CGWORLD 2016年11月号 vol.219

第1特集

映画『GANTZ:O』

第2特集

エフェクト進化論

定価 1,512円(税込)
判型 A4ワイド
総ページ数 144
発売日 2016年10月8日

イメージ:CGWORLD 2016年11月号 vol.219

数量

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

第1特集

映画『GANTZ:O』


※画像クリックで拡大表示

奥 浩哉氏による漫画『GANTZ』。スタイリッシュな世界観と先の読めない緊迫したスト—リー展開で連載終了後も圧倒的な人気を誇っている。本作は中でも特に人気の高い“大阪編”をフルCGアニメーション化した作品だ。今回は制作にあたったデジタル・フロンティアを取材。監督の川村 泰氏、そしてデジタルアーティストたちに詳しい話を聞いたので、注目の要素を余すところなく解説する。

  • INTRODUCTION
    自社ツール開発と充実したアートワークが支える作品づくり
  • CHARACTER
    リアルで魅力的なキャラクターを生み出す
  • SETUP
    キャラクターからプロップまで多彩なセットアップ
  • BACKGROUND
    広大な大阪の街を描き出す
  • ANIMATION
    パフォーマンスキャプチャによるアニメーションと感情表現
  • EFFECTS
    原作を再現しつつもさらにこだわったエフェクト表現
  • LIGHTING COMPOSITE
    世界観を作り上げるライティングとコンポジット
  • ROUND TABLE TALK
    川村 泰監督&スタッフ座談会
  • BEHIND THE COVER ILLUSTRATION
    『GANTZ:O』×『おそ松さん』コラボ表紙

CHARACTER
リアルで魅力的なキャラクターを生み出す

本作には主人公の加藤たち人間キャラクターのほか、多数の個性的な妖怪たちが登場する。また、Xガンなど『GANTZ』オリジナルの武器も見どころだ。ここではこうしたキャラクターや武器などの制作を見ていこう。

EFFECTS
原作を再現しつつもさらにこだわったエフェクト表現

バトルシーンを筆頭に本作では多数のエフェクトが登場する。どれも非常に豪華に仕上げられており、世界観の構築に大きな役割を果たしている。昨今のトレンドであるHoudiniも多用された。ここでは特に目を引くエフェクトをピックアップして紹介する。

第2特集

エフェクト進化論

Houdiniでつくる小規模水エフェクトやセル調3Dエフェクトなど、すぐに活用できる実践的テクニックを有名アーティストが伝授!また、エフェクトアーティストの座談会から、エフェクト制作に重要な考え方や映像ジャンル別のエフェクト制作フローにも迫ります。

  • Effect_Tips01 Houdini
    Houdiniでつくる小規模水エフェクト
  • Effect_Tips02 3ds Max
    3ds Max+After Effectsでつくるセル調エフェクト
  • Effect Artists Round Table
    エフェクトアーティスト座談会

Effect_Tips01 Houdini
Houdiniでつくる小規模水エフェクト

水のエフェクトといえば、海面や波などの大規模な流体シミュレーションに話題が集まりがちであるが、水滴などの小さなスケールの表現も見逃せない。本稿では、そうした小規模な水のエフェクト表現をHoudiniで実現する手法について、CM映像を数多く手がけている株式会社 回の小松 泰氏に解説してもらった。

Effect_Tips02 3ds Max
3ds Max+After Effectsでつくるセル調エフェクト

セル調のフルCG作品が増えてきた昨今、エフェクト制作においてもセル調エフェクトの制作テクニックに注目が集まっている。本稿では、「3DCGセル調エヘクト読本」の作者ハラタオルこと名倉晋作氏に、煙、炎、水といった基本的なエフェクトをセル調でつくる場合に陥りやすいポイントとその解決法を解説してもらった。

特別企画&連載記事

短期連載


  • Deep Inside『ムーム』 #04

HOT STUFF


  • TVアニメ『ツキウタ。THE ANIMATION』
  • デジタル造形でミニ四駆をつくる!

TVアニメ『ツキウタ。THE ANIMATION』

ゲームやライブ公演では市場が確立されている、女性をターゲットとする“男性アイドル”。しかし、アニメ作品では目新しく、未知なる可能性を秘めている。セル調のキャラクターに対して、フェイシャルキャプチャをはじめとする3DCG本来の優位性を積極的に採り入れることで新たな表現を追求した本作にせまる。

SERIAL


  • Game Graphics Studio
  • アニメCGの現場
  • VFXアナトミー
  • デジタル造形ノート
  • Observant Eye
  • ModelingCafeコンセプトモデリング講座
  • JET STUDIO Effect Lab.
  • Houdini Cook Book
  • 画龍点晴
  • Motion Sack of Stunt Man
  • アニメーションスタイル
  • Open Up!
Game Graphics Studio

『ゲートオブリベリオン』

スマートフォンゲームの最先端を目指してアソビモが現在開発中のMMORPG『ゲートオブリベリオン』。Unreal Engine 4の機能を最大限活用し、コンソール機にも引けを取らないグラフィック表現を可能にした。

アニメCGの現場

『DAYS』

『DAYS』は、「週刊少年マガジン」で連載中の同名サッカー漫画をアニメ化した作品だ。このCGパートを担当したのが、ダイナモピクチャーズだ。同社は社内にモーションキャプチャスタジオを常設する、いわばモーションキャプチャにおけるパイオニアである。本作で担当したCGパートでも、手付けだけでなくモーションキャプチャによるアニメーションも用いられた。

VFXアナトミー

映画『彼岸島デラックス』

本作の一連のVFXは谷口充大VFXスーパーバイザー自身のスタジオであるテトラがリード。テトラ自体は30名規模のため、約500ショット(一部はTVドラマ専用)ものVFXを実現させるにあたっては、映画『進撃の巨人』のVFXを手がけた白組のチームをはじめとした国内外から10数のVFXスタジオの協力を得つつ、ポストプロダクションにも約1年を費やすというビッグプロジェクトとなった。

デジタル造形ノート

アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』 1/7 瑞鶴改二

青島文化教材社から今年7月に発売された『艦隊これくしょん-艦これ-』1/7スケールの「翔鶴改二」。そして新たに先月発売となった姉妹艦の「瑞鶴改二」。共に弓矢を持ち、美しくなびく髪に凛とした表情の立ち姿からは装甲空母としての威風が感じられる。もちろん『艦これ』の特徴でもある艤装パーツも細部にまでこだわりぬき、足バルジ部分なども可動する仕様となっているのだ。

第1特集

映画『GANTZ:O』

  • INTRODUCTION
    自社ツール開発と充実したアートワークが支える作品づくり
  • CHARACTER
    リアルで魅力的なキャラクターを生み出す
  • SETUP
    キャラクターからプロップまで多彩なセットアップ
  • BACKGROUND
    広大な大阪の街を描き出す
  • ANIMATION
    パフォーマンスキャプチャによるアニメーションと感情表現
  • EFFECTS
    原作を再現しつつもさらにこだわったエフェクト表現
  • LIGHTING COMPOSITE
    世界観を作り上げるライティングとコンポジット
  • ROUND TABLE TALK
    川村 泰監督&スタッフ座談会
  • BEHIND THE COVER ILLUSTRATION
    『GANTZ:O』×『おそ松さん』コラボ表紙

第2特集

エフェクト進化論

  • Effect_Tips01 Houdini
    Houdiniでつくる小規模水エフェクト
  • Effect_Tips02 3ds Max
    3ds Max+After Effectsでつくるセル調エフェクト
  • Effect Artists Round Table
    エフェクトアーティスト座談会

特別企画&連載記事

短期連載


  • Deep Inside『ムーム』
    #04:ライティング・コンポジット

HOT STUFF


  • TVアニメ『ツキウタ。THE ANIMATION』
  • デジタル造形でミニ四駆をつくる!

SERIAL


  • Game Graphics Studio
    『ゲートオブリベリオン』
  • アニメCGの現場
    『DAYS』
  • VFXアナトミー
    映画『彼岸島デラックス』
  • デジタル造形ノート
    アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』 1/7 瑞鶴改二
  • Observant Eye
    MothCat
  • ModelingCafeコンセプトモデリング講座
    ヒーローVS怪人
  • JET STUDIO Effect Lab.
    炭酸水の噴出
  • Houdini Cook Book
    Inflation
  • 画龍点晴
    Forest Ruins
  • Motion Sack of Stunt Man
    フェイシャルキャプチャ表情集~第2回:喜びの表情~
  • アニメーションスタイル
    ドラゴンの動き
  • Open Up!
    360度カメラ

INFORMATION


  • Information Square
  • PRODUCTION LOUNGE
  • SPECIAL PRSENT
  • AD INDEX
  • 次号予告

画像をクリックすると拡大表示いたします。

CGWORLD 2016年11月号 vol.219

1,512円(税込)/A4ワイド/144ページ/2016年10月8日

販売終了


本誌連動ページ

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI