CGアニメを作るための基礎知識

MotionBuilderではじめる2.5Dアニメーション

MotionBuilderでアニメーションを作ってみようという方のための初めての書籍です。CGアニメーションを学ぼうという学生、2Dでアニメーションを作っているが3Dの導入で戸惑っているプロの方々に、3DCGアニメーション導入の手引きとしてお読みいただきたい内容です。

定価 4,860円(税込)
判型 B5/オールカラー
総ページ数 312
発売日 2011年5月18日
ISBN 978-4-86246-143-8
著者 高野 怜大
発行 株式会社ボーンデジタル
付録 DVD-ROM

イメージ:MotionBuilderではじめる2.5Dアニメーション

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

販売終了

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

本書の特徴

MotionBuilderでアニメーションを学ぼう!

本書は、CGアニメーションを学ぼうという学生、2Dでアニメーションを作っているが3Dの導入で戸惑っているプロの方々に、3DCGアニメーション導入の手引きとしてお読みいただきたい内容です。

基本的な用語や従来からのアニメーション手法の解説にはじまり、MotionBuilderの操作基本から解説しているため、読み始めるにあたっての前提知識は一切必要ありません。MotionBuilderを使った演習は、簡単なアニメーション作成からアニメーションの調整へと進み、最後はグループでのプレビズ作成まで、一般的なワークフローをすべて体験できる構造になっています。

オリジナルモデルのレッスンデータが付属しています。完成ファイル、中間ファイル、操作解説ムービーが用意されているため、細かい調整が必要なアニメーション作業もデータを見て理解を深め、無理なく読みすすめていただけます。

【各章の内容】
Chapter 01では、2D・3Dの区別なく、アニメーションとは何かという基本的な概念を考察し、アニメーションで用いられている古典的な手法を取り上げます。

Chapter 02では、キャラクターアニメーションを3DCGで作成するために必要な基礎知識として、キャラクターの構造やFK、IK、リギングなどの概念を学びます。

Chapter 03以降は、MotionBuilderを使用した演習のセクションです。インターフェースの紹介からモデルの読み込み、簡単なアニメーション、リグのカスタマイズ、歩行アニメーションへと進み、Chapter 05ではアニメーションらしい表現を模索します。

Chapter 06では、チーム単位でのアニメート作業の効率化を実現し、スムーズな意思疎通を図れるようにするためのツールとしてMotionBuilderを利用したいという方のために、シンプルなプリビズの制作を疑似体験していただきます。

【対応バージョン】
MotionBuilder 2010以降(MotionBuilder 2012のアップデートにも対応しています)

【著者について】
株式会社白組 勤務後、現在フリーランスとして主に知育教育の映像制作、iPhoneアプリブランディング等を手掛ける。 講師としては、白組ヒューマンスタジオなど、いくつかの学校で教壇に立っている。

【対象読者】
・MotionBuilderを使って、キャラクターアニメーションやプリビズを作ってみようという学生、プロの方
・キャラクターアニメーションの概念を学び、より自然なアニメーションを作りたい人

目次

  • Chapter 01:アニメーションの基礎
  • Chapter 02:3DCGでキャラクターアニメーションを作成する前に
  • Chapter 03:MotionBuilder の基本
  • Chapter 04:歩行アニメーション(リグのカスタマイズ)
  • Chapter 05:アニメーションの表現とタイミング
  • Chapter 06:プリビズを作ろう!
  • Appendix

画像をクリックすると拡大表示いたします。

CGアニメを作るための基礎知識

MotionBuilderではじめる2.5Dアニメーション

4,860円(税込)/B5/オールカラー/312ページ/2011年5月18日

販売終了