色彩論とデザイン原理を探り、表現するための50の実験

色彩の学校

現代アート・デザインにおける色彩論と色彩構造の基本教育の基礎を築いたヨハネス・イッテン(Johannes Itten)、ジョセフ・アルバース(Josef Albers)。バウハウスにて教鞭をとったこの2人の色彩理論と考察、教授法に基づいた実験。楽しみながら表現の幅を広げる視点が身につきます。

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ボーンデジタルが直接販売、発送いたします。

定価 3,240円(税込)
総ページ数 192
発売日 2014年1月下旬
ISBN 978-4-86246-207-7
著者 リチャード・メール
翻訳 株式会社 Bスプラウト
発行 株式会社 ボーンデジタル

イメージ:色彩の学校

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

色彩に対する感覚を磨き、色の幅を無限に広げる50のレッスン

ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツの基礎コース「視覚言語の原理」のカリキュラムが本になりました。「遊び=学び」の理念のもと、歴史的な色彩論から、バウハウスにおける色彩教育、そして現代アートまでを取り上げています。50のレッスンで色彩理論と色彩設計を身につけましょう。

現代アート・デザインにおける色彩論と色彩構造の基本教育の基礎を築いたヨハネス・イッテン(Johannes Itten)、ジョセフ・アルバース(Josef Albers)。バウハウスにて教鞭をとったこの2人の色彩理論と考察、教授法に基づいた実験。

同じくバウハウスで教鞭をとったワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)やアンリ・マティスの抽象作品、後半ではライトペインティング作品を例にとり、色に宿る力と色彩構成の秘密を紐解いていきます。楽しみながら表現の幅を広げる視点が身につきます。

理論だけでは身につかない、色彩の感覚を磨くことで、創造の幅が広がるはずです。

掲載されているレッスンは、著者のリチャード・メール(Richard Mehl)がニューヨークにあるSchool of Visual Arts(スクール・オブ・ビジュアル・アーツ)の基礎コース「視覚言語の原理(principles of visual language)」のカリキュラムで実際に教えている、色彩論と色彩構造を身につけるための課題です。

※本書は「Playing With Color: 50 Graphic Experiments for Exploring Color Design Principles」(Rockport Pub刊)の日本語版です。

画像をクリックすると拡大表示いたします。

色彩論とデザイン原理を探り、表現するための50の実験

色彩の学校

3,240円(税込)/192ページ/2014年1月下旬

カートに入れる

関連商品

イメージ:コラージュの教室

コラージュの教室

創造性を高める52のアートチャレンジ

イメージ:ドローイングの教室

ドローイングの教室

描く楽しさを発見する52のアートチャレンジ

イメージ:Silent Force -日・英バイリンガル-

Silent Force -日・英バイリンガル-

サイレントフォース【ソフトカバー版】

イメージ:特殊効果アニメーションの世界 -エレメンタルマジック

特殊効果アニメーションの世界 -エレメンタルマジック

アニメータ、VFXアーティスト必読のリファレンス

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI