もう、誰も教えてくれない 撮影・VFX/CG

アナログ基礎講座Ⅰ

「アナログ基礎講座I」はアナログ技術やその考え方を、より分かりやすく、より楽しく興味が持続するように注意を払って執筆したものです。

定価 3,132円(税込)
判型 25.8×18.3×1.1cm(B5サイズ)
総ページ数 208
発売日 2012年1月15日
ISBN 978-4-9905117-1-5
著者 古賀信明
発行 株式会社スペシャルエフエックス スタジオ

イメージ:アナログ基礎講座Ⅰ

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

本書の特徴

もう、誰も教えてくれない撮影・VFX/CG



「アナログ基礎講座I」は著者が30年間に渡る撮影現場経験、特殊メイク、マットペイント、モーションコントロール合成装置開発、アナログからデジタルへの過渡期、そしてCGIへと移行する技術革新、変遷の流れの中で、多くの置き去りにされようとしているアナログ技術やその考え方を、より分かりやすく、より楽しく興味が持続するように注意を払って執筆したものです。
一般のCGやVFXを教える学校等では中々教わる機会が極端に少ないにも拘らず、アナログ技術は今でも有用なものが少なくありません。

本書で一番大事にしている考え方は「何故そうなのか?」というものの道理を理解する事です。
これがひとつ判ると「プラスの連鎖」が始まり、知識が知識を呼び、どんどん面白くなって行きます。
逆に、判らない事しか無いと「負の連鎖」が始まりどんどん面白くなくなって行き、やる気が失せてしまうでしょう。

CGに関連したツールはかなり高度になり、フォトリアリスティックな表現も可能になってきました。しかし、その結果も同じツールを使うが故の「個性の無さ」も確かに存在します。
その差別化を図る上でも、「アナログ技術の応用」は大きな力を秘めています。
競争相手を引き離したい、より個性を伸ばしたい、他人と全く違うアプローチがしたい、もっと深い理解をしたい、知識欲を満たしたい、何か新しい表現をしたい・・・といった人にも強くお勧めします。

推薦文

ILM シニアデジタルマットアーティスト
上杉裕世 氏

滑り込みセーフでデジタル化以前の特撮現場でアナログマインドをたたきこまれた後に、筆者と同様に90年代のデジタル化を最前線で試行錯誤できた僕は極めてラッキーだった。結果を推測しながら物事を進めていくことの積み重ねで成り立っていた当時をくぐりぬけてきたことで、合理的な筋道の立て方やアプリケーションの本来の使用意図にとらわれない発想力を養われたことは、デジタル真っ只中で作業する現在でも大きなアドバンテージになっている。

本書は何の意識や疑問を持つこともなく見過ごしてしまいがちなデジタル上のひとつひとつのプロセスが実は深い意図と意味をもって繋がりあっていることを理解する為のバイブルとなるだろう。

目次

■アナログとデジタル
■光の本質
■視覚の知識
■レンズ
■フォーカス(ピント)
■収差
■露出のメカニズム
■露出の決定
■撮影
■キャメラワーク
■ライティング
■照明機材
■セルアニメーションとレジストレーション
■オプチカルプリンター
■HDキャメラ

もう、誰も教えてくれない 撮影・VFX/CG

アナログ基礎講座Ⅰ

3,132円(税込)/25.8×18.3×1.1cm(B5サイズ)/208ページ/2012年1月15日

販売終了


関連商品

イメージ:アナログ基礎講座Ⅱ

アナログ基礎講座Ⅱ

もう、誰も教えてくれない 撮影・VFX/CG

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI