性を武器に描き出すキャラクターの心情
  • COLOR SCHEME&COMPOSITE
    放送規格に囚われない映画ならではのルックを追求
  • TO THE NEXT STAGE
    グラフィニカが目指すアニメーションとは

ASSETS CHARACTER
キャラクターの感情を3DCGで描きぬくために

従来までのアニメCG表現のアプローチにおけるキャラクター開発は、作画キャラの見え方を可能な限り再現するというものであった。しかし、再現ではなく“拡張”をコンセプトとする本作では3DCGの利点を活かすための新たな試みも各所に込められた。

BEHIND THE SCENES 4
作画を参考にしつつも3Dで表情をつくりきる

アンジェラとディンゴのフェイシャルサンプルのベースをつくるなど、キャラクター表現をリードした八木田 肇リードアニメーター。今月号の表紙グラフィックも手がけてくれた八木田氏とそのチームによる3Dで描ききるためのこだわりを紹介しよう。

第2特集

『放課後ミッドナイターズ』

2007年の短編作品に始まり、2012年の劇場版では異例のアジア5ヶ国同時公開に加えて海外の映画祭でも高い評価を得た『放課後ミッドナイターズ』に今秋、新たな展開が続く。最新作が円筒形アミューズメントシアター「4D王」にて上映開始、さらに劇場版上映時に制作された短編集のDVDも、奇しくも同時期に発売となった。本特集では4D王版のメイキングを中心に、モンブラン・ピクチャーズの目指す作品づくりについて探っていく。

  • interview
    福岡でつくり、世界に発信する異色シリーズの新展開
  • pre production
    4D王の特性を活かすための綿密な制作体制
  • character making
    独特の空気感をつくり出すためのキャラクター制作
  • scene making
    シ-ンメイキング

interview
福岡でつくり、世界に発信する異色シリーズの新展開

劇場版から2年を経て、最新作の公開と短編集DVDの発売を同時期に迎えた『放課後ミッドナイターズ』。本シリーズの生みの親であり、モンブラン・ピクチャーズ株式会社代表取締役を務める竹清 仁氏に、それぞれの展開に対する思いを伺った。

pre production
4D王の特性を活かすための綿密な制作体制

ここからは、4D王版のメイキングを紹介していく。360度全周S3Dスクリーンという未知のメディアに対して、本プロジェクトはどのように進められていったのだろうか。

特別企画&連載記事

Cover Story


  • 『見上げる空』

短期連載


  • 実録コンテンツプロデュース by ベアーズスタジオ 第4回
  • ModelingCafe ハードサーフェスモデリング講座 第5回

HOT STUFF


  • TVアニメ『がんばれ!ルルロロ』
  • S3D(立体視)版『 くるみ割り人形』
  • TVアニメ『信長協奏曲』

TVアニメ『がんばれ!ルルロロ』

子どもに大人気の絵本のキャラクターがTVの中でかわいらしく動く1話5分のTVアニメ『がんばれ!ルルロロ(以下、ルルロロ)』。第2シリーズは、ウサギ王のうもとゆーじ氏が監督を務め、複数チームによる共同制作が採られた。共有、効率化、表現手法など「ルルロロチーム」の工夫をみていこう。

TVアニメ『信長協奏曲』

フジテレビ開局55周年記念プロジェクトの一環として今年7~9月にかけてフジテレビで放映されたTVアニメ『信長協奏曲』。アニメーションの制作を外部のプロダクションではなく、フジテレビが手がけたことで大きな話題となった。採用されたのは実際に役者が演じた実写映像をトレースするロトスコープ技法。その詳細を詳しく紹介しよう。

SERIAL


  • Game Graphics Studio
  • VFXアナトミー
  • アニメCGの現場
  • JET STUDIO Effect Lab.
  • Softimage ICE Garden
  • Houdini Cook Book
  • 画龍点晴
  • Digital Video for VFX
  • Motion Sack of Stunt Man
  • アニメーションスタイル
  • アニメ作画School
  • 海外で働く日本人アーティスト
Game Graphics Studio

『ベヨネッタ2』

プラットフォームをWii Uに変えて登場した本作は、開発陣のこだわりによって大きな進化を遂げた。高精細で高密度なグラフィックス、巧みに構成されたステージ、そして60fps動作による軽快なアクション。プラットフォーム性能を最大限引き出し、最適な表現バランスを突き詰めたという開発の舞台裏に迫る。

VFXアナトミー

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』

本作もこの数年の大河ドラマ同様、VFXが多用されているが、これまでの作品とは少し制作の趣が異なっているという。予算がない中、これまでの作品のVFXショットに見劣りしないショットを制作するために考えられたのは「注力するショットを厳選する」ことと、「NHKが所有する過去作品の映像ライブラリを効率良く利用する」ことだったという。

アニメCGの現場

『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』

実写の特撮TVドラマとして長く愛され続けている『牙狼〈GARO〉』シリーズが、TVアニメ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』(雨宮慶太原作)となって絶賛放送中だ。本作で3DCGアニメーションパートを担当するのは数々の人気アニメ作品を手がけるYAMATOWORKS。彼らの熱いアニメータースピリットは本作でももちろん健在だ。

第1特集

映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

  • ASSETS CHARACTER
    キャラクターの感情を3DCGで描きぬくために
  • ASSETS PROPS&SETS
    ヒト型としての格好良さ追求アーハン(機動外骨格スーツ)
  • TOOL
    インハウスツールの開発
  • BEHIND THE SCENES 1
    プレイングマネージャーとしての意地と誇り
  • BEHIND THE SCENES 2
    長尺アクションを3Dで描く秘訣
  • BEHIND THE SCENES 3
    日常芝居こそ、アニメーションの技量が問われる
  • BEHIND THE SCENES 4
    作画を参考にしつつも3Dで表情をつくりきる
  • BEHIND THE SCENES 5
    ディーヴァのシーンとエフェクト表現をリード
  • BEHIND THE SCENES 6
    女性ならではの感性を武器に描き出すキャラクターの心情
  • COLOR SCHEME&COMPOSITE
    放送規格に囚われない映画ならではのルックを追求
  • TO THE NEXT STAGE
    グラフィニカが目指すアニメーションとは

第2特集

『放課後ミッドナイターズ』

  • interview
    福岡でつくり、世界に発信する異色シリーズの新展開
  • pre production
    4D王の特性を活かすための綿密な制作体制
  • character making
    独特の空気感をつくり出すためのキャラクター制作
  • scene making
    シ-ンメイキング

特別企画&連載記事

Cover Story


  • 『見上げる空』

短期連載


  • 実録コンテンツプロデュース by ベアーズスタジオ 第4回:外部パートナーとの連携とクロスプラットフォームを前提としたゲームコンテンツ本編の制作
  • ModelingCafe ハードサーフェスモデリング講座 第5回:モデリング

HOT STUFF


  • TVアニメ『がんばれ!ルルロロ』
  • S3D(立体視)版『 くるみ割り人形』
  • TVアニメ『信長協奏曲』

SERIAL


  • Game Graphics Studio
    『ベヨネッタ2』
  • VFXアナトミー
    NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』
  • アニメCGの現場
    『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』
  • JET STUDIO Effect Lab.
    戦車砲
  • Softimage ICE Garden
    『Taraxacum』
  • Houdini Cook Book
    Dispersal
  • 画龍点晴
    透鬼灯
  • Digital Video for VFX
    ゴニオフォトメーター
  • Motion Sack of Stunt Man
    人間のリアクション~第1回:対衝撃~
  • アニメーションスタイル
    実践アニメーション~京都学園大学TVCM~
  • アニメ作画School
    キャラクターとの距離感を演出するレイアウト
  • 海外で働く日本人アーティスト
    北田栄二(Double Negative Visual Effects Singapore/Senior Modeler・Senior Texture Artist)

INFORMATION


  • in FOCUS
    #001 パチンコ『CR ヱヴァンゲリヲン9』10周年記念モデル発表会
    #002 KANABAN GRAPHICS DESIGNERS EXHIBIT 2014 響宴
  • PRODUCTION LOUNGE
  • クリ職(求人情報)
  • SPECIAL PRESENT
  • AD INDEX
  • 次号予告

画像をクリックすると拡大表示いたします。

CGWORLD 2014年12月号 vol.196

1,512円(税込)/A4ワイド/160ページ/2014年11月10日

販売終了


本誌連動ページ

  • 定期購読のお申し込み 送料無料、特別価格時の差額なし、定期購読者限定特典あり、お得な定期購読のお申し込みはこちらから。
  • バックナンバー一覧 CGWORLDのバックナンバーを一覧でご覧いただけます
  • CGWORLD@WEB プレゼントが当たるアンケートや、本誌連動データのダウンロードが行えます。

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI