CGWORLD 2015年2月号 vol.198

第1特集

コンセプトアートの描き方

第2特集

映画『アップルシード アルファ』

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品はボーンデジタルが直接販売、発送いたします。

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 152
発売日 2015年1月10日

イメージ:CGWORLD 2015年2月号 vol.198

数量

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

コンセプトアートの描き方


※画像クリックで拡大表示

映画やゲームなどのコンテンツ制作おいて、企画コンセプトのビジュアル化や制作スタッフに目指す世界観を明示するために描かれるコンセプトアート。まだビジュアルがはっきりしない作品のイメージをアーティストたちはいかにして掘り下げ、描いているのだろうか?そもそも、プロジェクトにおけるコンセプトアートの効果的な使い方とは?第一線で活躍するアーティストたちの取り組みを、作例を交えながら解説しよう。

  • Basic Concept Art
    コンセプトアートのスペシャリストINEIの取り組み
  • How to Make
    ファンタジーゲームのコンセプトアートを描く
    by ModelingCafe
  • Case Study 01
    手作りクラフトからイマジネーションを広げる独特の手法
    by VFX studio LOOPHOLE
  • Case Study 02
    コンセプトアートから生まれるゲームの世界観
    by CyDesignation
  • Interview
    現場のアーティストに聞く!

Basic Concept Art
コンセプトアートのスペシャリストINEIの取り組み

今年1月にINEIのWebサイト内で新しく展開された「showcase」というサービスについて紹介しよう。INEIがこれまでに制作してきたコンセプトアートをジャンルごとにまとめて公開している本コーナー。公開のねらいを富安氏をはじめINEIメンバーに聞いた。

Case Study 02
コンセプトアートから生まれるゲームの世界観
by CyDesignation

ここではゲームのために描かれたコンセプトアートについて解説しよう。紹介するのはソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』。豪華制作陣と美麗なグラフィックで話題を呼び、昨年の発売以来大きな人気を博している。コンセプトアートに加え、キャラクターデザインも担当した皆葉英夫氏に話を聞いた。

第2特集

映画『アップルシード アルファ』

国内外で多くの熱狂的ファンをもつ士郎正宗原作の傑作SF『アップルシード』。「3Dライブアニメ」として制作された過去2作でも監督を務めた荒牧伸志氏率いるSOLA DIGITAL ARTSが、彼らが追求するフォトリアル路線へとルックを一新させ、まさにリブートするのが本作だ。あのジェームズ・キャメロンも高く評価する『アップルシード アルファ』の画づくりに迫る。

  • STAGE01
    Pre-Production
    アップルシードの世界観をSOLA流でリブートさせる
  • STAGE02
    Character
    汚れやいびつさに込められた“生身の美しさ”を表現する
  • STAGE03
    Mechanical&Props
    アップルシード特有のデザインに現代兵器の要素を加える
  • STAGE04
    Background
    前作を超えるボリュームをさらに高品質に仕上げる
  • STAGE05
    Effects&Composite
    リアリティとエンタメ性を高次元で融合させる
  • ROUND-TABLE TALK
    日本ならではの画づくりを実践していく

STAGE01
Pre-Production
アップルシードの世界観をSOLA流でリブートさせる

映画『APPLESEED』(2004)と続編『EX MACHINA』(2007)は、「3Dライブアニメ」と銘打たれたモーションキャプチャとセルルックを組み合わせた表現でつくられていた。それに対し、本作が目指したのはフォトリアルな3DCGを超越したリアリティを描き出すことであった。

STAGE02
Character
汚れやいびつさに込められた“生身の美しさ”を表現する

ひと目でおわかりのとおり、形状から質感まで一貫してフォトリアル路線で仕上げられた本作のキャラクターたち。ただし、リアルと言っても上辺のディテールだけではなく人間の生態そのものを込めることが目指されたのだ。

特別企画&連載記事

Cover Story


  • 『DREAMING of OLYMPUS』

短期連載


  • 実録コンテンツプロデュース by ベアーズスタジオ 最終回

HOT STUFF


  • 映画『劇場版アイカツ!』
  • Macy'sクリスマス街頭映像『Santa's Journey to the Stars』
  • thinkingParticles 6 レビュー
  • Unityソリューションカンファレンス 2014

映画『劇場版アイカツ!』

昨年10月より第3期に突入し大好評放送中のTVアニメ『アイカツ!』が、シリーズ初の劇場版作品を公開中だ。これまでTVアニメ版で進化を続けてきたフルCGのダンスパートも、劇場版ならではのスケールでパワーアップしている。TVアニメ版に引き続きCGパートを担当したサムライピクチャーズに話を聞いた。

Unityソリューションカンファレンス 2014

ゲームだけでなく、建築、医療、広告など様々な分野で活用されるようになってきたUnity。そうした多種多様な分野での知見を共有することを目的として開催されたのがここで紹介する「Unityソリューションカンファレンス」だ。本イベントからは、ゲームエンジンの域を超えたUnityの確かな広がりが感じられた。

SERIAL


  • VFXアナトミー
  • アニメCGの現場
  • JET STUDIO Effect Lab.
  • Softimage ICE Garden
  • Houdini Cook Book
  • 画龍点晴
  • Digital Video for VFX
  • Motion Sack of Stunt Man
  • アニメーションスタイル
  • アニメ作画School
  • 海外で働く日本人アーティスト
VFXアナトミー

映画『海月姫』

本作のVFXショットはVFXスーパーバイザーの道木伸隆氏を筆頭とし、リードプロダクションのクロフネプロダクトのほか、多くのVFXプロダクションが参加している。制作したVFXショットは、クラゲのCGアメーションや海の中のイメージ、解説などのインサートショット、オタク女子が固まって石になるショットなど多岐にわたる。

アニメCGの現場

『テンカイナイト』

本作は作画を中心としたドラマパートと、3DCGによる惑星キューブを舞台にしたテンカイナイトの戦いを描いたバトルパートによって構成されている。作画パートはボンズが統括し、3DCGパートは小学館ミュージック&デジタル エンタテイメントが統括しながら複数社で制作が進められた。

Softimage ICE Garden

『未来』

今回は2015年の干支である未をモチーフに、ICEの機能を用いた作品を制作していきます。本作での工程は大きく分けて2つあり、1つは対数螺旋の式を用いた羊の角の作成、もう1つはストランドを用いた毛の作成です。

第1特集

コンセプトアートの描き方

  • Basic Concept Art
    コンセプトアートのスペシャリストINEIの取り組み
  • How to Make
    ファンタジーゲームのコンセプトアートを描く
    by ModelingCafe
  • Case Study 01
    手作りクラフトからイマジネーションを広げる独特の手法
    by VFX studio LOOPHOLE
  • Case Study 02
    コンセプトアートから生まれるゲームの世界観
    by CyDesignation
  • Interview
    現場のアーティストに聞く!

第2特集

映画『アップルシード アルファ』

  • STAGE01
    Pre-Production
    アップルシードの世界観をSOLA流でリブートさせる
  • STAGE02
    Character
    汚れやいびつさに込められた“生身の美しさ”を表現する
  • STAGE03
    Mechanical&Props
    アップルシード特有のデザインに現代兵器の要素を加える
  • STAGE04
    Background
    前作を超えるボリュームをさらに高品質に仕上げる
  • STAGE05
    Effects&Composite
    リアリティとエンタメ性を高次元で融合させる
  • ROUND-TABLE TALK
    日本ならではの画づくりを実践していく

特別企画&連載記事

Cover Story


  • 『DREAMING of OLYMPUS』

短期連載


  • 実録コンテンツプロデュース by ベアーズスタジオ 最終回:ユーザーとのコミュニケーションで広がりをみせる新たなコンテンツの在り方

HOT STUFF


  • 映画『劇場版アイカツ!』
  • Macy'sクリスマス街頭映像『Santa's Journey to the Stars』
  • thinkingParticles 6 レビュー
  • Unityソリューションカンファレンス 2014

SERIAL


  • VFXアナトミー
    映画『海月姫』
  • アニメCGの現場
    『テンカイナイト』
  • JET STUDIO Effect Lab.
    アーク溶接
  • Softimage ICE Garden
    『未来』
  • Houdini Cook Book
    Ice Plant
  • 画龍点晴
    ファントム・シープ
  • Digital Video for VFX
    Inter BEE 2014 レポート
  • Motion Sack of Stunt Man
    新年につき、二代目三四郎商店メンバー座談会!!
  • アニメーションスタイル
    フェイシャルアニメーション
  • アニメ作画School
    レイアウトにおける上手と下手
  • 海外で働く日本人アーティスト
    山中有紀子(Method Studios/Systems Administrator)

INFORMATION


  • in FOCUS
    #001 湘南Lounge -Fab Space-
    #002 映画『ベイマックス』
  • PRODUCTION LOUNGE
  • クリ職(求人情報)
  • SPECIAL PRESENT
  • AD INDEX
  • 次号予告

画像をクリックすると拡大表示いたします。

読者の皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫び申し上げるとともに、この場で訂正させていただきます。

p64 第2特集 映画『アップルシード アルファ』
STAGE 03 Mechanical & Props 本文中
<誤>

鈴木(卓也)

<正>

鈴木(卓矢)

p108 JET STUDIO Effect Lab.
※1ページ目、トップ画像にミスがありました。正しい画像を下記よりダウンロード&ご確認ください

[JET STUDIO Effect Lab.]トップ画像

CGWORLD 2015年2月号 vol.198

1,512円(税込)/A4ワイド/152ページ/2015年1月10日

カートに入れる

本誌連動ページ

  • 定期購読のお申し込み 送料無料、特別価格時の差額なし、定期購読者限定特典あり、お得な定期購読のお申し込みはこちらから。
  • バックナンバー一覧 CGWORLDのバックナンバーを一覧でご覧いただけます
  • CGWORLD@WEB プレゼントが当たるアンケートや、本誌連動データのダウンロードが行えます。

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI